オレ流近況報告

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

2007年1月3日(水)
 みなさま、明けましておめでとうございますです。今年もおもしろおかしく過ごせたらいいなあと淡い期待を抱いております(笑)。さて、今日は年末年始にかけて思った雑感をつらつらと羅列したいと思います。

その1:K−1Dynamite!!

 年末恒例のPRIDE男祭りがフジテレビと喧嘩別れしてしまったので、TBSのこちらを観るしか選択肢がなかったわけですけども。5時間の大枠をとったわりには過去の試合をノーカットで延々と流されてしまい、はじめの1時間で少々うんざりしてしまいました。

 それを乗り越えて観戦しましたが、まあ第一声は“桜庭落日”でしょうか。もうね、限界ですよ。最近の彼のイメージは、競技的に進化した打撃をかいくぐれず、低空タックルをつぶされてボコボコに顔面を殴られ、それでもまだ逆転の隙を狙っているから試合をストップするなよ〜みたいなオーラを醸し出しつつ殴られ続け、レフリーもストップしてよいやらわからず、リングサイドの前田が「なんで止めないんや!」と激怒し、やっと試合を止めたら「まだできた!」ってレフリーに抗議するって感じです。

 オレは桜庭が好きなので、それだけにこんな場面は見たくないんですよ。もう彼は総合格闘技界において十分な実績を残したと思うので、ここは潔く引退した方がいいのではないかと。その方が美しいと思うんですよね。逆に相手の秋山は素晴らしい総合格闘家に成長しましたね。組み技出身なのに、打撃のセンスがものすごくいい。近年の総合格闘技は打撃がかなり重要視されているので、今後も活躍していけると思いますね。できるならばシウバとやってほしいなあ。

 一番おもしろかったのは、やはり所英男の試合ですね。彼の試合はスタンドでもグラウンドでも常に動いているので、観客を飽きさせませんし。しかも老いたとはいえ、あのホイラーグレイシーからマウントやサイドポジションを奪っていましたからね。まったくもって素晴らしいですよ。

 え〜曙は…もう年末の風物詩になってしまった感がありますね(苦笑)。触れないでおきましょうか。

その2:民主党のCM

 …これは…なんとも…すごいね(苦笑)。荒ぶる海原の中、船を進める小沢船長と菅、鳩山乗組員。舵をとっていた小沢船長が突風に吹き飛ばされて壁にぶつかると、その両脇を抱えるように菅さんと鳩山さんが助けに来るんですわ。ところがそれらの演技がなんとも…大根役者を超えて大根すぎるんだよねえ。もう少しどうにかならなかったもんですかね、演技(笑)。しかも小沢さんを助けて3人協力して立ち上がるシーンに、結束力が感じられないというか、なんか各々の間に見えない壁が存在しているように感じられるんですが。3人が混じり合っていないんですよ。それどころか仲悪そうに見えるし(苦笑)。まあ皆さんそれぞれ捕らえ方は違うとは思いますが、イメージアップにはつながってないような気がするなあ。

その3:ダイハツMiraのCM

 映画で親子役で競演したYOUと柳楽優弥がまたまた親子という設定で登場しとりますね。柳楽くんはさすが10代だけあって成長著しいなあと思いながら観ていたら、どうも被るんですよ。柳楽優弥と…今井翼が! 柳楽くんが役者として一目置かれていることを考えると、翼は芸能界でのポジションがなくなってしまうぞ! そのうち「柳楽優弥って今井翼に似てるよね〜」から「今井翼って柳楽優弥に似てるよね〜」って主客転倒しちゃうぞ、ウカウカしてたらさあ! と思いました。

その4:箱根駅伝

 毎年の恒例行事ですが、番組を何気なく観ていてびっくりしたのが、駅伝出場校である東海大学のCMが流れていたことです。これって…どうなの? 出場校の一部がスポンサーになるのってなんか公平性においてよろしくないのではって気がするんだけど。まあ東海大学がスポンサーになることによって、東海大学が有利になるようなジャッジがあるわけではないと思うけど、局側が気をつかって東海大学の選手を優先的にTVに映そうなんてこともあるんじゃないの? って気がするわけです。そんな想像を起こさせないためにも、一部の大学をスポンサーにするのは止めたほうがいいんじゃないのかなあ、なんて感じました。

 とまあ、年明け早々文句ばかり書きましたが(笑)、今年もどうか御ひいきにお願いしますよ。

 

 

 

 

 
2007年1月4日(木)
 毎年のごとく、実家に帰省しました。今年はビリケンさまを伴っての凱旋です。じいさん、ばあさんも久々のご対面となりました。
親父「おお〜よく来た。大きくなったなあ〜」(と孫に目を細める爺さん)
   
オクサマ「もう7kgくらいありますよ…あ、ダメダメそれかじったら汚いよ」(とおもちゃをかじりだすビリケンさま)
   
オレ「最近はなんでも口に入れるからなあ。目が離せないよ」
   
親父「なにエラそうなこといってんだ。お前だってほら、小さいときにいろいろかじってたぞ。何だったかな…え〜と…」(息子の過去暴露攻撃)
   
オレ「あれだろ。たしか数学と物理をかじってたんだよ」(攻撃封鎖)
   
親父「何いってんだよ。たしか…」(攻撃続行)
   
オレ「たしかあと乗馬をかじってたよ、うん」(さらに封鎖)
   
オクサマ「…あの…もう座っていいかな」

年明けから親子バトル勃発ですよ(笑)。

 

2007年1月6日(土)
 毎度のごとく、親バカ日誌です。うちのビリケンさまが寝返りをうてるようになったので写真をとりました。そうしたら偶然にもおもしろいポーズが撮れたので掲載します。
「犯人は…おまえだっ!!」

どうです、このポーズ。このパターンでいろいろできそうですね。

「すべてお見通しなんだよっ!!」
   
「朝ズバッ!!」

親バカはこのくらいにしときます(笑)。

 

2007年1月9日(火)
 ビリケンさま(5ヶ月)が、イナイイナイバアを楽しむようになってきました。

 ついつい笑う顔みたさでこっちもがんばっちゃうんだけどね。こう両手で顔面を隠して「イナイイナイバア!」ってパッと顔をだすわけさ。でも調子にのってやってると、顔を出したときにはそっぽ向かれてたりしてね、うん、あれは虚しいね(苦笑)。

 しかもそんなときに限って相当気合入れて変な顔したときなんだよね。一瞬時が止まった気がするよ、うん。スタープラチナ・ザ・ワールド(笑)!

 

2007年1月13日(土)
 正月の三が日で噂の『プリズンブレイク』を一挙放送していたので、ためしに観てみました。

 ただ放送時間が夜中の1時〜4時くらいで、リアルタイムで観るにはちと酔狂すぎるため、ビデオに録って今日まで少しずつ観ていたんですよ。さすがに話題となっているドラマだけあって、グイグイと引き込まれますね。

 内容はタイトルそのまま「脱獄」です。一ヵ月後の死刑執行が迫った無実の兄を助けだすために、IQ200の弟がわざと罪を犯して同じ刑務所に収監され、脱獄計画を実行していくというジェットコースター系のスリル溢れるドラマなんですわ。刑務所の脱出図面を刺青として体に入れて入所するなど、なかなか発想がおもしろいですよね。

 で、天才主人公の完璧と思われる脱獄計画も、様々な事態の変化で何度もピンチになるんですよ。まあそうじゃないとドラマにならないので当たり前なんですが。ただいちいち主人公および仲間に試練が与えられるので、それをどう解決していきつじつまを合わせるか、元の計画に戻すかというのが観ていてハラハラしてきます。この辺りの問題噴出と解決を矛盾なく美しくまとめることこそ、脚本家の醍醐味ではあるんでしょうけど、あまりにも問題が起きるので、それに対する解決策を用意するのも大変だろうなあと思ってしまいます。しんどい作業だと思いますよ(笑)。勢いだけでピンチの場面をつくっておいて、それに対する解決策に悩んでいるフニャコフニャ夫(fromドラえもん)みたいになったらどうすんでしょうか(笑)。ある種自分自身に試練を与えている脚本家って、ひょっとしたらMなのかもしれませんね。

 その他、一癖もふたくせもある囚人とのやりとり、賄賂大好きな極悪看守のえぐい攻撃、背後にある大物の陰謀など、まあ盛りだくさんです。一話でも見逃したら、話がすっかりわからなくなるんじゃないでしょうか。でも今回は全11話一挙放送ですからね。すべてビデオに摂ったのでその心配はありません…と思ったのですが、どうやら11話で最終回じゃないんですね。なんだよ、一挙放送っていうから完結するかと思って観てたのに。で、次の放送日は…1月11日(木)の26時から…っておわってんじゃん! なんだよ、いきなり見逃したよ、12話(笑)!!

 

2007年1月14日(日)
 仕事で帰りが深夜になったりするとさ、オクサマと子どもが先に寝てることもあるんですね。で、テーブルには夕食とメモが置いてあったりするわけです。

「お仕事お疲れ様。チンして食べてね。いつもありがとう」

なんてさ、ちょっとホロリとさせられたりして(笑)。家族っていいなあなんて思うわけです。ただこういったメモって処分の仕方に悩むんですよ。行間に愛情がこもってるし、なんかポイって捨てるのも忍びなくてさ。そのあたり、オクサマのハミコさんに聞いてみたんだけどね。

オレ「ああいうメモってなんか捨てづらいよね」
   
ハミコ「ああ、あたしの直筆だからあとでプレミアつくからでしょ?」
   
オレ「……………………」

そうじゃないんだ、そうじゃないんだよハミコさん(苦笑)!

 

2007年1月16日(火)
 Dynamite!!秋山クリーム塗布問題。

 いや〜年始から褒めたと思ったらこれだもんなあ。これが単なる秋山サイドのボーンヘッドなのか、確信犯なのかはわかりませんが、ちょっとイメージ悪いですね。桜庭の主張はホントだったのね。ゴメンネ桜庭。いいがかりとかいってさ。

 秋山のやったことはたしかにズルですが、そんなことに頼らなくてもやっていける技術があると思うんですけどね。一から出直して、ぜひ信頼回復に努めてほしいですね。

 

2007年1月20日(土)
 前から思ってたんだけど。

 新ドラマが始まる時期の同局バラエティ番組って、正直それらの番宣と化してますよね。ゲストがドラマの出演者で、最終的にはドラマ紹介の尺をもらうみたいな。これって視聴率をあげるための、とても合理的な手段だとは思うんですが、最近はその傾向が顕著すぎて若干辟易としますね。バラエティでドラマ出演者がでてくると、「あ〜番宣か〜」って少々しらけちゃうんですよ。なんか局側の必死さが逆にあざとく見えちゃってね。

 まあ役者さんの違った一面が見えることもあって、おもしろいことも多いんですが。でもどこか引っかかるんだよね〜(苦笑)。

 

2007年1月21日(日)
 どうも。最近になって要潤と黒木メイサの顔が実はソックリなのではないかという疑問をもつようになったアキラですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか(笑)。
 

要 潤

 

黒木メイサ

 ほら、似てない? 要潤が女装したらそのまんまだと思うんだけど…って別にムキになって訴えたいわけではないんですが。「ああ、そういえばそうかもね」って人がもしいたら、幸せな気持ちにちょっとなりますけどね(笑)。

 

2007年1月22日(月)
 そのまんま東、県知事選勝利。

 ちょっとびっくりだね。しかも圧勝だったらしいし。官制談合には県民の厳しい審判が下されたということですね。そんな中笑ったのは今日の朝刊の一面ですよ。“そのまんま東”“そのまんま東”“そのまんま東”のオンパレードですからね(笑)。一流一般紙の一面に“そのまんま”って…。名付け親のビートたけしも、まさか自分のつけた芸名が一面を乱舞するとは思わなかったでしょう。

 こうなったらもっともっとたけし軍団の名前を乱舞させてほしいですね。

・グレート義太夫氏、圧勝!
・玉袋筋太郎氏、衆院選勝利
・井出らっきょ氏、都知事選競り勝つ

みたいな。“らっきょ”が一面に踊ったら、ほんと笑うよなあ(笑)。

 

2007年1月25日(木)
 会社の新年度(2/1〜)にあわせて、事務所の席替えをするそうですよ。
オレ「(配置予定図を見ながら)う〜ん、なるべくなら部長から離れたところに行きたかったなあ…ちくしょう…」
   
亀田「ボクはどこですか?」
   
オレ「え〜っと亀田はねえ…ここだ。で、こことここのうちどっちかが天地と小倉。好きなほう選んでいいよ」
   
天地「じゃあ自分はこっちがいいです。向こうは出入口が近いから、落ち着かないっす」
   
オレ「そうだよな、交通量多いから、エロサイト見てたらすぐバレるもんな」
   
天地「み、見てないっすよ!」(汗)
   
小倉「…ボクも天地さんのところがいいんですけど…」
   
オレ「ありゃ。奪い合いになっちゃった…じゃあさ、何か二人で対決しなよ。で、勝ったほうが好きな席を選べばいいじゃん」
   
小倉「…例えば?」
   
オレ「第一戦が“ビーチフラッグでイエイ!”。第二戦が“二人三脚でZEIZEI”」
   
亀田「どっちも『キン肉マン』ネタじゃないですか。意味わかんないですよ」(といいつつ、出所がわかるほどキン肉マン好き)
   
オレ「そう? 盛り上がると思うんだけど。じゃあクイズは? 『キン肉マンクイズ』」
   
天地「だからなんでキン肉マンが関係あるんですか!」
   
オレ「ダメ? じゃあ…あるテーマでリポートを提出して、優れている方が勝ち」
   
小倉「…テーマは何ですか」
   
オレ「『キン肉マンにおける超人強度のインフレとその矛盾について』」
   
亀田「だからまったく意味がないです」(ピシャリ)
   
オレ「相変わらず亀田のツッコミは切れがいいねえ。でもキミなら書けるでしょ?」
   
亀田「…まあ書こうと思えば」(結局肉フリーク)

別にジャンケンでいいじゃん(笑)。

 

2007年1月27日(土)
 気持ち悪いね。

 停止したエスカレーターを上るのって、めちゃくちゃ気持ち悪くなりません? たまたまメンテナンス直前で停止したエスカレーターを、階段上るように上ったんだけど、あまりの違和感に上りきったときにはゲロ吐きそうになっちゃった。

 つまり頭の中に「エスカレーターは動くもので、その上を歩くとより早く上れる」ってもう完全にインプットされてんのね。だからいざ停止したエスカレーターの上を歩いても、既に刷り込まれた予測スピードがでないもんだから、上っても上っても進まない感覚に陥り、さらには逆走すらしてるんじゃないか(ちょうど下りのエスカレーターを上るような)というような錯覚が発生するんです。そんな錯覚によって違和感が生じ、平衡感覚が失われて“オエっ”てなちゃうんですよ(笑)。

 結局すごいのは人間の「思い込み」という能力ですよ。これってエスカレーターを経験したことのない人だったら気持ち悪くならないと思うもんなあ。

 

2007年1月31日(水)
 事務所のコピー機が、久方ぶりに新品に変わりました。コピー・プリンタ・FAX・スキャナがついた、いわゆる複合機というやつですね。これで書類のプリントも、コピー機からシュゴーっと出てきます。いままでのレーザープリンタと比べると、やはり優越感がありますね。お、下の階から仁藤さん(仮名:女性)が早速コピーをとりにやってきましたよ。
仁藤「(突然シュゴーっとプリントがでてきて)え〜? なになに? このコピー機プリンタにもなるんですか??」
   
オレ「あれ? 知らなかった? 今や常識よ?」(なぜか得意げ)
   
仁藤「へ〜なんかカッコイイですねえ〜」
   
オレ「だろ? …まあたいしたことじゃないよ」(さらに得意げ)
   
仁藤「…あの…なんでアキラさんが威張るんですかね? すごいのはこのコピー機であって…」
   
オレ「(意に介さず)スマートだろ? ホレるなよ」(さらにさらに得意げ)
   
仁藤「…あの…だからスマートなのはこのコピー機で…」
   
オレ「仁藤ちゃんもよかったら使ってもいいよ」
   
仁藤「…あの…アキラさんの許可がなくても…もともと共用なんで…」

虎の威を借りまくるオレでした。

  

過去の報告をみる

トップにもどる