オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 最近の私のお気に入り
・VHSのダビング ・アメトーーク ・キン肉マンU世 ・家電量販店
・バクマン。 ・総合格闘技 ・少年リーダム  

 

2010年3月7日(日)
 どうも。わが娘に「おっ、カッコいいパンツはいてるじゃん!」と褒めたのに、「ちがうよ、かわいいパンツだよ」と、冷静に否定されたアキラです(苦笑)。みなさん、お久しぶりです。

 毎年毎年嘆いておりますが…忙しいんです、年度末は。ありえないくらいに。会社に寝泊まりする回数が年々増えているのが恐ろしい…。まあかろうじて日曜日は休めているんで、まだマシなんですけどね。

 その日曜日をつかってストレスを発散させるわけですが、なんといっても子供と接するのが最高ですね。癒され具合が違いますよ(笑)。やることはなんでもいいんです。近所のスーパーや家電量販店に車で出かけるくらいで十分楽しめます。先週はビリケンさま(3歳)といっしょに車の12ヶ月点検に三菱のディーラーまで行ってきました。

 そこで点検をしてもらっている間に一緒にカタログを観たり、幼児用のドライブゲームで遊んだり、タダのジュースを飲んだり、最後には新車のRVRの試乗までしてきました。これだけでも相当楽しかったですヨ。ビリケンさまも満足していたようでした。

 でもね〜、ホントは点検の予約日、一週間後の今日だったんですよ。その約束を勘違いして1週早くいっちゃったんです。無理やり点検してもらいましたけど、悪いことしたなあ。この辺に仕事疲れがでてんのかな。ボケております、はい。

 

 

 

 

 
2010年3月10日(水)
 どうも。わが娘と一緒にお風呂に入り、シャワーを少しだけ出しっぱなしにしていると、「もったいないよ。止めて」と3歳児に注意されたアキラです(苦笑)。みなさんお元気ですか?

 家で鼻歌を歌っていると、次のフレーズから勝手にハミコさんが乱入してくることが多いんですよ。そして強引にその歌を奪い獲り、さもはじめから自分が歌っていたかのように歌い続けてしまうんです。

 こういった現象を我が家では『歌泥棒』と呼んでいます(笑)。これに関してはハミコさん、かなりの前科を積み重ねていますよ(笑)。

 

2010年3月13日(土)
 図らずも、『開かずの踏切』体験をしてしまいました。

 先日、納品のため神奈川は鶴見の得意先に行ったんですよ。で、帰りに線路沿いの道を車で走っていて、どこかでその線路を越えたかったんですが、なかなか渡る場所がない。やっと踏切があったので、これ幸いとばかりにハンドルを右に切ったのですが…これが罠だった。

 カンカンなる踏切で一時停止していたんですが、いつまでたっても開きません。踏切の矢印点灯は常に両方向点灯状態で、やっと片方消えたので期待すると、すぐにまた点灯。ついては消え、消えてはつくの繰り返しで、その度にイライラ度が上昇。踏切停止から楽に15分は経過しています。逃げ場もないのでどうする手だてもなく、「ふざけんなよ、開くんかこれ!」と、車の中で悪態をついてしまいました。渡ろうとすればたったの60メートルくらいの距離なのに、なんでこんなに待たされるのかと。

 結局20分近く待たされて、やっと開きました。一番手前に停車していたので、すぐに渡り切れたのですが、もし3、4番手に並んでいて、渡る直前でまた閉まったら、怒髪天をついていたかもしれません(苦笑)。

 あまりにむごい経験をしたので、気になって調べてみると…やはり有数の『開かずの踏切』でした。わかりやすい動画をみつけたのでどうぞ。

 しかしこれ、知らない人にはホントに罠だよなあ。もし時間指定がある時にハマったら、あっという間に大ピンチだよ。今回は帰りだったから、まだ幸運だったのかもしれないなあ。もう二度と使うもんか(笑)。

 

2010年3月22日(月)
 AKB48の『桜の栞』という歌をたまたまラジオで聞いたんだけど、これは演出の勝利だなあ。卒業ソングを変にポップスやロックといった現代風にアレンジせずに、完全に唱歌として仕上げているのが逆に新鮮。これならば、謝恩会などで歌われる卒業ソングとして末長く定着し、安定した売り上げや知名度を得る可能性がある。聞いた感じも悪くないし、聞き手によっては学生時代の思い出が喚起され、懐かしい気持にもなれる。

 さすがは秋元康といったところか。

 

2010年3月25日(木)
 オフィスにもどると、ほのかに塩素のにおいがしました。
オレ「…なんか…プールのにおいがするね」
   
仁藤「本当ですか? たしかに給湯室でハイター使いましたけど…においます?」
   
オレ「うん、少しね」
   
仁藤「へ〜、アキラさんすごいですね。私ぜんぜん気にならなかったです」
   
オレ「あ、そう? それはたぶん…キミの鼻にハナクソがたくさん詰まってるからだよ」(
   
仁藤「詰まってません!! (即答)なんですかそれ。女性に対してダイレクトすぎます!」
   
オレ「そう? じゃあ言い直すよ。あなた様のお鼻におハナクソがお詰まりあそばしているからではございませんこと?
   
仁藤「いや、丁寧にいわれても。内容同じじゃないですか。しかもなんでマダム系なんですか」
   
オレ「注文多いね。じゃあこれは? あなたの鼻腔内の鼻毛によってフィルタリングされた空気中の汚れが塊となり、鼻腔内を大きく塞いでいるからではありませんか?
   
仁藤「今度はえらい回りくどくなった!」
   
オレ「ダメ? じゃあさ…」

 注文が多いんだよなあ、仁藤さん(笑)。

 

2010年3月27日(土)
 プロ野球開幕です。広島ファンの亀田くん(仮名:男性)は、携帯でせっせと情報収集しているみたいですよ。
オレ「…どうなの? 広島」
   
亀田「開幕戦、勝ちましたね」
   
オレ「よかったじゃん。監督は…ブラウン監督だっけ?」
   
亀田「いや、ブラウンは楽天に行きました。今は野村謙二郎です」
   
オレ「そうかあ。でもさあ…ブラウン監督って、やっぱり髪の毛は茶色なの?」
   
亀田「いや、そんなことは」
   
オレ「でもさあ、名前で“ブラウン”ってうたってて、茶色じゃないんじゃあ詐欺だよね」
   
五十畑「それいったらホワイトさんはみんな白髪になってしまいますよ」
   
オレ「突然横から入ってきたね。ホワイトさんはさ、年をとって白髪になってはじめて『これでやっと偽りない名前になりました』って涙ながらにあいさつ回りするんだよ、きっと」
   
五十畑「日本人だって赤井さんや青井さんがいますけど。彼らは頭を赤や青に染めなきゃいけないんですか?」
   
オレ「おお〜、そういえばそうだね。日本人は盲点だったなあ。いいところに気づいたね」
   
亀田「…もはやプロ野球の話がどっかにいってるんですが…」

 実はいうほどプロ野球、興味ないんだよね(笑)。

  

過去の報告をみる

トップにもどる