オレ流近況報告 

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

2006年2月1日(水)
 それなりにベテランの営業マンでも、引継ぎ始めのお客さんとのコミュニケーションには慎重になるってもんです。前任者が築いてきた関係を壊すことなく、さらなる交流を深めていかなければなりません。

 本日うかがったK社は、後輩の天地くん(仮名:男性)からおととい引き継いだばかりの得意先です。担当のおばさまはなかなか気難しい方らしく、この人に嫌われると仕事がこなくなるそうなので、ファーストインプレッションに手を抜くわけにはいきません。逆にマダムキラーのフェロモンで手玉にとってしまえば、これほど強いお客もいないでしょう。

 というわけで面会の前にトイレに立ち寄り、髪形や身だしなみを整えて、さわやかな営業マンをアピールできるようチェックをいれました。そのまま小用をすませて気を落ち着かせ、いざ出陣です。軽妙なトークでどうやらそれなりにいい印象をあたえられたようです。第一段階成功といい気になって帰ってきましたが、トイレで手を洗っていなかったことに気づいてしまい、なにがさわやかな営業マンなものかと苦笑してしまいました(笑)。

 

 

 

 

 
2006年2月3日(金)
 一夫多妻男逮捕

 う〜ん、オレはそんなに騒ぐことかなあと思うんですけどねえ。もちろん渋谷容疑者の行動でまずいと思われる点はいろいろあると思いますよ。脅迫の疑惑とか、催眠・洗脳の疑惑とか、宗教がらみの疑惑とか、また常軌を逸しているパターンなので共同生活をしている女性のご両親に心配をかけているとか。ただその辺を横に置いて考えると、共同生活をしている女性陣が納得しているのなら別に問題ないんじゃないかなあ? いい大人が相互に合意しているんだからねえ。なんか現代の世の中の常識から外れた行動を頭ごなしに悪とするような警察の動きや報道のされ方が気になるんですよね。常識外の行動でも別に悪ではないこともたくさんあるわけで、それを短絡的に悪とみなすのもどうなんでしょうか。常軌を逸した行動でも、まず一歩引いた視点でそれが是か非かを考えるくせをもちたいなあと思った次第です。

 まあいってみれば恋愛や結婚なんて、催眠や洗脳の延長みたいなものかもしれないし(笑)。

 

2006年2月4日(土)
 今日の昼飯です。

 いろいろと忙しく、今日は休日出勤(泣)してセコセコと働いていました。そんな昼下がりに選んだメニューがこれです。コンビニで見かけた“2.0倍”という文字に引き寄せられ、体に悪いと思いつつもついつい買ってしまいました。そしてその不健康さを打消すかのように野菜ジュースをチョイス。だったらはじめからカップ麺なんて買うなよ(笑)。でもこの「マイナスをプラスで中和している」って安易な考えで納得させている人って、きっとオレ以外でもいますよね?

 ちなみにカップ麺の方は慣れない分量のためお湯を入れすぎるミステイクを犯しました。ええ、薄味でとってもマズかったですよ。

 

2006年2月5日(日)
 TBSドラマ『輪舞曲(ロンド)』を観ていてふと疑問が。

 このドラマは竹野内豊扮する刑事が、おとり捜査官としてマフィアに潜入捜査するというハードボイルド系ラブストーリーです。竹野内は刑事だから、給料は当然警察からもらっているわけですよ。しかし潜入捜査で一応マフィアにも属しているわけだから、おそらくマフィアからも給料(という制度があるのか?)をもらっているわけで。こういった場合、公務員である刑事の副業ということになってしまうのではないだろうか。

 現実にこういったおとり捜査があるかどうかはわかりませんが、もしあるのだとしたら、どうなるんでしょうね。危険手当としてガメちゃっていいのかなあ?それとも警察が没収? 知ってる方がもしいらしたら、ちょっと教えてくださいな。

 

2006年2月8日(水)
 佐藤二朗の活躍がすごい。

 あ、役者さんなんですけどね。ここ2、3年かなあ? やたらと連ドラに出まくりなんですよ。オレの記憶する限り『人間の証明』、『Mの悲劇』、『はるか17』、『電車男』、『危険なアネキ』、そして今クールは『夜王』。全部脇役やチョイ役なんですけど、ほとんど切れ目なく出演しているんですよ。しかもドラマの二股当たり前。

 なんでこんなに気になるのかっていうと、その演技が目立つんです。脇役なのに(笑)。たしかに与えられたキャラが個性的なお笑いキャラというのが多いのでそう感じるのかもしれませんが、佐藤二朗の演技力? と風貌も大きなポイントを占めていると思われるんですね。とにかくドラマを観るたびに

「あ、また出てる!」

ってカンジですよ。しかもいつも笑わせてくれるので、目が離せないです、二朗さん(笑)。

トップにもどる

2006年2月9日(木)
 森三中とえば、ここのところよくテレビにでていますよね。まあいわゆる“ブスキャラ”のお笑い芸人さんです。しかしメンバーの村上が「お笑い界の優香」とか発言して「何をいってるんだ」なんて思っていたのですが、実は最近よくメディアに露出する彼女に見慣れてきたのか、「たしかに系統は似てるかも」と考えるようになり、「いや、やせればそれなりに似てるか?」なーんて気になってきちゃって、「こうなったらぜひともやせた村上を見てみたい」と思うようになり、どこかの局で村上のダイエット企画をやってくれないかと期待する自分に疑問を持つようになりました(笑)。

ご存知優香です。    

 

2006年2月10日(金)
 世知辛い世の中ですからね。突然驚きの事件が起こっても不思議はないってもんで。

 うちの会社はある運送会社(といっても家族経営の小さな会社)と契約をして、社内便や、大口の納品物をそこにお願いしています。朝一に工務の中迫さん(仮名:男性)が、トラックのドライバーに電話をしていました。

中迫「(受話器を片手に)…おかしい…」
   
オレ「…どうしたんですか? 中迫さん?」
   
中迫「いや、トラックの運ちゃんが電話にでないんだよ。昨日のうちに夜積みしといた荷物を今日の朝一に納品するはずだったのに、まだ届いていないんだよ。運ちゃんの携帯にも繋がらないし、会社に電話しても誰もでないから、連絡のとりようがなくてさ」
   
オレ「…おかしいですね。今までそんなことなかったですよね」
   
中迫「だろ? だから今、若いのを会社まで行かせて確認させてるんだけど…(といって中迫さんの携帯が鳴る)…おお、着いた? で? どう? …えっ!?ホントに!?」
   
オレ「何何何!?」(ヤジ馬根性丸出し)
   
中迫「…会社もぬけの空だって。トラックと荷物は倉庫に置きっぱなしらしい。おいおいおい、こりゃ夜逃げか? ちょっとシャレになんなくなってきたぞ」
   
オレ「夜逃げ!! なんかすごい展開になってきたなあ! あれかな、中村雅俊が裏で暗躍してたのかな!?」(飛躍しすぎ)
   
中迫「冗談いってる場合かよ! とにかく納品物をどうにか運ばないと…」

2時間後

オレ「…中迫さん、どうでした? やはり事件?」
   
中迫「ああ、大事件だよ。寝坊という名のな! …ったく」
   
オレ「な〜んだ。中村雅俊の出番はなかったのか」

でも正直な話、一時は社内で変な緊張感が漂いましたよ。

 

2006年2月13日(月)
 あ〜、やっちまった。

 珍しく早めに退社できたと思ったら、電車の網棚に荷物を忘れてしまい、終点の駅まで取りに行ったため、結局遅くなってしまいました(泣)。

 いや〜電車の中でビデオ観てたら夢中になっちゃってさ。荷物のことをすっかりと忘れてた。ちくしょー、なんのために早く会社を出たのかわからんじゃないか。

 

2006年2月19日(日)
 地獄の年度末進行が近づいてきて、残業の量も大変なことになってきています。
亀田「おはようございま〜す…あ、アキラさん、早いですね、最近。何時ごろ出社してるんですか?」
   
オレ「ん? 8:00前には来てるよ」
   
亀田「早すぎじゃないすか? それ」
   
オレ「バカだねえ、キミ。年度末進行に向けた対策だよ。夜型から朝型に生活を切り替えて、バカみたいに夜中まで残業をしないようにするわけだよ」
   
亀田「なるほど。だらだらと残業しないで、やれることを翌日の朝にまわすわけですね」
   
オレ「その通り。もうね、夜8時以降は残業しないから、オレ。一日の労働時間を12時間までに限定するから。ちゃんとね、オンオフをはっきりとさせなくちゃ、精神衛生上もよくないだろ? キリがないしさ」
   
亀田「そうですね。いい考えだと思いますよ」

なんやかんや外回り営業して帰社

オレ「ただいま〜。あ〜疲れた」
   
亀田「アキラさん、もう7時半ですけど…あと30分しかないですよ。8時までに」
   
オレ「…今日は8時半まで延長。特例
   
亀田「ダメですよ。12時間以上働かないんでしょ?」
   
オレ「だって朝からやってなんとかなるような事務作業量じゃないからさ」(といって事務作業を開始)
   
亀田「アキラさん、もう9時になりますが…」
   
オレ「………もうちょい」
   
亀田「…アキラさん、ボク帰りますね。お疲れ様」
   
オレ「ん。お疲れ」

というわけで、11時まで残業しました。そんな毎日です(泣)。

 

2006年2月20日(月)
 皇室典範改正について。

 皇族に男性が生まれないがために、女性天皇を認める云々で議論されてますよね。紀子さんの懐妊で慎重論がでてますが、まあ先のことを考えると棚上げにもできない問題なわけで。

 別に女性が天皇に即位しても何も問題がないように思えるんですが、有識者が気にしているのは「女性天皇」はいいけど「女系天皇」が問題だ、ということらしいんですよね。

 この「女性」と「女系」は似ているようでまったく違うんですね。ようは天皇家の系図をたどると、常に皇族のお父さんの血筋がつづくのが「男系」で、いわゆる「万世一系」という2000年以上続いてきた天皇家の、世界的にみても稀有な血筋というわけなんです。これが「女系天皇」、つまり系図をたどると皇族以外のお父さんの血筋に続いてしまうという天皇が出現すると、長らく続いてきた伝統が崩れてしまう、というのが、女性天皇を危惧している人の理由の一つらしいんです。

 ただこの「万世一系」という伝統ですが、正直いって建前だと思うんですよ。初代天皇である神武から続いた血統ということになっていますが、そんなことありえないし。神武といったら神話の時代の人物ですよ。2000年以上続いていたら、その途中でいろいろありますって。だからオレ的には「万世一系」という伝統はあってなきがものの如しって感じなので、「女系天皇」でも全然問題ないと思っています。

 でも国会ではこの建前を前提として議論しなきゃいけないから辛いですよね。みんな万世一系なんて信じてないだろうに…やっぱタブーなんだろうなあ。

トップにもどる

2006年2月21日(火)
 こないだ雨が降ったときのこと。

 会社を出て駅(地下鉄)に向かうときに、片手に傘をさし、もう片手でメールをうっていたんですね。しかしメールをうつのに夢中になってしまい、知らぬ間に地下鉄の通路に突入。かなり長い間、傘をさしたまま地下鉄の通路を歩いていました。はい、周りの視線、痛かったですヨ(笑)。

 別件。今からでも遅くはありません。テレビ朝日『時効警察』を観てみましょう。めちゃくちゃおもしろいです。あのホノボノ、ダルダルテイストがたまりません。もうね、出演者、スタッフ、みんなが楽しんで創っているのがみえるんですね。久々のヒットですよ、これは。いや、ホント。

 

2006年2月25日(金)
 ひさびさに仕事で完徹してしまいました。

 いや〜どうにも仕事がかさんでかさんで。完全にキャパシティ超えてます(泣)。地獄の年度末進行はこれからだというのに、これでは先が思いやられますよ。

 朝8時前に出社し、外回りでバタバタして仕事をためこみ、帰社して落ち着いたのが夜の9時。それから昼間にこさえてきた仕事の事務処理をえんえんとこなし、夜中の5時。1時間ほど仮眠して6時に朝飯をくい、また仕事。午前中に工場で納品物のチェックをし、午後に得意先の新年会。3時から5時まで仮眠(というか強制スリープ)し、また事務処理を夜中の11時まで。そして帰宅。何時間働いたかわかりません。

 う〜ん、確実にワーカホリック(泣)。

 

2006年2月27日(月)
  WBC(ワールド・ベースボール・クラシック)

 野球界のワールドカップとして初めての試みですね。野球人気が低迷している昨今、これを機にまた人気が回復するとよいのですが。どうも球界というのは閉鎖的なイメージで、ここら辺がサッカーに水を空けられている大きな原因と思えるんですよね。

 というのも、選手が重きをおいている大会が野球とサッカーで大きく違うんですよ。野球の場合はペナントレースが一番重要度が高く、それ以外の試合はどうでもいいという考え方が長らく続いてきたわけで。つまりオリンピックや国際試合なんてものはあっただけ余計で、逆に選手がそれによって怪我されたら困る、みたいな。

 それに対してサッカーはまずW杯、および国際試合が第一ですよね。各選手が代表戦に出ることに誇りをもっているので、シーズンの公式戦よりも率先して国際試合に出るわけです。まあ国際試合に対するモチベーションが、野球選手と格段に違うように思えるんですね。

 やはり国際試合に力をいれると盛り上がりますよ、見てる方も。ナショナリズムが刺激されるというやつです。このあたりでね、野球も国際試合を大切にして、ファン層を取り返してもらいたいですね。とりあえずイチローがやる気マンマンになっているあたり、いい兆候だと思いますよ。

  

過去の報告をみる

トップにもどる