オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

2008年4月1日(火)
 どうも。最近エイプリルフールのことを「四月バカ」というのは、いいかげんのび太だけなのでは?と、どうでもいいことをふと考えてしまったオレですが、皆さま、春を満喫されていますでしょうか(笑)?

 この間、営業周り中に小腹が空いたので、コンビニで歌舞伎揚げ系のせんべいを買って、ボリボリと間食をしていたんですね。ただその後も一件、お客を訪問する予定があったので、

「やべ〜な〜、せんべい臭プンプンしちゃうかな〜」

と、少し心配していたんですよ。でもいいや、なんて思ってお客のオフィスを開けると…その空間ではせんべい臭が漂い、お客さんもボリボリとせんべいを食っていました(笑)。期せずして己のせんべい臭をカムフラージュすることができた上、お客からは

「すいません、せんべい臭くて。アキラさんも一枚どうぞ」

な〜んて謝られた上におすそ分けされちゃったりして、なんかオレってついてるな、と感じた今年の春でした(笑)。

 

 

 

 

 
2008年4月3日(木)
 桜がきれいだね〜。

 都内は桜が多いので、今の季節は車を運転していても、見える景色が格別ですね。一年間で一番心躍る季節かもしれません。桜パワー恐るべし、です。何がそんなにいいのかな〜と原因を分析してみたんですが、よくわからない(笑)。本能的といったらそれまでなんだけど、とにかく目を奪われるというか、ニコニコしてしまいますよ。

 それだけに、桜が散る時期はなんともせつないものがありますね。じょじょに薄紅色の割合が減っていき、緑を含んだ葉桜の率が多くなると、なんかがっかりというか。いってしまえば汚く見えるというか。綺麗な時期との比較がそうさせるんでしょうけど。せめて1月くらい、ゆっくりと咲いていてほしいものです。まあ散り際が潔いからこその桜なんでしょうけど。

 そして毎年ながら、カメラのシャッターを押したくなるってもんで。普段の街並みでシャッターを押したくなるのは、ダントツでこの時期ですね。まさに桜パワーといったところでしょうかね。

 

播磨坂です

 

こちらは靖国神社近辺

 

2008年4月4日(金)
 やっぱスーパーカーには反応しちゃうね〜。

 世代的にそうなんだけどさ。今日も仕事で外回りをしていたら、真っ赤なフェラーリが止まっているじゃないですか。あんまりにも見事なフォルムなんで、持ち主にだまって(笑)パチリ。前・横・後と3面もとっちゃった。

   

正面から

 

横から

 

後ろから…と

 横幅が広くて左ハンドルなんで、どうしてもパーキングエリアからはみ出してしまうのがせつないです(苦笑)。撮っている最中に持ち主がもどってきたらどう取り繕おうと、ちょっといたずらっ子気分での撮影でしたよ(笑)。また、カッコいいんだけど、実際は荷物が乗らなくて不便そうだなあと、ファミリー視点が抜けないもう一人の自分もいたりして。ちなみにハミコさんには

「そんなゴキブリみたいな車は嫌だ」

と一刀両断されました(笑)。幼き日の憧れは、彼女にとってはゴキブリとイコールだったみたいです(苦笑)。

 

2008年4月5日(土)
 どうも。最近流行の「青山テルマ」を、あのラップの男性の方だとつい最近まで勘違いしていたアキラです(笑)。よかった、人にいわなくて。あ、今いっちゃったか(笑)。

 さて、すべり込みでお花見をしてきました。地獄の年度末スケジュールも終わり、ようやく落ち着いてきたので家族3人で川の土手へ。散り際の桜でしたが、なんとか間に合いました。天気もよく、ポカポカ陽気だったので、ビリケンさま(1歳8ヶ月)も超ゴキゲンでしたよ。散りゆく桜吹雪を見ては「キャー」、土手を走り回っては「キャー」、たんぽぽを見つけては「キャー」と騒いでいたんですが、一番喜んでいたのは、鉄橋を渡る電車を見たときですね。電車がガタゴトと通るたびに「アア〜!?」と指差しですよ(笑)。こりゃ鉄子予備軍かな(笑)。今度鉄道博物館にでも連れて行ってあげるか。

 ごはんもたくさん食べました。最近は「おいちぃ」といえるようになったので、「おいちぃ、おいちぃ」の連発です。鼻水たらしながら(笑)。食後は土手の上り下りで運動です。これに付き合うのが疲れる(苦笑)。一度上ったあと下りて、再度トライですからね。パパもうぐったりです。

 

これもんの土手を

 

こんな感じで2往復(笑)

 まあ最近は忙しくてなかなか遊んであげられなかったんで、その分まとめて遊んだ感じです。親バカなんでしょうけど、わが子が喜んでいる姿をみると心底嬉しくなりますなあ。

特別ドラマ 〜ビリケン&ハミコ 涙の別れ〜

ビリケン「もう…終わりにしないか、オレたち」
ハミコ 「そんな!」
 
ビリケン「さらばだ」
ハミコ 「イヤよ!!行かないで!行かないで!」
 
ハミコ 「こうなったら実力行使だ!よいしょ」
ビリケン「うわ〜っ!人さらいだ〜〜っ!!」

おしまい

 

2008年4月6日(日)
 早起き生活です。

 昨日も今日も、朝5時起きです。でもこっちのほうが、時間を有効に使える気がしますね。というか、個人的には確信に近いです。午前中に買い物やら散歩やらを済ませ、昼飯をくって午後はゆっくり。夕方に風呂に入れば、あとは晩飯をくって寝るだけ。ラクチンです。

 とくに夕方の風呂は気分いいっす。出た後に見る夕暮れがまた風流で。充実した休日を過ごした感じがしますよ。これからもこのライフスタイルで行きたいと思いますね。

 

2008年4月9日(水)
 みなさんも風邪には注意してください。会社でエレベーターを待っていたときのこと。後ろにいた兼子くん(仮名:男性)が咳をしています。
兼子「ゴホ、ゴホ」
   
「風邪?」(期せずハモる)
   
オレ「…なんかハモっちゃったね、仁藤ちゃん」
   
仁藤「そうですね」
   
兼子「いや〜、二人して私の容体を気にしてくれるなんて、すいませんね」
   
オレ「いや…オレは純粋にキミの容体を心配した『風邪?』だったけど、仁藤ちゃんは違ったな」(イジメ開始)
   
仁藤「なんですか、ソレ」
   
オレ「仁藤ちゃんのはどっちかというと、『私にうつるじゃないの、まったく』的な『風邪?』だったよ」
   
仁藤「ひどい! そんなことないですよお〜!」
   
兼子「そうか〜、仁藤ちゃんはそんな風に思ってたんだ…」
   
仁藤「違いますよ、違いますよ!」(必死)
   
オレ「い〜や、そういうオーラがプンプンしてたよ」
   
仁藤「してません!」

とんだ濡れ衣の仁藤さんでした(笑)。

 

2008年4月13日(日)
 ちょいとハミコさんが体調を崩しまして。

 床に伏せているので、昨日から家事とビリケンさま(1歳8ヶ月)の面倒をみております。やってみて思うんだけど、主婦の仕事も楽じゃないなと。チビスケを抱えながらの家事はけっこう大変です。これを毎日こなしているハミコさんは本当にえらいなあと、あらためて感心したしだいです。

 もちろん会社勤めを毎日しているオレだって大変なんだけど、お互いの大変さを認め合い、助け合うことが、家族が円滑・円満に暮らしていける要素なんだなあと、再確認しましたヨ。

 さーて、今日のご飯は何にしようかな?

 

2008年4月18日(金)
 今日、仕事で飲食関係のお客さんへ納品にいったんですね。納品搬入口から荷物を運んだんですけど、まあ表口というよりは、裏口を使ってせっせと荷降ろししたわけで。すると調理場の裏の通路に、オムライスやらドライカレーやら4、5点のうまそうな料理が台車の上においてあったんです。いいなあ、食いたいなあなんて思いつつ通り過ぎ、その先の部屋へ納品をしていたんですけど、何度通り過ぎてもそこにそのまま料理が置いてあるんです。

 てっきりお客さんに出すものかと思っていたんですが、あまりにも運ばれる気配がないので、従業員のまかないかと思ったんです。だから無造作に置いてあるのだと。それでもその場所から動かないので、正直つまみ食いできるじゃん、なんて悪い考えもでてきたりして(笑)。いやホント、誰も見てないからひょいぱく、ってなカンジで食べるのも可能だぞって。

 まあ実際にそんなことはしないけど、ちょっと興味がでて、もう少し近くに寄ってその料理を見ると…それはすべて食品サンプルでした。そりゃ誰も食わないわな(笑)。

 

2008年4月19日(土)
 仕事を円滑にすすめる上で、社内でウィットにとんだ小話をすることも一つの手です。笑える環境で楽しく仕事、したいですよね。オレが出先から事務所に電話したときのこと。
兼子「(RRRR・・・・電話の音)はい、○○株式会社です」
   
オレ「アキラです。お? 兼子? お疲れさん」
   
兼子「お疲れさまです。どうしたんですか?」
   
オレ「あのさ、オレ今日は出先から直帰するからさ、PCの電源切っといてくれない?」
   
兼子「あ、わかりました…以上ですか?」
   
オレ「そうだよ…なんか物足りなさそうだな。不服?」
   
兼子「いや、他に何かあるのかなあと思って」
   
オレ「ないよ。それとも何か? オレにちょいとした小話でも期待してた?」
   
兼子「ああ、そうですね。一つ盛り上げてくださいよ」
   
オレ「嫌だね。何でもかんでもオレに頼るなよ。隣にいる“爆笑マシーン”小倉にでも話してもらいな」
   
兼子「ははは。でもあいつの話っていつもオチがないじゃないですか」
   
オレ「そうなんだよな。ホントにオチがないもんな。まさに“小倉くんのすべっちゃう話”だよな」
   
兼子「わははは。それおもしろいです」
   
小倉「(電話口の向こうの方からボソッと)…あの…電話でおおっぴらに人の悪口いわないでくれます?」

『小倉くんのすべっちゃう話』DVD、ある意味欲しい(笑)。

 

2008年4月24日(木)
 雨が降ると、途端にうんざりしますよね。
天地「うわ〜降ってきましたよ。けっこう本降りです」
   
オレ「マジかよ〜。いやんなるな」
   
亀田「納品のときに雨降ると辛いですよね」
   
オレ「ホントだよ、まったく。せめてオレが寝ているときだけ降ってくれないかなあ」(無茶)
   
亀田「アキラさん、『せめて』って使い方間違ってます。言ってること超わがままですよ」
   
オレ「そう? まあ確かに希望通りにいくと、オレが寝ている時間帯が活動の中心の人は、いっつも雨になっちゃうもんな。じゃあ少し謙虚に『オレが室内にいるときだけ降って欲しい』でどう?」
   
亀田「まったく謙虚になってませんが」
   
オレ「そんなことないよ! 雨の降る時間帯の自由度、上がってるじゃん。じゃあ『オレが移動しているときだけ降らないで欲しい』でどう?」
   
亀田「同じことです」(ピシャリ)
   
オレ「…あいかわらず手厳しいね。ホレボレしちゃうよ」
   
亀田「いや、普通ですけど」
   
天地「…自分、納品時だけ降らなければいいっす」
   
オレ「…突然横から大人の意見出さないでくれる? まるでオレが子どもみたいじゃん」
   
天地「い、いや、そういうわけでは…」
   
亀田「どっちもわがままです」
   
オレ「手厳しいねえ」

正論の亀田節、いまだ健在でした。

 

2008年4月26日(土)
 はじまりました、GW。今年は28日に有休をとり、前期4連休、後期4連休の形にしました。ハミコさん、ビリケンさまと3人で、楽しく遊びたいと思っております。

 さて、波乱含みの聖火リレーですが、ホントうんざりですね。国際的なイベント、それもスポーツという政治を抜きにしたイベントに便乗して、政治的な主張を暴力を交えて行おうという輩が美しくないです。なんか悪い方向にナショナリズムが噴出しているというか。

 もちろんオリンピックというイベントが政治を抜きにして語れるわけはないとわかってはいますが、それにしてもスマートじゃないです。あれじゃあ聖火リレーなんてやる意味ないと思うんですけどね。沿道から見えないんじゃつまらないでしょう。ランナーがよく辞退しなかったなあと(善光寺は辞退したけど)不思議に思いますよ、ホント。

 

2008年4月27日(日)
 連休2日目。

 今日は早起きをして、まずは風呂掃除をしました。素っ裸で(笑)。タイルの目地についたカビをきれいにしましたよ。汚れが落ちていく様を見るのは気持ちがいいですな。2時間もかけちゃったよ(笑)。

 そしてみんなで朝食をとり、公園へ散歩です。ブランコにすべり台と、ビリケンさま(1歳9ヶ月)もゴキゲンで遊んでました。お昼までたっぷりと遊んで、午後は昼寝。夕方からは、珍しく外食をしに行きました。近所のファミレスだけどね。でもいろいろ注文しちゃって、食うわ食うわ(笑)。おなか一杯になったら、夕暮れの川原を通ってのんびりと帰宅しました。そしてキレイなったお風呂に入って、ビリケンさまは夢の中へ。

 思いっきり小市民だけど、これ以上ないくらいの小さな幸せを感じた休日でした。楽しいなあ。

 

2008年4月30日(水)
 あっという間に4月も終わりです。

 それに伴って、明日からガソリン暫定税が復活ですか。なんか下手に1月だけ値段が下がり、市場を混乱させただけしたね。スタンドが一番わりを食った形で。まあ4月初期の赤字を、今回の値上げで補填するしかないんでしょうけど。

 ま〜、しかし政府は増税がしたくてしたくて仕方ないんですな。一国民からすれば、まずすべての無駄遣いや利権を排除してからの話なんじゃない? って思うんですけどね。どうしても政治家のセンセイたちは、この既得権益を排除することはできないようで。まあ自身の次の選挙の当落に直結しているから当たり前なんだけど。じゃあ民主党が政権を握ったからといって、そういった既得権益の切り崩しできるのかい?と問いかけると、なんとも怪しいし。

 そう考えるとさ、やはり選挙の当落を気にしながら政治をしているからいけないんでしょ。おらが町を発展させるために金を搾り取ってくるぞ、という、昔ながらの政治方針はもうやめなければならない時代に来ているのかもしれません。日本国という全体で物事をみて、限られた予算をどう効率よく使うか、そういった時代に来たのかも。だから自分住んでいる自治体だけが発展すればいいといった考えは、国民自身、捨てなければいけないのかもしれませんね。

  

過去の報告をみる

トップにもどる