オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

次の月にすすむ

 最近の私のお気に入り
・VHSのダビング ・アメトーーク ・キン肉マンU世 ・家電量販店
・バクマン。 ・総合格闘技 ・ファミコン部 ・F1
・ゲームセンターCX      

 

2011年11月3日(木)
 どうも。鼻毛に1本、白髪が混ざっており、加齢を感じずにはいられないアキラです(笑)。みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 さて、これを書いているすぐ横では、娘のビリケンさま(5歳)が泣きわめいているところです。原因は「サンタさんに書いたお手紙がどこかにいってしまった」という、彼女にとっては至極深刻な問題らしく、軽いパニック状態です。というか、手紙書く時期早っ(苦笑)。

 このことがなぜそんなにも深刻なのか、よくよく話を聞いてみました。彼女が泣く泣く言うには手紙を紛失することで「サンタさんが全然違うプレゼントを持ってきてしまうかもしれない」とのこと。まあこれは想像に難くない理由です。それでは「もう一度お手紙を書いてみれば」と提案すると、「もう一度書いた後、もし前の手紙が見つかったら同じプレゼントが2個届いちゃうから問題だ」となかなかどうして変化のある理由が帰ってきました。

 5歳ともなると、いろいろな角度からいろいろなことを心配しているのだなあと、少し感心してしまいましたよ(苦笑)。

 

2011年11月11日(金)
 生きていれば「それは許せない」と思うこと、ありますよね。後輩の小俣さん(仮名・女性)と営業車で移動していた時のこと。
オレ「…前の車…なんか動きがたどたどしいな。都内の道に慣れてないって動きだな」
   
小俣「そうですね…あ、ナンバーが庄内ナンバーですよ」
   
オレ「なるほどね……キミさ、今『庄内(しょうない)ナンバーなんだからしょうない』って言おうとしたでしょ」(イジメ開始)
   
小俣「してません!(憤)」
   
オレ「いやいやいや、言おうとしてたって。今『うまいこと思いついた!』って表情してたもん」
   
小俣「まるでまったくいっさいしてません」
   
オレ「いやいやいや、今のドヤ顔はすごかったよ。唇も動きかけてたじゃん」
   
小俣「動きかけてません!」
   
オレ「(無視して)庄内だからしょうがないかあ…これはちょっと許されるレベルじゃないよ? キミが思っているほど」
   
小俣「だから…思ってないんですけど」

 念のためにいっときますが、庄内の方々に罪はありませんからね(笑)。

 

2011年11月19日(土)
 『11人もいる!』おもしろい。

 工藤官九郎脚本のドラマなんだけど、個人的にかなり笑えます。大げさに誇張されたキャラの作り方が彼の持ち味ですね。これってギャグマンガの描き方をドラマに応用しているような感じだと思うんです。まずキャラありき、みたいな。それを今回は10人以上に当てはめて書いているので、各キャラの差別化と作業量は大変なものだと思います。でもうまく動かしてるんですよね。すごいなあ。

 さらに笑えるのは独特のセリフ回しでしょうか。彼の場合「現代若者スラング」を、ある種小馬鹿にしたテイストで巧みに取れ入れるんですよね。ちょっと昔だったら「パねえ」とか。それをテンポよくキャラにラリーさせるものだから、ついつい吹いちゃうんですよ。

 あと所々に「マニアな固有名詞」を入れるもんだから、わかる人は爆笑してしまうんです。例えば主人公が本を読んでいるときに、「何読んでるんだ? 劇画ナックルズか?」と聞いてくる先生。ここで劇画ナックルズをチョイスしてくるセンスについつい笑ってしまいます。こういった事例が会話のスパイスとしてまぶしてあるんで、予期せぬところでツボにハマってしまうんです。

 主役の神木隆之介も体当たりで演技していて、今までにない彼の魅力が存分に発揮されてると思います。当たり役もらったなあと、勝手に思っています(笑)。

 

2011年11月20日(日)
 中古屋で『カプコンクラシックスコレクション』を購入しました。

 ゲームセンターCXの有野課長に触発されました(笑)。『1942』とか『魔界村』とか、往年のカプコンのアーケードゲームが22タイトルも入っているんです。これはレトロ魂に火がつくってもんで。私も課長のような地道プレイでエンディング目指すぜ!

 …無理。『魔界村』なんでこんなムズいの? 1面クリアすら大変なんですけど。やるたびにイライラします(苦笑)。お金だして、時間を使ってわざわざイライラしているって、どんだけMなんだよ! でも懐かしさには敵いません。

 やっぱりあれだな、一人黙々とやっちゃいかんな。複数人で突っ込みながらワイワイやった方がストレスたまらなくて絶対楽しいと思うよ。こういうの。

 

2011年11月21日(月)
 11月23日は『勤労感謝の日』。

 「そうか、金のガチョウの日か」と聞き間違えるビリケンさま(女の子・5歳)に座布団10枚。親バカとわかって言わせてもらう。あんた天才かも。

 

2011年11月22日(火)
 携帯メールの受信側のパケット代金、どうにかならんのか。

 最近ハミコさんの友人関連から送られてくるメールにデコメが増えてきており、パケット定額サービスをしてないハミコさんのパケット代がかさむ結果に。この受信側にもパケット料金を加算する携帯会社の考え方はちとおかしいのではないでしょうか。もちろん有用な添付等もあるので、サービスを享受しているという点では何かしらの課金があっても仕方ないとは思いますが、必要なデータ、必要でないデータの区別なく課金されることにシステムとして疑問を感じます。誰もがパケ放題にしているわけではないので。これだと悪意ある人間が大量にデータを送り続け、相手に大きな負担を負わせることが可能です。軽いイジメだよなあ。

 まあそれは極端な例としても、送信側に「デコメやめてくれ」と言うのも人間関係がギクシャクしそうで言いづらいし。よっぽど気ごころしれた仲間にしか言えないですよね、そんなこと。調べれば設定変更かなんかでなんとかなるかもしれませんが、仕組み自体に納得がいかない今日この頃です。

 

次の月にすすむ

過去の報告をみる

トップにもどる