オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

2009年1月1日(木)
 どうもみなさん、明けましておめでとうございます。今年はビリケンさまが暮れに風邪をひいてしまったので、帰省を急遽キャンセルし、自宅でのんびりと過ごしております。

 さて、新年を機にしてひとつ、方針を変えようと思います。といってもたいしたことではないんですけどね。今までこのサイトでは、『オレ流』というサイト名の統一感を出すために一人称を「オレ」と表記していましたが、本日よりそれにこだわらないことにします。というのも、やっぱり書いていてえらそうに思えるんですよね。もちろん文章のテンポや流れで「オレ」と書いた方がいいこともあるんですが、基本「私」にしたいなと。その方が読む方に対してもソフトだし、失礼がないとずっと思っていたんです。

 というわけで、本年もよろしくお願いします。

 

2009年初日の出

 

こちらは初富士です

 

 

 

 

 
2009年1月2日(金)
 正月休みで毎日ビリケンさま(2歳)の相手をしています。

 ただこの子、お昼寝をしないんですよ。朝起きてノンストップで遊び続け、夜9時まであくび一つしないんです。おかげで相手をする方は休憩ができなくて、けっこうぐったりですよ(苦笑)。しかも最近は自己主張がすごくて、イヤイヤも頻繁です。そのたびに泣いて怒ってと大変。聞きわけがないことも多いので、こっちも感情的に怒ってしまったりしてそのたびに自己嫌悪です。

 ハミコさんも歯磨きを断固拒否するビリケンさまに疲れ果てて泣き出す始末。するとうずくまったハミコさんにビリケンさまが近づき、「どーたー?(どうしたの?)」と声をかけ、頭をナデナデしていました。その優しさには感心なんですが、そうなった原因はアナタですからね(笑)。

 

2009年1月5日(月)
 どうも。初出勤初日から風邪を被り、悪寒が走っているアキラです。そんなに仕事、嫌だったのかな、ボクの体(苦笑)。

 昨日『サザエさん』を観ていたら、エンディングでアナゴさんの声優さんが、『プリズンブレイク』のあきらめの悪い極悪囚人・ティーバックの声優さんと同じことを発見し、そのギャップにひそかな笑みを漏らして「これはネタになるなあ。どう料理しようか」と悦に浸っていました。

 ところがその直後、『ものまねバトル』で芸人のHEY!たくちゃんがまさにそのネタを思いっきり披露していたのでビックリしました。自分が発見したと思っていたことが、1、2時間後にはネタとしてオンエアされているあまりのタイミングのよさに、違和感すら覚えて不思議な気持ちになってしまいましたよ(笑)。

 

アナゴさんってホントはワルだったんだなあ…

 

2009年1月8日(木)
 東京で働く人々にとって、雪というのは大変やっかいなものです。
亀田「あー、明日は雪みたいですよ」(ネットで天気予報をみながら)
   
オレ「マジで? 嫌だなあ…オレ、チェーンの巻き方とか忘れちまったよ」
   
天地「自分もさっぱりわからないっすよ。教習所でも習わなかったですから」
   
オレ「うそ!? あったよ、チェーン講習。なあ、兼子?」(と同意を求める)
   
兼子「いや、私もなかったですね」(キッパリ)
   
亀田「私もありませんでした」
   
オレ「あれれ? 何これ。いきなりの四面楚歌? 『アキラさんの時代とはカリキュラムが違うんですよ』とでもいいたげな、ジェネレーションギャップ・イジメ? 最近流行なの?」
   
亀田「何もそこまでいってないじゃないですか…」
   
オレ「わかった。キミらはブルーザー・ブロディが亡くなった後の世代なんだね。だからチェーンがないんだ」
   
亀田「益々わけがわからないことを言わないでください」
   
オレ「知らない? ブルーザー・ブロディ。チェーン持って吼えながら入場してきてさ。ハンセンとの超獣コンビ、強かったよなあ」
   
兼子「チェーンのつながりがかなり強引ですよね…」
   
オレ「なんだよ、みんなしてよってたかって! 後輩連中からこんなイジメを受けるなんて思わなかったよ、まったく」
   
亀田「別にイジめていませんが…」

 いろいろゴチャゴチャあったけど、要はチェーンの着け方がわからないんですよ。だから雪はいやなんです。

 

2009年1月10日(土)
 90年代くらいのヒット曲って、まだまだ古さを感じさせないと思うんですよね。

 でもよくよく考えると、1990年の曲ってもう19年も前になるんだよなあ。それって生まれたばかりの赤ん坊が成人目前くらいになる年月だけに、けっこうな時間の隔たりですよね。でも言うほど古さを感じさせないんですよ、私にとっては。例えば1990年のヒット曲といえば

・浪漫飛行(米米CLUB)
・壊れかけのRadio(徳永英明)
・働く男(ユニコーン)
・恋とマシンガン(フリッパーズ・ギター)

とまあ、他にもいろいろあるんですが、こんな感じです。確かに懐かしさはめちゃくちゃあるんですが、音楽的に古臭いかというと、そうでもないと思うんですよね〜。どれもこれも、今年新曲として発売しても問題ないレベルだと思うんです。

 ところが1990年を基準にして、同じ19年前、つまり1971年のヒット曲をあげてみると

・また逢う日まで(尾崎紀世彦)
・あの素晴らしい愛をもう一度(加藤和彦と北山修)
・わたしの城下町(小柳ルミ子)
・17才(南 沙織)

と、こんな感じですよ。これは浪漫飛行とかと比べると、明らかに古臭さを感じさせるよなあ。音楽的断層があると思うんですよ、実際。もしこれらを1990年に新曲発売したとしたら、ちょっと違和感がありすぎます。

 これら事例をみても、2009年→1990年(A期間としましょう)の方が、1990年→1971年(B期間とします)よりも明らかにレトロ感が少ないし、音楽的な差が少ない19年のような気がするんです。これはいったいなぜなんでしょうかね。

 思うにAの期間の方が、音楽機器の機能の差が少ないのではないかと。Bの期間は、アナログ→デジタルの変換期を挟んでいるので、明らかに断層がありますよね。あと時代背景も原因があるかと。Bは高度成長期からバブル崩壊までの、いわゆる右上がり世代ですよね。時代の上昇するスピードが速かったため、音楽的変革も大きく、早かったのかなあと。それにひきかえAの期間はバブル崩壊を挟んだ成熟期ですから、音楽的変革の流れも緩やかだったのかもしれません。それゆえ悪くいえば音楽的進化が少なかったともいえるでしょう。

 なんて考察をしてみましたが、こんなのはあくまで主観なんで、10代や20代前半の方にとってはA期間の曲も古臭く感じるかもしれませんね(笑)。

 

2009年1月15日(木)
 うちのビリケンさま(2歳)のコミュニケーション能力が、ずいぶんと高まってきました。

 おそらく我々親が話しかけていることは、ほとんど理解しているのではないかと思います。それに対して彼女なりの少ないボキャブラリーで返答をしてくれます。最近顕著なのが

・なんで?
・いやだ
・ごめんネ

あたりです。こちらが促す指示に対して疑問を持つことが多いです。好奇心も旺盛で

・これなあに?
・これだあれ?

といった疑問も多いです。目に入るものがすべて興味の対象みたいなので、可能な限り丁寧に答えてあげるようにしています。たまに私もしらないマンガのキャラの名前を質問されるときもあるのですが、そのときはテキトーにオリジナルの名前を教えてますが(苦笑)。

 さらにこんな言葉も。休みの日とかに一緒に遊んでいて、トイレに中座しようとすると「待て」と命令口調で呼び止められます。こんな命令口調で「待て」という人間を、キムタクくらいしか知らなかったので、なんかもうおかしさがこみ上げてしまい、苦笑しながらトイレに行ってます(笑)。

 

2009年1月16日(金)
 やはりね、心を鬼にしてでも相手を責めることが必要なときもあるんですよ。定時を過ぎたオフィスでのこと。
坂上「(PCドキュメントのプリントをクリックして)よし、印刷と…げっプリンタのトナーがない。頼んでおかないとなー
   
オレ「………………」
   
天地「………………」
   
兼子「………………」
   
亀田「………………」

重苦しい時間が流れましたが、誰一人ピクリとも反応しませんでした。彼(坂上くん)のためにも、心を鬼にした面々が必死で突っ込みを我慢した結果です。坂上くんよ、猛省を(笑)。

 

2009年1月25日(日)
 どうもご無沙汰をしております。

 いや〜、先週はインフルエンザをくらっちまって、もうボロボロでした(苦笑)。なんとかなるだろうと思って予防接種を受けていませんでしたからね。なんとかなりませんでしたが。とにかくハミコさんとビリケンさまにはうつさないようにと、隔離病棟のごとく一人さびしく別室で寝起きしておりました。おかげさまでなんとか蔓延は避けられたようですが。

 しかし今年のインフルエンザのはやり具合はすごいですね。会社でも複数名が軒並みダウンですよ。朝の会議じゃマスク率が5割(笑)。学校だったら確実に閉鎖だよってな感じで。

 ホント、皆さんも気をつけてくださいませ。

 

2009年1月28日(水)
 チマチマと『モンハン2ndG』をやっております。

 電車移動のときなどの、空いた時間を利用して少しずつ成長しています。まだレベル3の村長クエストをこなしている程度なんですけどね。アクション苦手だけど、なんとか食いついてますよ(苦笑)。

 やはり手軽にプレイできるのがいいですね。1クエストも30〜50分くらいで終わるから、止めどころも多いし。ポータブルゲームの利点がすごく助かります。寝る前にベッドで1クエストとかできるもんなあ。

 あまりのお手軽ぶりに、据え置きゲームの電源を入れるのすら億劫に感じそうで怖いです、ホント。

 

2009年1月31日(土)
 あと3日です。

 何が3日かというと、免許の点数がきれいになる日数です。実は昨年の2月3日に駐車違反のシールを貼られ、6点あるうちの5点を累計で消費。「あんたリーチですよ」という通知が警察様から送られてきて、車営業マンという大ハンデを背負いながらも、1年間死ぬ思いで虎の子の1点を守ってきたんですよ。まさに魚住がいうところの「シシューッ!」です(笑)。

 いやほんと、リーチがかかったときには「1年間も無違反なんて絶対無理」と半ばあきらめていたのですが、こまごまと駐車場に止め、一時停止を厳守し、ハンズフリーのイヤホンで電話をかけるといった対策と強運でなんとかここまでこぎつけました。

 とかいいながら、明日あさってに違反したりしてね(笑)。それはそれでネタになるなあと思ってしまう自分が嫌です。ホント、きれいなカラダになりたいっす。

  

過去の報告をみる

トップにもどる