オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

2007年2月3日(土)
 会社勤めをしていると、ありえないことがよくおこるもんです。会社の先輩の矢部さん(仮名:男性)が、あるお得意先で衝撃のシーンを目にしたらしいですよ。
オレ「…う〜ん、おかしいなあ…」
   
矢部「…どうした?」
   
オレ「いや、これから納品に行きたいんですけど、手押し台車が一台もないんですよ。まいったな…というか、最近台車の数明らかに減ってません?」
   
矢部「そうなんだよ。減ってるんだよ。おかしいだろ? でも原因はわかってるんだよ」
   
オレ「え? なんでですか?」
   
矢部「いいか、聞いて驚くなよ。このあいだA社に納品にいったんだよ。その時も台車がなくて、仕方なくA社の台車を借りることにしたわけさ」
   
オレ「ああ、ありますね、そういうことって」
   
矢部「でな、『じゃあこれ使ってください』ってA社の担当が持ってきた台車をよく見るとさ…隅っこにウチの会社の名前が書いてあるんだよ。あれっ、なんだよこれ、うちの台車じゃんって」
   
オレ「…それはビックリですね。おそらく誰かがA社に納品に行って、そのまま忘れてきたんでしょうね…そうかあ、そのパターンで減ってるんだなあ」
   
矢部「A社の人も、完全に自分のトコの台車だと思ってるみたいだからさ、今さら『それ…うちの台車なんですけど…」っていえなかったよ」

そらもう、衝撃だったらしいですよ(笑)。

 

 

 

 

 
2007年2月7日(水)
 明日2月8日はオレの誕生日です。今さら祝ってもらおうなんて年でもないんですが、職場の後輩の小倉くん(仮名:男性)にちょっとアピールしてみました。
オレ「…小倉さあ」
   
小倉「はい?」
   
オレ「実はオレ…明日誕生日なんだよね」
   
小倉「それはおめでとうございます」
   
オレ「よせよ、今さらおめでとうだなんて…ところで任天堂のWiiはおもしろそうだよね。持ってないんだけどさ」
   
小倉「ボクも持ってないですよ…なぜ突然Wiiの話を…?」
   
オレ「いや別に。独り言。オレ明日誕生日なんだよね〜」(反復!?
   
小倉「いや、さっき聞きましたけど…」
   
オレ「任天堂のWiiっておもしろそうじゃない? 家にあるといいよねえ。楽しそうで」(反復!?
   
小倉「………あの………誕生日プレゼントに欲しいとか、そういう話題ですか…?」(汗)
   
オレ「何いってんだよ。そんなんじゃないよ。でもWiiって25,000円なんだってさ。けっこう手頃だよね」(
   
小倉「25,000円ですか、じゃあダメだ。ボクの1ヶ月の小遣い、7割もなくなっちゃいますもん」(必死のブロック)
   
オレ「マジ!? キミそんなに小遣いあるの? 25,000円で7割って…36000円くらいもらってんの?」(コンピューター全開)
   
小倉「え、ええ、まあ」
   
オレ「すげえなあ、オレなんて昼飯代込みで10,000円だよ? …ってことはさ、一ヶ月間だけオレと同じような昼飯にすれば、26,000円浮くってことじゃん! これで買えるね、Wii」(怒涛の計算)
   
小倉「ちょっとちょっと。何か話がアキラさんの都合のいいように、強引に捻じ曲がってるように感じるんですけど」
   
オレ「いや、ただの数学だよ」
   
小倉「いや、計算自体は算数レベルです」

欲しいなあ、Wii。やる暇ないけど(笑)。

 

2007年2月11日(日)
 いや〜、更新頻度が如実に低くなっており、少々焦り気味のアキラですが、皆さんいかがお過ごしでしょうか(汗)。

 地獄の年度末進行で朝は始発だわ、夜は終電だわで、なかなか時間が割けず、せっかく訪問していただいた方には申し訳ない日々が続いております。ええ、泣き言です(苦笑)。

 そんな中でもビリケンさま(6ヶ月半)はすくすくと育っております。ただ髪の毛がまだまだ不揃いの林檎たちといった感じで、なぜか後頭部にブーメランが…。戦隊ヒーロー物でいうところの「ミドレンジャー」状態ですよ(笑)。

 

ビリケンさま

 

ミドレンジャー

なんか見事な断層が形成されていて、先行きが不安なんですが(笑)。

 

2007年2月12日(月)
 久しぶりに銭湯に行ってきました。

 やはり雰囲気がよくてね。とてもリラックスできますよ。今日行った銭湯は待合室がけっこう広くて、イスに腰掛けてテレビを観たり、雑誌を読んだり、ジュースをグビグビ飲めたりするんですね。風呂上りのこんなのほほんとした時間がたまらなく好きでね。傍らに積んであった『こち亀』のコミックス第99巻にふらふらと手を伸ばし、ついつい読みふけってしまうのも、いたしかたないってなもんで(笑)。

 しかし巻末の紹介文を読むと、何かおかしい。その文章の中に「『こち亀』第88巻の紹介文を頼まれた…」と書いてあるんです。おいおい、これは99巻だぞ? めっちゃ間違ってるやんけ! こんな大きなミスを集英社がするなんて…とあ然としていたら、実はカバーが99巻で、中身は88巻であったことが判明しました。

 …って紛らわしいよ、○○湯!!

 

2007年2月13日(火)
 最近多いよね。

 番組の終了間際にも「このあと、○○が銀座でブチギレ」みたいな、いかにもまだまだコーナーが続く雰囲気のテロップとVTRが一瞬でるパターン。でもCMが明けると大概が来週の予告なわけで。まあ、番組が続行するような雰囲気で視聴者をだまして、チャンネルを変えさせないようにする手だとは思うんだけどね。

 でも正直、うちら視聴者もいい加減うんざりしてるんだよね、この手には。そんなテロップ流されても、時計をみて尺を予測すれば「ど〜せ次週の話だろ」ってわかるもん。つーかその度に突っ込んでるよね。なんかもう、そこまでして数字が取りたいのかっていう手法に、浅ましさすら感じるというか。

 あんまりいい印象はないんで、正直に「CM明けは次週予告」とテロップ入れてくださいよ。その方がずっと健全だよ。

 

2007年2月15日(木)
 今クールのドラマはなかなか粒ぞろいで、それぞれ楽しんでいるのですが、一番のお気に入りは『拝啓 父上様』ですかね。

 倉本聡脚本の、神楽坂の料亭を舞台に様々な人間模様を描いた作品なんですが、しんみりと楽しいんです。派手に抱腹絶倒を狙ったものでもなく、衝撃的なネタを扱ったものでもなく、フィクション性の高いものでもなく、どちらかというと地味な色のドラマなんですが、根本がコメディーなので、自然とニコニコしてしまうような穏やかな楽しさにハマってしまうわけです。それでいてホロリとさせるようなシーンもあり、絶妙なバランスにうならずにはいられません。二宮くんの素朴な演技、八千草薫のかわいらしさなど、キャストの魅力も存分に発揮されています。エンディングの森山良子の歌も、ついつい鼻歌で歌ってしまいますね。

 これは最近とんと見なくなった、いわゆる「ホームドラマ」なんでしょうね。昭和の香りがたちこめるその穏やかな作風に、非情に好感を感じているのですよ(笑)。

 

2007年2月18日(日)
 なかなか髪の毛がもっさりと生えてこないビリケンさま(6ヶ月半)でしたが、徐々にボリュームがでてきたようです。まあ後頭部にミドレンジャーの断層はありますが(笑)。

 というわけで、スヤスヤと気持ちよく寝ていたビリケンさまにちょっとしたいたずらを。こないだ買ってきた、PREXCEEDのワイヤーハードワックスをチョコチョコと頭頂部に塗って、整髪。その結果…見事にはなわができました(笑)。

 …すみません、すぐにお風呂にいれてきます。S・A・G・Aサガ!

 

2007年2月22日(木)
 人を使うというのは、意外と難しいものです。職場の後輩の兼子くん(仮名:男性)もそんな立場になったみたいですよ。
兼子「う〜ん…困った…」
   
オレ「…どうした?」
   
兼子「いや、ちょっと仕事がかさんで…さばききれるかどうか…」
   
オレ「ある程度、浜田にふれよ。キミの部下なんだからさ」
   
兼子「まあそうなんですが…彼もまだ経験浅いし…」
   
オレ「いいんだよ、別に。まずは何でも経験させなくちゃ。キミは主任だろ? さしずめ英語でいうところのチーフなんだよ、チーフ。わかる? チーフが部下に仕事をふらないでどうするのさ」(上司の威厳あるアドバイス)
   
小倉「…アキラさん、そこでなぜ英語がでてくるんですかね…?」(おそるおそるのツッコミ)
   
オレ「ん? だってなんかカッコイイだろ。チーフの方が主任より」
   
小倉「じゃあ平社員のボクはなんていうんですかね?」
   
オレ「そうだな…キミの場合はさしずめ…フラットだな」(
   
小倉「フ、フラット!? フラットですか??」
   
オレ「そうだよ。キミは平(ひら)、つまり『たいら』なんだからフラット」(自信たっぷり)
   
兼子「わははは、それおもしろい」(意外に好評価)
   
オレ「そう? おもしろかった? じゃあこれから小倉のことは『小倉フラット」って呼ばなきゃダメね」
   
小倉「お、小倉フラットですか?」
   
オレ「そうだよ、兼子チーフ、小倉フラットだよ。『小倉フラットは、ふらっと営業に出ました』なんてな。わはははは」
   
小倉「…はあ…」

意外とウケたことに気を良くして、仕事の話はどっかに飛んでいきましたとさ(笑)。

 

2007年2月24日(土)
 TBS『花より男子』。

 個性豊かなイケメン4人組がホレたハレたとなかなかに楽しいのですが、個人的には花沢類(はなざわるい)役の小栗旬の一人勝ち状態なのではと密かに思っています。主役はあくまでオレ様キャラの松本潤なのですが、小栗くんの存在感の方がそれを食っちゃってるというか、その飄々としたキャラを見事にモノにしているというか。イメージカラー(なのかな?)の白を基調としたファッションも一人だけ別格扱いじみているし、何よりも一番身長があるのでとてもスタイリッシュに見えます。

 「戦隊ヒーロー物はレッドよりもブルーの方が人気があるの法則」にしっかりとのっていると感じるのは、はたしてオレだけでしょうか(戦隊物じゃないけどさ)。

 

2007年2月25日(日)
 すこし早いですが、ビリケンさま(7ヶ月)の初節句をしました。

 お雛様はハミコさんからのお下がりです。とはいえ、なかなか立派な三段雛でビックリです。オレは男兄弟だったので、この「ひな祭り」という節句にはとんと縁がなく、実は今回が初体験に近かったわけで。

 ビリケンさま本人は何やらよくわからないようですが、とりあえず真ん中に座ってパチリと写真を撮るとご満悦の表情でした。ちょっと寒かったけど、天気もよくてよい休日でした。

 

2007年2月27日(火)
 個人情報の流出が止まりませんね。世の中には悪いやつらがたくさんいるもんです。会社の後輩の小倉くん(仮名:男性)も、最近の社会情勢に敏感に反応したみたいですよ。
小倉「…ジャッ○スカード会員の個人情報流出か…最近多いですねえ、こういうの」
   
オレ「そうだなあ。最近は個人情報の収集のためだけに、契約社員として会社に潜り込んで、データを盗むような集団もいるらしいからな。手に負えないよな」
   
小倉「それってスパイじゃないですか。うわ〜、そんな手の込んだことまでやるんですねえ」
   
オレ「そうなんだよ…そんな社内の不審人物を突き止めるのが、今回のお前の特命だ!」(梅宮辰夫!?
   
小倉「特命? 特命ですか!? なぜそこで『特命係長』が…つーかボクはそんなキレ者じゃないですよ。どっちかっていうとこう、のほほんとした…あ、でも特命係長も普段はのほほんとしてるっけ…ってことは…」
   
オレ「…なに、結局は『オレって実はなんだかんだいって特命係長と共通点あるじゃん』って自慢したいわけ?」
   
小倉「そ、そんなことないですよ」
   
オレ「うそつけ。『実はオレ、高橋克典っぽいじゃん』って思ったんじゃないの?」
   
小倉「そんなことないですって! だいたいボクは係長じゃないですもん」
   
オレ「そうだったよな。キミは小倉フラットだったもんな」
   
小倉「…その話、まだ続いてたんですか…」

しかしなんで電王堂の管理職は、みんなヤ○ザとパイプをもってるんだろうと、ふと疑問に思う今日このごろです(笑)。

  

過去の報告をみる

トップにもどる