オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

次の月にすすむ

 

 最近の私のお気に入り
・F1 ・アメトーーク ・キン肉マン ・家電量販店
・ゲームセンターCX ・総合格闘技 ・バーチャルコンソール ・真女神転生ストレンジジャーニー
・コズミックフロント ・星空観賞 ・80年代アイドル  

 

2015年4月1日(水)
 新年度です。新しい環境になる方も多いのではないでしょうか。

 そういう私も、入社20年を過ぎて初めての部署異動がありました。今までは入社以来営業畑だったのですが、本日から総務部に異動です。不安です(苦笑)。

 異動の内示は今年入ってから実はいただいていました。予想外の辞令でしたので、かなりびっくりした次第です。年明け早々、2015年10大ニュースの上位にランクインされる出来事が起きてしまいました(笑)。でもここらで環境が変わるというのも新鮮だし、物事を違った俯瞰で見られるようになるのかな、とポジティブにもとらえております。

 ただ一つ心配事としては、完全内勤となったため、居眠りが捗っちゃうかも、ということです。ただでさえ重度の睡眠時無呼吸症候群なもんで。ま、それも今月から治療を始める予定なので、なんとかそういったことがないように頑張りたいと思います(笑)。

 

 

 

 

 
2015年4月2日(木)
 睡眠時無呼吸症候群(SAS)対症療法日記 その@

 本日から無呼吸症候群の予防療法が始まります。2月の近況報告で書いたとおり、無呼吸症候群の完璧超人となった私は(笑)、シーパップ(CPAP)という対症療法を行うことになりました。この症状は肥満体形の人や、お酒を飲む人に多いとされているのですが、私はどちらも当てはまらず、どうしてなのかな? と思っていたんですが、どうやら@気道が普通の人よりもやたら狭い A下あごが小さいため、舌が収まりきらず気道に落ち込む、といったことが理由だそうです。

 このシーパップというのは、簡単にいえば鼻とホースをつなぎ合わせ、睡眠中絶えず鼻から空気を送り込むことにより気道の閉塞を防ぎ、無呼吸状態に陥らせない、というものです。今回はそれを試しに装着してみるための通院となりました。この装置が実際に稼働すると…

   

こういう機器を

 

こんな風に装着し

 

こんな感じで寝ます

こんな感じの、パッと見ぎょっとするいでたちで毎晩寝ることになります(笑)。例えるならばジオンのちょっとラガーマンな感じ(笑)。モビルスーツか、トップガンな感じです。あ、鼻にカバーをするので鼻トップガンといったほうがいいのか(笑)。この鼻カバーの部分もいろいろな種類があって、どれがいいか選ぶことができます。上記のようなタイプは装着するとメガネをかけることができないので、ちょっとなあ、と思いました。やっぱり寝る前に本とか読みたいじゃないですか。ですんで、私は左の写真のような、鼻筋から額にかけてのアタッチメントがないタイプを選びました。これならば視界も広いし、メガネもOKです。でもハミコさんは

「本なんか読んだって、5分で寝ちゃうんだから意味ないじゃん」

なんてことを言います。バカ言っちゃいけないよ。分数の問題じゃないんだよ。寝る前に読書という行動をとったという事実が大事なんだよ(笑)。

 そんなこんなでマスクを装着し、10分程度の試し送風を行いました。スイッチを入れると鼻から風の圧力が襲ってきます。まさに「♪かぜがふぅういてるぅぅぅ〜」って感じです。慣れないと強制的に空気を送り込まれているようでけっこう辛いです。

 慣れるポイントは、鼻呼吸だそうです。そう、口で息をしないで、鼻から吸って鼻から出す。これの繰り返し。口から息を出そうものなら、過剰に空気が漏れてしまい、とたんに苦しくなります。というか、普通に呼吸できない。また、鼻から出すときに前から来る圧力を押し返さなければならないので、けっこう違和感があります。鼻から耳への圧力もあるので、ダイビングでいうところの「耳抜き」的な対処も必要かもしれません。

 ただ徐々になれてきたので、基本大丈夫かなあといった感じです。これで次回、本格的な1泊の検査入院となります。この鼻トップガンと1月の電極つけまくり状態で一晩効果を試すわけです。こんどはいつもの実力通り、速攻で眠れるといいな(笑)。

 

2015年4月5日(日)
 どうも。『ドラえもん』の映画を子どもたちと見にいくも、やはり断続して寝てしまったアキラです。こんにちは(苦笑)。

 最近ミニラくん(男の子・5歳)がダチョウ倶楽部のネタ「どうぞ、どうぞ」をやっているので、どこで覚えたのかなあと不思議に感じていると、どうやらネタの出自は『妖怪ウォッチ』のようです。しかしこのアニメはパロディばっかりだな(笑)。『3年B組金八先生』やピンクレディーの『UFO』もパクられてるし。しかもオリジナルの選別が世代的にストライクなものばかりなので、制作陣が私と同年代なんだろうなあと容易に予測できます(笑)。

     
ダチョウも   金八先生も   ピンクレディーも   み〜んなパクられてます(笑)

 でもちびっ子にとってはそんなことは関係ないので、この『妖怪ウォッチ』のパロディ版こそがオリジナルになるんだろうなあと、少々複雑な気分になりました。こんど無理やり本物の『金八先生』を見せてやるか(笑)。

 

2015年4月10日(金)
 職場の後輩・小俣さん(仮名・女性)とのたわいもない会話。
小俣「へ〜、『ドラえもん』の映画観てきたんですか。どうでした? きちんと寝ないで観られました?(この言い草…)」
   
オレ「失礼だね、キミは。ちゃんと観たよ。でもカット割りっていうのかな…編集に難があったかな」
   
小俣「…ずいぶんと専門家チックですね」
   
オレ「まあね。ほら、物語っていうのはさ、起承転結が基本じゃない」
   
小俣「まあそうですね。よく言われますよね」
   
オレ「その起から承、承から転、転から結へのつながりっていうのかな…その橋渡しがうまく編集されてないっていうか」
   
小俣「ほう。」
   
オレ「要は途中途中で意味がつながらない場面があるんだよ。起で起きたことについて、承でうまくつながってないとか、転から結になるまでの説明がはしょられてるっていうかさ。あんなに大胆にカットして観てるちびっ子は意味が通じてるのかな? とか心配になっちゃった」
   
小俣「…あの…失礼ですがそれは制作側の大胆なカットではなく、ご自身が自ら行った大胆なカットなのではないで…」
   
オレ「(小俣さんの意見を無視して)だってさ、のび太たちがなんで人助けをしているのかの説明がまるでカットされてるんだぜ」
   
小俣「いや、そのカットはありえないですから…おそらくアキラさんが自前でカットを…」
   
オレ「(さらに無視して)一番すごいのは、のび太たちがどうやってラスボスを倒したのかもカットされてるんだぜ。あれはいわば革命だよ。映画業界始まって以来の。斬新すぎる」
   
小俣「あの…まだ続きますかね、これ」
   
オレ「(無視して)制作サイドは尺を見誤ったんだな、きっと。これ責任問題に発展してるかもしれないぜ」
   
小俣「はっきり言わせてもらいますね。それはあなたが寝ていたからです(ピシャリ!)

 小俣さん、ホレボレする受け答えだぜ(笑)。

 

2015年4月24日(金)
 どうも。学校の文集のプロフィールページの「好きなテレビ番組」という項目に『団地ともお』と書く娘がいるアキラです。おまえだけだよ、そんな回答(笑)。

 さて、睡眠時無呼吸症候群(SAS)対症療法日記 そのAです。

 先日例の鼻トップガン(シーパップ)を装着した一泊検査入院を行いました。頭と体に電極を付けまくり、その上鼻トップガンを装着するという、ものすごいいでたちです。装着をしてくれる看護師さんも大変です。私は他業種のことを質問するのが好きなので、装着中にたわいもない質問をいろいろとしてしまいました。

オレ「こんなにいろいろ頭に電極つけるのも大変だよね。これってどうやって練習するの?」
   
看護師「そうですね、同僚と交代で実験台になったり…ですかね」
   
オレ「へ〜、そうなんだ。ちなみに髪の長い人と短い人だと、やっぱり短い人の方が装着しやすいの?」
   
看護師「そうですね、やはり女性とかは大変です」
   
オレ「ドレッドヘアの人とか来ちゃったらどうするの?」
   
看護師「(笑)幸いにもそういった方は今まで経験がないですね。でももし来られたら大変でしょうね」
   
オレ「逆にハゲたオッサンとかは超やりやすいとか?」
   
看護師「(笑)いや、実は毛がないと油脂分が多いので、それを拭きとるのにけっこう手間がかかったりしますね」

 こんな感じです。うざいのかな(苦笑)? でも必ず笑いがこぼれるようなネタで質問することを心がけています。相手の人に「いろいろ聞かれたけど面白かった」と思ってもらえたら嬉しいんだけど。

ちょっとラガーマンな感じ(笑)。 さて、装備完了したのが夜の9時。ここから就寝となります。けっこう早い就寝ですね。でも私は早寝タイプなので問題はありません。問題は前回そうだったように、大きく環境が違う中で、いつものような瞬殺入眠(笑)ができるかです。しかも強制的に鼻の穴に送風をされているという状態で。

 機器のスイッチを入れ送風が始まります。前回試しのテストをしているので、なんとなくやりすごす術は会得していました。単純に口を閉じて鼻呼吸に徹する、ということなんですけどね。意識している内はいいんですが、これが睡眠状態の無意識下で続けられるのか、というのも心配の一つです。

 入眠に関しては問題ありませんでした。どのくらい時間がかかったかはわかりませんが、おそらく瞬殺です(笑)。いつもの実力が発揮できてよかった。ただ何時かわからないですが、一度目覚めましたね。そこからの2次入眠がいまいちだったような感じがします。自己判断では、ウトウト状態というか、寝たり起きたりというか。そんな感じで早朝の4時半に起こされ検査終了です。

 この鼻トップガン(シーパップ)によっていつもの睡眠と劇的に何かが変わったか? と問われると、ぶっちゃけ「よくわからない」というのが率直な感想です。「頭がすごくスッキリするよ」とか、酸素カプセル内で寝た人が言うような感覚はないです。看護師さんに聞くと、「昼間の眠気が減ります」とのことなんですが、どうなんだろうね。続けていけばわかるのかな? まあ来週いろいろな数値がでるので、これで呼吸が止まる回数が激減していればいいんだけど。ちなみにこの結果の後、鼻トップガンをレンタルして自宅療法となります。

 それでは次の情報をお楽しみに。

 

2015年4月25日(土)
 ミニラくん(男の子・5歳)のカート近況です。

 月1回の練習を地道に続けています。基本彼はスロースターターなので、初回クール(10分〜15分)はあまりラップタイムが伸びない傾向にあるのですが、最近はしょっぱなからアクセル全開でスタートすることができつつあり、初回ラップからなかなかいいタイムを出してくれます。当然こなれてくるとタイムは尻上がりに上がっていき、今日は目標ラップタイムをあっさりとクリアしてくれました。さらにタイムを縮め、過去新記録のタイムを樹立。毎週練習をしているわけではないのに、よく体が覚えているもんです。ちょっと感心しますよ、親バカだけど(笑)。

   

コーナーの立ち上がり

 

最終コーナーに向けて疾走

 

フルスロットルです

 なんか少し安定してきた感があるので、できたら次回はレースに挑戦してみてもいいかな、なんて考えております。子どもの成長を目の当たりにできるっていいもんですね。

 

2015年4月30日(木)
 なんかすごいフェラーリに遭遇しました。とりあえずどうぞ。
   

金ピカ

 

金ピカ

 

金ピカ

 すごいでしょ。金ピカのフェラーリですよ。これって特注なんじゃないのかなあ。あまりにすごいんで思わず撮っちゃいました。あ、写真を撮っている自分が車に映り込んでますよ。なんかミニカーの特別バージョンにも見えますね。トミカ30周年限定黄金フェラーリ、みたいな(笑)。しっかしこれじゃ光を乱反射しまくって、まわりの通行車両にとってはまぶしくてしょうがないんじゃないの? オーナーはどんな人なのかなあ?

 

次の月にすすむ

過去の報告をみる

トップにもどる