オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

次の月にすすむ

 

 最近の私のお気に入り
・F1 ・アメトーーク ・キン肉マン ・家電量販店
・ゲームセンターCX ・総合格闘技 ・バーチャルコンソール ・真女神転生ストレンジジャーニー
・コズミックフロント ・星空観賞 ・80年代アイドル  

 

2015年7月4日(土)
 人間の顔をゴリラと認識。

 グーグルのサービスで、写真画像を自動的にタグ付けするハイテクなサービスがあるらしいのですが、なんとも失礼な事例が生じてしまったようです。人間をゴリラって、当事者にとっては失礼極まりない事態ですよね。音声認識の誤認識も凹むことはありますが、顔認識はそれの比じゃないよなあ。

 …といいつつも、ニュースの事象だけを切りとると、あまりのマンガ的な内容に笑いが込み上げてきてしまうのも事実です。いや、不謹慎だとは思いますよ。思いますけども、これはどう考えてもギャグマンガのネタですよ。徳弘正也あたりがやると“らしい”感じの(笑)。絵面も頭に浮かんできてしまいます。人の自尊心を傷つけるような冗談で笑うというのはあまり美しくはないですが、申し訳ない、ちょっと吹き出してしまいました。

 

 

 

 

 
2015年7月5日(日)
 オレジャンのEPUB化を少しずつ始めています。

 今まではFlashpaperを利用していたのですが、スマホが軒並みフラッシュ非対応とのことで、これはアカンと。せっかくアクセスしてくれたのに、何も表示されないんじゃね。顧客満足度も落ちるってわけで。

 そういった環境の変化に対して、どういった対策をとろうかといろいろ考えていました。簡単なのは、昔みたいにJPEGペタペタ貼る方法です。でもこれだと画像がガンガンコピーされるし、見栄えも原始的すぎます。その次に簡単なのは、PDFをリンクで貼ることです。しかしこれもコピーしやすいとのことで、却下しました。そうなんです。意外とコピーには気をつかっているんですよ。

 やっぱりね、コンテンツの性質上、拡散しづらくするのは著者に対するせめてもの敬意と勝手に考えています。ですので、結局EPUBで代替することに決めました。EPUBだってやろうと思えばコピーすることは可能なんでしょうけど、右クリックから画像を保存、みたいなお手軽さはないはずなんで。これだけでも抑制になると考えました。

 ただEPUBというものをよくわかっていなかったので、いろいろと調べてフリーの変換ソフトを探してデータを作ってみました。これ自体はそんなに難儀することなくできたのですが、問題はそれをサイトにどうアップするか、でした。

 もちろんこれもリンクを貼ればいいだけの問題ですが、個人的にはひとつ、どうしても譲れない仕様がありまして。それはEPUBの埋め込みです。オレジャンは画像とそれに対する解説というのが基本コンセプトであり、全てです。それを1ページで同時に表示できることに意義がありました。そんな私の要求を満たしてくれたフリーソフトがBiB/iです。このソフトのおかげでEPUB画像を見つつ、解説を読むという形を崩さずに済みました。例えばこんな感じです。

1983年第27号天地を喰らう

 ただモバイルでは必ず別ウィンドウが開いてしまいますが、目をつぶりました。PC上だけでもそれが可能ならいいや、という考えです。もっと専門的な知識があり、いろいろとプログラムをいじれる力があれば、ひょっとしたら可能なのかもしれませんがね。問題点は、PDFやFlashpaperと比べて、1ファイルの容量が重い! まあこれは全てのページが画像から形成されているという性質が影響していると思うんですが。それでもスマホでコンテンツが読めるなら…と自分に言い聞かせています。でもそれくらいオレジャンというコンテンツは、個人的にはオススメコンテンツなんですよ。昔のジャンプを読み返したときの、ノスタルジックな気分。当時の思い出が脳内を駆け巡る様。癒しですよ。これをたくさんの方に味わってほしいです。

 

2015年7月14日(火)
 先日の収納部屋の一角に。

 カラーボックスの天板を机に見立てた作業スペースをつくってみました。ちょうどノートパソコンならば無理なく置けるサイズです。マウススペースはないけど(笑)。でもショートカットキーを駆使すればなんとかなるレベルなので、ショートカットキーの暗記が捗ります(笑)。折りたたみの椅子も用意し、使わないときは隙間に収納。我ながら美しいです。

 リビングにPCスペースはあるのですが、収納部屋は午前中とても涼しいので、時間帯によって使い分けられれば、と思っています。隅っこの位置で妙に落ち着くのもポイントです。作業に没頭できるというか。けっこうお気に入りの場所になりそうです。

 

2015年7月18日(土)
 以前書いたのですが。

 新聞はいらないから、広告だけ配達してくれるサービスがあるといいのに…と要望したところ、ありました。『チラッシュ』というサービスなのですが、毎週3回、地域の広告を無料で配布してくれるんです。おお〜、これこそ私が求めていたサービスと思い、さっそく登録をしました。

 …う〜ん、イメージしていたのとちょっと違うんだな。たしかに広告が配布されるんですが、その量が絶対的に少ない。ほんと、2、3枚です。新聞に挟まった折り込み広告を期待していただけに、これにはかなり失望させられたわけで。しかも一番見たい近所のスーパーや家電量販店の折り込みが入ってこないんです。

 これはまだまだコンテンツ集めが充分じゃないと予想されます。逆をいえば、これからこの『チラッシュ』と契約した企業やらお店が増えれば、徐々に充実してくるということで。それを期待して少し様子をみてみようかと思っております。

 

2015年7月24日(金)
 総務部に異動して、扱う仕事も大きく変わりました。

 今日は会社見学会の受け入れです。業界入社を考えている4名の方が来社されました。参加者の名簿リストを確認したところ、

・ヤマダ フミタカ
・サトウ ヨシタカ
・タナカ キヨタカ
・スズキ シゲタカ

というメンバーでした。偶然にしてはあまりにも韻をふみすぎているので、思わず「ラップかよ」と思ってしまいました(笑)。こんなことを考えている暇があったら、さっさと仕事をしてください。ちなみに韻の部分以外はすべて仮名です。念のため。

 

2015年7月25日(土)
 PSPでテレビ番組を持ち歩いて視聴しています。

 もう10年近くこのスタイルです。好きな時に好きな番組が観られるので、このスタイルが気に入っているのですが、さらに時間を効率よく使うために2倍速で視聴しています。確かに早口ですが、1時間のドラマがCMもふっとばすと20分強で見終わることができます。これ非常に便利です。演技のテンポやセリフの抑揚を見てくれ、という演出サイドの方には怒られそうですが(苦笑)。

 こんなスタイルで番組を観ていると、オレって格闘技の達人になれるんじゃないかな? といったわけのわからない自信が湧いてきたりもします。どういうことかといいますと、2倍速で格闘技を見ていると、いざ通常のスピードにしたときに、選手の動きがものすごくスローモーションに見えるんですね。これは…いわゆる「動きが止まって見える」という達人の域だぞ、みたいな(笑)。この訓練を応用すれば、実戦でも相手の技を避けまくることが可能なのではないか? と思えてくるわけです。まあそれに対応する動きが2倍になるわけではないので、いろいろと無理なんでしょうけど。でも訓練の一環としてはありなんじゃないかと思えてきます。昔流行った、手首・足首に重りをつけて練習をし、パワーを増加させるパワーリスト・アンクルみたいな感じで。ダメかな(笑)?

 

2015年7月27日(月)
 マクラーレンホンダ、ダブル入賞。

 苦戦が続いている今シーズンのマクラーレンホンダ、ハンガリーGPにてアロンソが5位、バトンが9位と今シーズン初めてのダブル入賞です。マシンパワーにあまり影響されない中・低速サーキットであったこと、上位陣のリタイヤやトラブルが多発した等の運もありましたが、前半戦最後のレースでほっと一息って感じです。今までの戦績があまりにも酷すぎて「大丈夫かな? ホントに」という空気になっていましたからね。

 アロンソ、バトンというチャンピオン経験者コンビが予選のQ1で早々と去っていく、なんて光景をずっと目の当たりにしてきましたからね。そのポジションにいることがなんとも違和感を覚える二人って感じでしたし。それだけに今回のレースで浮上の芽がでてきたってのは大事にしたいところです。

 ただまだまだ高速サーキットでは相手にならないマシンであることは変わりなく、この夏休みでの飛躍的アップグレードを祈るしかありません。せめて後半戦は常にポイント争い(10位以内)に加わるレース展開を望みます。がんばってほしいなあ。

 

2015年7月28日(火)
 やっとクリアしました。

 少しずつ進めていた『真女神転生ストレンジジャーニー』です。3DS初のメガテンシリーズとして、かなり前に発売されたやつです。今頃プレイです(笑)。メガテンファンとしては一応押さえておかなければならないと思い、中古ショップでソフトを購入。前オーナーのクリア直前データでクリアしてしまおうという誘惑にも負けず(笑)、一からコツコツとがんばりました。ネットフル活用ですけどね(苦笑)。

 全体の感想としては、間違いなく楽しい、いいソフトだと思います。メガテンテイストというものがきちんと残っていながら、ユーザーフレンドリーなインターフェイス。やり易いですよ。ただ前からそうなんですが、悪魔全書に登録された悪魔はお金で召喚できるので、無理して悪魔会話をしてイライラしながら仲魔にする必要がなくなりました。これがね、便利な半面、メガテンの醍醐味が削除されてしまった感は否めないです。ま、お金に頼らずナンパで仲魔にするという自分ルールを守ればいいんですけどね。でももうそんな気力はないのでお金で買えるものはお金で買います(笑)。

 あとボスの属性や攻撃がいやらしくなりましたね。一生懸命重ねがけした攻撃補助魔法を一発で解除しちゃうとか、パーティー全員に麻痺やら毒やら石化やらのバッドステータスを一気につけたり、即死攻撃を使ってきたり。ボスに効果的な特技を身につけていないと、なかなか勝てない場合があります。ちなみに最終ボスに勝つための準備で、レベル上げも含めて軽く20時間は費やしました。この辺がめんどくさいといえばめんどくさい。

   
無事に脱出です   スタッフロールが流れ   大団円

 また、メガテン特有のマルチエンディングは今回も健在で(というか、ないとメガテンじゃない)、今回はニュートラルエンディングでした。あとロウ、カオスの2パターンが残っています。また一からやり直すのはとても萎えるのですが、クリアデータを使うと強い武器とかが残ったままになるので、実はかなり楽ちんです。これなら頑張れるかも! と、アトラスの社会人ゲーマー救済策に感謝です。でもメガテン以外にも『ドラクエ\』がこの後控えているので、あまり時間をかけていられないのも事実。つーか、そんな義務的にゲームしなくてもいいんだけどね(笑)。

 

次の月にすすむ

過去の報告をみる

トップにもどる