オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

次の月にすすむ

 最近の私のお気に入り
・VHSのダビング ・アメトーーク ・キン肉マン ・家電量販店
・ゲームセンターCX ・総合格闘技 ・ファミコン部 ・F1
・コズミックフロント ・星空観賞 ・80年代アイドル  

 

2013年5月8日(水)
 すっかりGWも明けました。

 最近は少し時間的余裕もでてきて、先月再購入した『カプコンクラシックス』等を30分程度いじることもかなうようになってきました。このソフトは過去の作品がたくさん収録されているだけでなく、そのゲームの設定集や当時のチラシといった、おまけを見ることができるんですね。ただそれを見るには、指定された条件をクリアしないと見ることができないんです。「ゲームをクリアしろ」とか、「キャラを4人以上使え」とか、「20万点取れ」みたいな。

 やっぱやるからにはそれをなるべく見たいので、条件をクリアしようと頑張るんですが、いかんせんスキルが伴わない(苦笑)。ですんで、このおまけをすべて見るのは敵わぬ夢だなあと思っています。先日も『ストU』のおまけをみるべく、条件であるゲームクリアを目指したのですが、どうしてもサガットで足止めを食うことに。こりゃあかんわ、と半ばあきらめムードになると同時に、CPキャラに対してある不満を感じるようになりました。

 やつら(CP)はですね…必殺技コマンドを失敗しないんですよ。これってズルいですよね。人間だったら波動拳をだしたつもりなのに、でないときってあるじゃないですか。それこそプレッシャーがかかった時にはあせってミス率があがるってもんです。それが人間です。なのにあいつらは100%成功するんですよ。追いつめられていても必ず成功するんです。対戦格闘のCP戦において、CPの動きをより人間らしくみせることがエンジニアとしての至上命題であるとするならば、CPにも必殺技のミス率をぜひ設定してほしいなと。人間に追いつめられて、逆転の一発を狙ったんだけどミスってやられたCPキャラ、みたいな。そうなればますますゲームに愛着が湧くし、リアリズムも追求できると思うんだけど。

 …すみません、勝てない腹いせです(苦笑)。

 

2013年5月12日(日)
 以前書いたと思うんですが、人って耳クソについては寛容だなと。

 音楽を聴くときに、他人にイヤホンを貸し借りするときってあるじゃないですか。「これちょっと聴いてみて」なんて。その時に「汚いから嫌だ」と断る人は少数だと思うんです。でも、もし音を聴く器官が耳じゃなくて鼻だったとして、鼻の中に入れたイヤホン(この場合ノーズホン?)を抵抗なく借りられる人が何人いるのかと。

 そう考えたときに、クソってヒエラルキーがあるな、と思ったんです。今回は私なりにその順位を決めていこうかと思います。まずエントリーするクソですが、頭の上から順に

@目クソ
A耳クソ
B鼻クソ
C歯クソ(歯垢)
Dウンチ
E足の爪クソ

と、こんなところでしょうか。ランク付けをする指針としては、そのクソを取る器機があるとして、それを家族や知り合いと共用できるか、で考えてみましょう。

 例えば耳かき。これは耳クソを取る器機ですが、おそらく家族で共用できる人が多いのではないかと。爪切りも共用できそうなので、足の爪クソもまあランクは低いのかな。歯クソは…歯ブラシを共用するってことだから、ちょっと抵抗あるかな…。鼻クソはもし鼻クソ取り器があったとしても、共用はしたくないから×。目クソ取り器も共用はちょっと…。ウンチ取り器なんて100%無理(笑)。

 となると、

【上位ランク】目クソ、鼻クソ、歯クソ、ウンチ
【下位ランク】耳クソ、足の爪クソ

ってとこかな。これでランクごとのカテゴリーでさらに順位をつけると…ダントツ1位はウンチだよな。その次が…鼻クソかなあ。でも子供って鼻クソ食べるよね(笑)。目クソは食わないよなあ。歯クソは口の中にあるから、いつも食ってるようなもんか。そう考えると目クソが2位か? いや、やっぱ鼻クソの方が汚いよなあ。直感的に(笑)。となると、2位が鼻クソか。で目クソが3位で歯クソが4位。いや、個人的には歯クソの方が嫌だな。やっぱ3位が歯クソで4位が目クソか。足の爪クソと耳クソだったら当然足の爪クソの方が汚いよな。

【結果発表】
@ウンチ
A鼻クソ
B歯クソ
C目クソ
D足の爪クソ
E耳クソ

 どうでしょうか…40過ぎて何やってんだか。

 

2013年5月19日(日)
 クイズです。

 これはどこの国の国旗でしょう? 正解は…マケドニアです。ちょっとマイナーですかね。突然なんだという感じですが、実は本日『ストU』をやっていると…

横で見ていたミニラくん(3歳)が突然「あ、マケドニア」と発言。一瞬何かと思ったら…

なるほど、これか。お前、どんだけ国旗マニアなんだ(笑)。

 

2013年5月31日(金)
 ホンダ、2015シーズンよりF1復帰

 リーマンショックの余波による経費節減からF1撤退をしていたホンダですが、2015シーズンよりマクラーレンのエンジンサプライヤーといして復帰をするそうです。80年代後半にセナ、プロストで黄金期を迎えたマクラーレン・ホンダの復活です。これはなかなかに心踊ります。

 2013シーズンでは唯一の日本人ドライバーである小林可夢偉がシートを失い、日本のF1参加イメージが希薄になっていただけに、嬉しいニュースです。日本のメーカーがエンジンサプライヤーになれば、当然ドライバー候補として日本人が有利になりますし。そうすれば2年後にはまた日本人ドライバーが活躍しているシーンが見られるかもしれません。いや、是非見られるようにしてくれなければ困ります(苦笑)。

 最近では生観戦をしたい気分に駆られているのですが、チケットがトゥエクスペンシヴで(笑)、旅費とあわせてバカにならない現実があります。でも一度見てみたいんだよなあ。

 また、来年からは新しいレースカテゴリである『フォーミュラE』が控えています。これはF1の電気自動車版レースです。こちらもどういったドライバーが参加して、どういった闘いになるのか興味がありますね。F1といえばあのカン高いエキゾーストノート音が印象的ですが、これが静かな電気自動車の場合どうなるのかな、みたいな。楽しみです。

 

次の月にすすむ

過去の報告をみる

トップにもどる