オレ流近況報告 

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

2006年12月1日(金)
 いいかげんうんざりです。

 いやね、会社でのことなんですけど。いつものように営業に出ようとしたんですよ。颯爽と。そうしたらウチのボスが

「ちょっと待った。A社にこの書類を届けてほしいんだけど…あと5分待てるか?」

っていうんで、5分待ったんですね。で、その書類を受け取って工務に顔をだしたんですよ。工場にも寄るんで、何か届け物があるか聞いてみたんです。そしたら

「お! いいところに来た。あるある! でもちょっと5分待てるか? 用意しちゃうから」

とまた5分待たされたんです。またかよと思いつつ待ってブツをうけとり工場へ。そしたら工場でも

「あ、アキラ、今かかっている物件、外注先に持っていける? あと5分待ってくれればできるから。頼む!」

とまたまた5分待たされました。もう苦笑いしかでなくて、5分たってそれを受け取り指定の外注先へ届けにいくと、その外注先で

「アキラさんすいません、担当の者がちょっと席をはずしてまして…少ししたら戻ってくると思うんですけど、5分くらい待てますか?」

とトドメをさされてしまいました。もうね、ここまでくると誰かがシナリオを考えて、入念なリハーサルを行った上で実行したとしか思えないです(笑)。4人が4人とも5分だもんなあ。結局20分も待たされちゃったよ。

 

 

 

 

 
2006年12月2日(土)
 うちのハミコさん(オクサマ)には困ったもんです。

 ビリケンさま(4ヶ月)がアウアウいっているので、こんな話になったんです。

ビリケン「アウアウ〜ウ〜、アウ〜、ハ〜イ、アウ〜ハ〜イ〜」(イクラちゃんっぽく)
   
ハミコ「…ビリケンさまが何かいってるね。誰としゃべってるんだろ(笑)」
   
オレ「あれだよな、バウリンガルみたいなのがあったらわかるのにな…いや、すでに試している人いるよなバウリンガルで。うん、絶対いるよ。ハミコさんもそう思わない?」
   
ハミコ「う、うん。思う」(やや歯切れの悪い返答)
   
オレ「…? ちょっと待った。なんか挙動不審だな。ひょっとしてオレの話をちゃんと理解していないだろ。つーか…バウリンガルって何だかわかっていないだろ」
   
ハミコ「し、知ってるよ」
   
オレ「じゃあバウリンガルを簡潔に20文字以内で説明してみ」(厳しい追及)
   
ハミコ「あの〜、ほら、今ちょっと洗濯中で忙しいからさ。あとで」(
   
オレ「あからさまな誤魔化ししないでくれる? 正直に知ったかぶりしたと白状しなさい」
   
ハミコ「いや、今はいう時期じゃないから」(
   
オレ「キミも譲らないね…」

どうです、この徹底したディフェンス。いつもこうなんですよ(笑)。

 

2006年12月6日(水)
 会社の後輩の坂上くん(仮名:男性)は、スケベの度合いが中学生レベルです。今日オレがエレベーターに乗り込んで「閉」ボタンを押そうとしたときのことです。
坂上「あ〜〜〜〜っ!! ちょとちょと待って、アキラさん!」(と、エレベーターホールにこだまする叫び声)
   
オレ「なんだよ〜早くしろよ〜」(といって「開」ボタンを押す)
   
坂上「あ〜間に合った! ありがとうございます」
   
中迫「オメーのせいで10秒も損したよ。まったく」
   
オレ「そうだそうだ。何か誠意を見せろよな」
   
坂上「わかりましたよ。どんな誠意を見せればいいんですか?」
   
オレ「やっぱりこういう時はコレだよ」(といって、親指と人差し指で輪をつくる)
   
坂上「え〜〜? 金ですか? エレベーター待ってもらったくらいで?」
   
オレ「…違うよ、ちくわだよ」(軽いギャグ)
   
坂上「ちくわ? あ〜ビックリした。『ちくび』って聞こえちゃった」
   
オレ「キミって…相変わらずの中学生レベルだね…エレベーター内の気温が一瞬で下がったよ。ねえ、中迫さん」
   
中迫「ああ。確実に5℃
   
坂上「何それ〜? ひどい言い方だなあ」

ちくびって…アホだよなあ、いつもながら。

 

2006年12月8日(金)
 続きはWEBで。

 ブロードバンドの環境が整ってきた頃から増えてきましたねえ、この手のCM。当初はメディアをまたいだ新しい見せ方だなあと思っていたんですが、ここ最近のどいつもこいつも“続きはWEBで”現象にはどうにも納得がいきません。

 いやね、さらに詳しい情報を載せているメディアにいざなって、購買意欲を向上させようとしているのはわかるんですが、最近は「とりあえずWEBにつなげとけ」といったCM製作側の安易な考えが見えてイヤなんですね。CMのおもしろさっていうのは、あの限られた短い尺で、いかに効果的・効率的に商品の特徴を伝え、消費者の興味を喚起させるかに本質があると思うんです。あの尺の中にいかに美しく起承転結を入れるか。それが製作サイドの腕というか、テクニックだと思うんですが…「結」をWEBに任せちまえ、なんていう安易さが見えるんですよ。ある種手抜きに感じます。

 実際問題、みなさん続きをWEBで見てます? オレは一度も見たことがないんですけど。めんどくさくて(笑)。CMで興味を感じたら、自分でググッて見に行きますって。続き、とかいわれなくてもさあ。

 

2006年12月10日(日)
 これはちょっとカンベン願いたい。

 まあね、掲示板にエロ書き込みが絶えないことには諦めがついてるんだけどね。図上の@のようなやつはまだ許せるのね。パッと見ではよくわからないからさ。でもAのパターンは反則でしょう(苦笑)。ここにエロ画像やエロGIFアニメを入れられると、もうそれだけでエロ度が前面に出てしまって、途端に掲示板全体が俗っぽくなっちゃうんだよねえ。

 たしかにさあ、オレだってエロは嫌いじゃないけど、なんつーかこの節操のなさが美しくないんだよね。こんな地道な宣伝活動ってはたして効果あるんかいな?と、いつも思うわけです。

トップにもどる

2006年12月12日(火)
 宝くじの季節です。

 誰もが一度は考えるよね。「3億当たったらどう使おうか」シミュレーション(笑)。会社を起こす? それともマンション経営? 株に投資? まあ人それぞれだとは思うんですが、オレは断然「夢の隠居資金」ですね。これを元手にさらに儲けよう、などとは考えず、死ぬまでに少しずつ使っていく派です。ええ、ちっちゃい男ですよ。それが何か(笑)?

 できればね、四季折々の風物詩を堪能しながらのんびりと暮らしたいです。旅行もいいですね。日程を決めずに着の身着のまま。温泉地に一月湯治とかね。爺臭いけど(笑)。ただ寝巻きのままダラダラ過ごすような生活は嫌なんで、早起きして規則正しい生活は心がけると。月に一度くらいはちょっと贅沢な食事なんてしたりしてね。旬のものを多く摂るとか。そんでもってスポーツクラブで適度に運動しちゃうとか。

 まあね、そんなくらいのささやかな(贅沢か)もんなんだけど。でもね、いつも買わないんだ、宝くじ(ダメじゃん)。

 

2006年12月16日(土)
 営業車で移動中、ラジオからWaTの曲が聴こえてきました。
小倉「…人気ありますよね。あの2人」
   
オレ「…実はオレもWaTのメンバーなんだよね」(
   
小倉「は?? 何を突然いいだすんですか!? 意味わかんないですけど」
   
オレ「だから、オレもWaTの一員なんだよ。知らなかった?」
   
小倉「…随分と自信たっぷりにいいますね…でもボク、あの2人とアキラさんが一緒にテレビ出てるの見たことないですよ?」
   
オレ「ああ、オレは本職の方が忙しいからさ。ラジオ出演しかしてないんだよ」
   
小倉「ラジオでも聞いたことないっすよ!」
   
オレ「ああ、一言も喋らないから、オレ」
   
小倉「意味ないじゃないっすかソレ! 存在がわからないですよ!! だいたいWaTの意味は『entz(ウエンツ)nd eppei(徹平)』でしょ?」
   
オレ「違うよ。『entz(ウエンツ) kira(アキラ) eppei(徹平)』でWaTなんだよ」
   
小倉「akiraですか!? 『a』は『akira』なんですか!? でもなんでアキラさんだけ小文字なんですか?」
   
オレ「ん? 小文字だからオレだけ露出が控えめなんだよ」
   
小倉「…あの…正直、今思いついたんですよね?」
   
オレ「…まあね。おもしろくない?」
   
小倉「…というより、よくこの一瞬でここまでネタをつくれますよね…」
   
オレ「ありがとう」

 とうわけで、今年の紅白にもオレは出ませんので(笑)。

 

2006年12月19日(火)
 はやいもので、うちのビリケンさま(4ヶ月半)が寝返りを達成しました。

 寝返りはある種赤ちゃんにとって成長過程の関門みたいな気がするんですよね。赤ちゃんの日々の成長には驚かされるばかりですよ。まあうつ伏せになった後は何もできず、ジタバタして助けを求めるだけなんですがね(笑)。

ビリケン「まあそのうちハイハイもクリアしてみせますよ」

 どちらにせよ、行動範囲の広がったビリケンさまから、より目が離せなくなりました。つーかラーメンマンも作りました(笑)。

 

2006年12月20日(水)
 松坂のレッドソックス入団を見てふと思ったんですが。

 野球といい、サッカーといい、バスケといい、世界に進出するということは、そのジャンルのレベルが高い地域の組織でプレイをするということなんですね。野球ならアメリカのメジャーリーグだし、サッカーなら欧州リーグといった感じです。まあこれが日本における有能な選手の海外流出につながるわけですが、逆にいうと、あるジャンルの本場が日本であれば、日本でプレイすることが世界進出と同義になるということです。

 じゃあ日本が誇る、世界レベルのジャンルって何だ? と考えると…マンガとアニメしかパッと浮かんでこないんです。となると

「イタリアのマンガ家・ベラマッチャ氏、少年ジャンプで連載決定! メジャーデビュー!」

とか、

「アメリカのアニメーター・ジョンソン氏、ジブリ入り決定! 世界に進出!」

といったような記事が、日本でいうところの「松坂メジャー入り」とか「俊輔プレミア入り」といったニュアンスになるのかなあ? な〜んて思ったりしたんだけど、なんかイマイチ違うんだな(笑)。何が違うんだろ?

 

2006年12月23日(土)
 ふと思ったんだけどさ。

 携帯型プレーヤーで音楽を聴いていて、一緒にいた友達に「聴いてみる?」と片方のヘッドフォンを渡して聴かせてあげることってあると思うんですよ。これって自分の耳の穴から他人の耳の穴へ、物を入れ替える作業ですよね。でもこれが鼻の穴から鼻の穴へ物を入れ替える作業(あんまりそういった場面ってないけどさ)だとしたら、大半の人が拒否すると思うんです。

 これはつまり、同じ穴でも耳の穴より鼻の穴の方が汚いという評価をされているということです。もっと端的にいえば、耳クソよりも鼻クソの方が汚いということでしょう。でも同じクソなのに、なぜこんなにも評価に差があるのでしょうか。

 耳クソと鼻クソ、どちらが汚いものなのかは、科学的に調べればわかると思うのですが、そんな研究結果は聞いたことがないのでよくわかりません。となると、人はあくまでクソのイメージでランクをつけているのでしょうか。鼻クソの方がより液状で粘っこいから? でもネチャってした耳クソの人もいるよね? う〜ん、わかんないなあ。オレ? オレはやっぱ鼻クソの方が汚いイメージですね。ランク的には

ウンコ>鼻クソ>目クソ>耳クソ

といった感じかなあ。なんかすごくくだらない話になっちゃったな。クリスマス前だというのに(笑)。

トップにもどる

2006年12月25日(月)
 ささやかだけど、家族でクリスマスパーティを開きました。

 ビリケンさまは生まれて初めてのクリスマスです。キティちゃんのトンガリ帽子を無理やりかぶせられて、少々とまどっていました。ケンタッキーなんて買ってきちゃってね。なんか王道ってカンジで恥ずかしいですが。ケーキは写っていませんが、ブッシュドノエルを買ってきました。ヨーロッパではこちらが主流みたいですね。

 写真ではいかにもビリケンさまも食べたように見えますが、彼女はまだ離乳食すらはじまっていないので、おあずけです(笑)。オレとハミコさんでおいしくいただきました。こじんまりとしたパーティでしたが、家族ってカンジでいいもんですネ。

 

2006年12月29日(金)
 セカンドライフっていうバーチャル空間があるらしいんですよ。

 なんでもそこの住人は、コンピューターの中の仮想現実世界でありとあらゆることを行うことが可能なんだとか。ショッピングをしたり、ナイトクラブに行ったり、カジノに行くなんてことはもちろん、土地を購入して事業を起こしたり、建物を作ったり、とにかく何でも創造できるらしいんですよ。

 といってもこのくらいだったら今までのRPGでもできたことなんだけど、大きく違うのは、そのバーチャル空間で稼いだお金を現実世界のお金に換金できるってことなんです。つまりやろうと思えば、この空間の中だけで生計を立てることが可能ということなんですね。この換金というシステムが、セカンドライフというバーチャル空間を特異なものたらしめているんですわ。

 なんかここまでいくと、仮想空間と現実空間との境目がおぼろげになってしまって少々怖いですよ。セカンドライフというくらいだから、当然ユーザーはアバターといわれるもう一人の自分を創ってその世界を楽しむわけです。これがきちんと現実とセカンドライフを使い分けて楽しむ人はいいんでしょうけど、現実世界に嫌気がさしてセカンドライフ空間のみに没頭する人も当然でてくるわけで。しかもお金を換金できるので、引きこもっても生活が可能なんですね。つまり現実世界を完全に遮断する層がでてくると思うんです。

 これはちょっとどうかと思うんですよ。こういった仮想空間がもっと発達すると、デジタルの中にもうひとつの世界が完全にできあがりますね。仮想空間内でも売買が成立するとなると、当然この空間内に企業が参入してくるでしょうし。デジタルの世界は無限に拡がることが可能ですしね。

 となると極端な話、将来的には現実世界に生きる人と、仮想世界に生きる人という構造社会ができあがってもおかしくないわけですよ。なんか…複雑だなあ。もうSFの世界だよ、こりゃ。

 

2006年12月30日(土)
 来年のNHK大河ドラマ『風林火山』。

 何気なくNHKが出しているムックを立ち読みしたんですよ。どんなキャストになってるのかなあなんて思ってさ。なになに…主役が山本勘助役の内野聖陽で、武田信玄が歌舞伎役者の市川亀治郎…? 知らないなあ…お、上杉謙信が…が、Gackt!?? なんかすごい配役だな。つーが人物相関図の写真、Gacktだけ異質なんですけど(苦笑)。他の役者さん達と比べて、彼だけなんかコスプレっぽいにおいがプンプンするっす(笑)。一人だけいわゆる美形歴史マンガ系というか、戦国無双(戦国BASARAでも可)キャラ系というか、浮いてるんだよね、明らかに。こうなると演技面でどう浮くのかも確かめたくなるのが人情ってもんで。ちょっと観てみようかな。あ、これってNHKの策略に見事にはまってる(笑)?

  

過去の報告をみる

トップにもどる