オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

次の月にすすむ

 最近の私のお気に入り
・VHSのダビング ・アメトーーク ・キン肉マン ・家電量販店
・ゲームセンターCX ・総合格闘技 ・ファミコン部 ・F1
・コズミックフロント ・星空観賞    

 

2012年12月1日(土)
 どうも。ウォシュレットを肛門にあてるとき、腰を回転して水流がまんべんなく肛門を洗浄するようにし、それを密かに心の中で「エグザイル」と呼んでいるアキラです。みなさんもホントはそう呼んでますよね(笑)?

 さて、小林可夢偉の去就ですが、ここにきて大きなチャンスが。今シーズン所属していたザウバーよりも上位チームであるロータスが次期シート候補に考えているようなんですよね。これ決まったらすごいですよ。ピンチから大逆転のステージアップです。

 ライバルも今のところヘイキ・コバライネンのみ。つまり確率1/2です。若さと将来性では可夢偉の方に分があるので、ぜひ勝ちとってほしいなあ。来シーズン、ライコネンと組んであの黒い車を運転している様を想像すると、めちゃくちゃ楽しみです。個人的にもロータスのデザイン好きなんで(笑)。

 

2012年12月2日(日)
 キツネやカエル、ウサギが活躍する任天堂のシューティングゲーム『スターフォックス』。NINTENDO64版を久しぶりに押し入れから出し懐かしさに浸っていると、それを横から見ていたビリケンさま(女の子・6歳)が一言。

「ねえねえ、この人たち何人なんだよ?」

あの…そもそも人ですらないですから(苦笑)。

 

2012年12月15日(土)
 おかげ様でアクセス200万突破。

 100万アクセスを超えたのがおよそ3年前。つい最近のことに思えるのですが、時が経つのは早いです。ひとえに応援してくださる皆さんのおかげです。感謝感謝。前回は記念に「超人批評人気投票」を企画したのですが、今回は何も用意できていないという体たらく(苦笑)。本当にすみません。

 なかなか時間がとれずに更新頻度も滞ってはおりますが、これからも可能な限り楽しい更新を続けていきますので、よろしくお願いします。

 

2012年12月19日(水)
 小林可夢偉、来季F1シート喪失。

 う〜ん、残念としかいいようがないですね…。ロータスに望みをつないでいたんですが、解雇の線が濃厚だったロマン・グロージャンが残留決定。これにて可夢偉は座るシートがなくなってしまいました…。来年は日本人ドライバーなしのF1になるのかあ。さびしいなあ。

 まあ再来年のトップチームでのシート獲得を応援するしかないですね。しかし惜しいなあ。ホント、宝の持ち腐れだよ…。トホホ。

 

2012年12月22日(土)
 「こどもちゃれんじ」の付録のすごろくです。
 

 おつかいをモチーフにしたすごろくで、依頼物をスーパーや八百屋で購入しつつ、ゴールを目指すというものです。かなりやりこんだためか、だんだんと購入物のレパートリーに飽きてきたので、オリジナル商品とおかいものリストを自作することにしました。

 こんな感じです。子どもたちが感情移入できるよう、おもちゃをそのレパートリーに加えました。幼児雑誌のプレゼントコーナーから写真を切り貼りして自作したカードはこんな感じ。

 

 パンやでライダーベルトが売っているのはこの際目をつむるとして(笑)、この工作はかなりうけたらしく、嬉々として手伝ってくれました。けっこうな時間と労力を費やし、出来上がった頃には…すごろくブーム自体が廃れていました(泣)。せっかく作ったんだから、これで遊べよな。

 

2012年12月30日(日)
 どうも。早いもんで今年も残りわずかです。世の中はなかなか好転しそうもありませんが、来年は少しでもいい年になるといいですね。

 さて、最近の注目は現在有楽町で稼働中の『SPACE BALL』ですね。公式サイトを観ていただければわかるように、全天球プラネタリウムなんですよ。普通のプラネタリウムは頭上から目線までの、1/2しか映写しないじゃないですか。でもこれは球体すべてに映写されるプラネタリウムで、つまり足もとまで映像がでるんです。もうデモやニュース映像をちらりと見るだけで臨場感の違いがわかるんですよね。自分が宇宙に放り出されたようなバーチャル感を味わえること受け合いなんです。うまく時間の都合をつけて観にいきたいんですけどね。

 

2012年12月31日(月)
 紅白がはじまり、大晦日テイスト本番です。

 そんな中、司会の堀北真希をみてビリケンさま(女の子・6歳)が「あ、梅ちゃん先生のほりきまきだ!」と、国民的女優を水炊きのように言ったかと思うと、返す刀で「あ、ゴクブロもでるのか」と国民的男性デュオも極楽風呂のように呼んでいました。来年もいい年になりそうです(笑)。それではみなさん、良いお年を。

 

次の月にすすむ

過去の報告をみる

トップにもどる