オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 最近の私のお気に入り
・F1 ・アメトーーク ・キン肉マン ・家電量販店
・ゲームセンターCX ・総合格闘技 ・バーチャルコンソール ・80年代アイドル
・コズミックフロント ・星空観賞    
 
2016年3月5日(土)
 ミニラくん(男の子・6歳)が、将棋に興味を持ち始めました。

 きっかけはクリスマスでサンタからもらった『ドラえもん はじめての将棋&九路囲碁 ゲーム20』でした。妖怪ウォッチの『とりつきカードバトル』にはまっていたくらいなので、対戦ゲームが好きなんでしょうね。将棋のコマがドラえもんキャラだということと、コマに可動方向が矢印でふってあることに魅力を感じたようです。手にして以来、何度も対戦依頼を受けました(苦笑)。

 実は私は将棋があまり得意ではなくて、コマの動かし方は知っているものの、戦略とかは知らないし、数手先を読むという行為がめんどくさいし、負けるとイラつくので子ども時代からあまり手を出してこなかったんですよ。そんなド素人状態なので、結果初心者同士でいい勝負ができたりします(笑)。腕に自信がないので、6歳の幼児相手でも飛車角落ちなんてしません。接待プレイなしの対等勝負です(笑)。勝率は…さすがに9割くらいで私の方が強いです。いや、誇ることではないんですが(苦笑)。

 でも彼のすごいところは、負けても挑戦してくるんです。半分泣きそうなんですけど、挑戦してくるんです。えらいと思いました。しかも先日本屋で羽生善治の『将棋入門』を本屋で購入していました。どう見ても対象年齢が小学校中学年以上の本なのに、トイレにも持って行ってまで読んでいます。そう遠くない先に、追い越されているであろう自分が見えました。がんばれ。

 

 

 

 

 
2016年3月8日(火)
 カタログや取説を熟読する女。

 実はうちのビリケンさま(9歳)です。この子、意外と文章を読むのが好きなんです。マンガも読むけど、文字物も図書館とかでよく借りて読んでいるようです。個人的にはこのまま本、マンガ分け隔てなく、どちらも読んでくれるバランスのとれた大人に育ってほしいです。

 で、彼女の最近のお気に入りは各メーカーの洗濯機のカタログと、DSソフトの取説です。洗濯機のカタログはあれです、先日の洗濯機買い替えにおける、情報収集のために集めたやつです。もう必要ないので捨てようとしたら、日立とパナソニックと東芝はまだ捨てないでとのリクエスト。そのリクエスト通り、たまに熟読してるんですよね。小学3年生が洗濯機のカタログを熟読する絵って、けっこうレアケースなような気がするんですが。まあ見ていて面白いですけど。

 DSソフトの取説もよく読んでますね。最近では『どうぶつの森』と『ドラゴンクエスト\』の取説です。寝る前とか、布団にくるまりながら読んでますからね。こちらが気づくだけでもとっくに読み終わるくらいの時間は読んでいるのに、まだ読んでいるんですよね。何回繰り返して読んでいるんだよって感じで(笑)。説明書をあまり読まない有野課長とは真逆な女ですよ(笑)。

 

2016年3月9日(水)
 とうとう本格的RPGに手を出しました。

 うちのビリケンさま(女の子・小3)ですが、とうとうドラクエに手を染めました。先日『ドラゴンクエスト\』の取説を熱心に読んでいることを報告しましたが、読んでいるうちに興味が湧いてきたらしく、やりたいと。でもあのソフトって、セーブデータが1個しかつくれないんですよね。つまり…私がやっていると彼女ができない。なんか今までに経験したことのない理不尽な感じがするのですが、いろいろと仕様でやんごとなき理由があったのでしょう。解決策は…もうひとつソフトを購入することでした。中古で千円くらいで売っているのでまあいいかと。ドラクエは王道だし、マンガで例えれば『ドラえもん』に相当するゲームかな、とも思うので教育的にも問題ないかなあと。

 というわけで、親子して今さらドラクエ9に挑む図式ができたわけです。彼女にとっては、自分がキャラメイクしたキャラクターが冒険して成長していくゲームは多分初めてのはずです。まだやっとルイーダの酒場で仲間を作ったくらいしか進んでいないのですが、相当楽しいみたいです。おそらく本を読んでいるような感覚でストーリーを楽しんでいるんだと思いますね。

 あんまりハマりすぎるのも困るんですが、ライトな感じで楽しんでもらえればいいと思います。

 

2016年3月11日(金)
 どうも。「キメラの翼」を「キメの翼」と間違えて覚えている息子(6歳)をもつアキラです。「パパ、街に一瞬でもどるにはキラメの翼を使うんだよ」と教えてくれます。すごく違和感があります(苦笑)。

 さて、私が80年代をこよなく愛しているノスタルジストであることは、ここを読んでいただいている方はすでにご承知だと思います。そんな私なので、車のステレオにも80年代の曲がわんさかと入っているわけです。その影響で生粋の21世紀チルドレンの子どもたちが、普通にこの時代の曲にハマるという現象が生じてきました。彼らのここ最近のお気に入りはB'zの『BAD COMMUNICATION』で、これは相当歌いこんでいます(笑)。他には郷ひろみ『2億4千万の瞳』、田原俊彦『悲しみToo Young』を口ずさんでいますね。♪お〜くせんま〜ん、お〜くせんま〜ん、て(笑)。あ、あと渋いところでは岡村靖幸の『SUPER GIRL』もお気に入りのようで。とくに下のチビが。6歳が歌うにはかなり生意気な曲だよな(苦笑)。でも♪ドンチュ、ドンチュノウ! わぁ〜かってぇ〜よちょっとぉぉ〜、ってシャウトしてますから…。同年代の前で歌っても誰もわからないんだろうな。大丈夫かな、あの人たち(笑)。

 

2016年3月13日(日)
 BSフジ、2016年のF1グランプリ放送はなし。

 これは…辛すぎる…。オフシーズンのニュースを逐一チェックして、今年のレースを楽しみにしていたのに…。冗談抜きでここ数年の春〜秋は、週末にF1があると心躍っていたんですよ。とくに今年は昨年惨敗を喫したマクラーレン・ホンダのステップアップに注目していたのになあ。

 ひょっとしたら数日遅れで放送されるかもしれないんだけど、その数日間結果を知らずに過ごすなんて、この情報過多な世の中じゃ不可能に近い。やはり結果がわかってから動画をみるってのはイマイチ盛り上がりに欠けるってもんで。もちろんCSの有料放送に加入すればリアルタイムで観られるんだけど、観たいコンテンツがF1しかないのに加入するというのもちょっとなあって感じです。まいったなこりゃ。

 

2016年3月19日(土)
 あ〜もうスカパー入っちゃったよ(笑)。

 1週間前に今年はBSフジでF1の放送がないことが判明し、さあどうしたものかと考えたのですが、結果これだよ。お金で解決しました(苦笑)。だってしょうがないもんね、観られないんだから。CS放送というのはどのくらい費用がかかるのかよくわからなかったので、まずは調べてみました。ホームページで確認すると、さまざまなパターンでの加入方法があるらしく、わけがわからない樹海状態になっていました。とにかく場合わけが多いんですよ。普通にスカパーに加入する方法、ケーブルテレビ系で加入する方法、インターネット放送系で加入する方法と、自分が置かれているインフラ設備、もしくは視聴方法によってほんとにさまざまです。私は録画がマストなので、テレビで観られる方法を選ぶことになりました。

 コンテンツの金額なのですが、1チャンネルから契約できるらしいんですね。だからF1を放送する『フジテレビNEXT』だけ契約すればいいんです。それがだいたい1,300円弱。あれ? 意外と敷居が低いかも、と思い、一気に契約する方へ心の針が傾きました(笑)。ただ基本料金が毎月400円強かかるので、実質1,700円/月ということになります。

 もう少し調べてみると、この『フジテレビNEXT』、姉妹チャンネルである『フジテレビONE』『フジテレビTWO』のパック(1,100円くらい)と一緒に契約すると、500円で観られるみたいです。つまり3チャンネルで1,600円プラス基本料金400円の、2,000円/月で視聴が可能ということに。ここで考えたのが、プラス300円で2チャンネル増えて、しかも…『フジテレビONE』の『ゲームセンターCX』まで観ることができちゃう現実。また、この3月に契約すると、加入手数料3,000円もタダときた。これはもう…神様が入れっていってるもんだと解釈しました(笑)。ネットでポチポチと入力して速攻加入ですよ。

 ただ加入時にB−CASカードのナンバーを入力するんですが、テレビのカードで入力した方がいいのか、レコーダーのカードで入力した方がいいのか悩みました。要は録画がしたいので、ここでミスりたくなかったわけです。確実なのはレコーダーの方なのですが、その場合は録画しない番組を視聴するときにも、レコーダーの電源をONにし、レコーダー経由でチャンネル選択しなければいけないんですよね。これがちょっと気持ち悪いです。テレビだけで完結できないかな、ということなんですけど。ま、慣れればいいだけの話なんですがね。

 ちなみにうちのマンションはケーブルテレビの『J:COM』も繋がっているようなので、そちらからのアプローチもしてみました。電話で相談してみたんですけど、『J:COM』はコンテンツを単体で購入することができないらしく、多チャンネルのパックセット(4,000〜5,000円/月)しか商品がないようでした。予算的に厳しいのでこちらの選択はなくなったわけなんですが、その時相談にのってくれた女性が「ひょっとして…F1ですか?」と聞いてきたのには笑いましたね(笑)。「え? 私みたいな相談けっこう多いですか?」と聞くと「BSで放送しないとわかってからけっこうお問合せ多いです」とのこと。私と同じ境遇であせって解決方法を模索している人が多いんだなあと、同志を見つけたような気分になりましたよ(笑)。

 というわけでスカパーに加入したわけですが、BSと違ってフリーの練習から観られるし、基本ライブで観られるのでいいですねえ。ヨーロッパラウンドとか時差の関係で生中継は観る気力がないかもしれませんが(笑)、初戦は時差の少ないオーストラリアGPですからね。バリバリライブで観ますよ。あと予想外のおまけとしては、スカパー加入者は無料でインターネット生配信も視聴することができるんですよ。これもちょっと感動だなあ。スマホ(持ってないけど)やデバイス、PCでライブ視聴ができるんです。これだったら子供にチャンネル奪われても次善の策があるってな感じで(笑)。ちなみに今日の予選の模様の写真を2点ほど載せますが、これライブ配信のキャプチャーです。便利な世の中になったなあ。

 そして最後にひとつ。うちのビリケンさま(小3・女の子)は、スカパーのことをスカーと間違えて覚えてるようです。「パパ、スカー入るの?」と、違和感ありありな発言をしてきます。こっちの方が断然言いづらいだろ、お前(苦笑)。

 

2016年3月25日(金)
 親子で『ドラゴンクエスト9』をやっています。

 先日書いた通り、ソフトを2本購入して並行プレイ状態です。ゲームを始めてから彼らの会話の8割がドラクエネタになったので、相当楽しいんでしょうね(苦笑)。弟くん(6歳)なんて、お姉ちゃん(9歳)のプレイを横で観ているだけなのに、えらい入れ込みようです。というのも、キャラの名前を自分たちにしているので、えらく感情移入しているようで。ちなみに主人公がお姉ちゃんで、武闘家が弟くんです。「ボスに勝つときって、いつもボクで勝つんだ(とどめを刺す意味)よ〜」と得意気に言うくらい感情移入しています。まあアタッカーだから確率的には当り前だよねって感じなんだけど(苦笑)。でもそういうのかわいいです。

 ゲームの評価としては、優等生ですね。ユーザーフレンドリーの塊というか。話がサクサク進んでいきます。クエストとか寄り道が面倒くさいけど、まあ取捨選択できるのでいいかって感じです。敵とのエンカウント率も自分でそれなりに調整できるので(フィールドをうろついている敵にぶつからなきゃいい)、ストレスは溜まりづらいし、難易度もやさしめですかね。これなら確かに幼児でもなんとかなりそうです。

 ただ並行プレイをしていると、レベルがいくつになったとか、どんなスキルを身に着けたとか、どのボスを倒したとかの話題になるので、プレイ時間を多くとれる子供たちの方が先に進んでいるだけに軽いネタバレ攻撃を受けることがしばしばです(苦笑)。「おい、いうなよ」みたいな(笑)。まあともあれ家族で楽しく遊んでます。これでDSもう一台購入して協力プレイとかしたらもっとのめり込みそうで怖いな。

  

過去の報告をみる

トップにもどる