オレ流近況報告 

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

2005年6月1日(水)
 民主主義は多数決が基本です。職場の後輩の兼子くんと持田くん(仮名:共に男性)と3人で、残業をしていました。時刻は9時過ぎです。
オレ「(建物がグラグラと揺れて)おっ! 地震? 地震だよな?」
   
持田「そうですね。揺れてますね」
   
兼子「地震ですか? 工事の振動じゃないんですか?」(
   
オレ「工事だあ!? たしかに今会社の裏で建物建ててるけど、こんな夜更けに地響きさせるような工事をするわけないだろ? 地震だよな、持田」(同意を得ようとする)
   
持田「そうですね、ボクも地震だと思いましたけど」
   
オレ「ほらあ。多数決でも地震だぜ」
   
兼子「…多数決だけが正義だとは限りませんよ
   
オレ「…なんかカッコいい事いっても地震は地震だから」

民主主義にたてついた兼子くんですが、それってただの負けず嫌いだっての。

 

 

 

 

 
2005年6月2日(木)
 小野伸二骨折。

 痛すぎるなあ、これ。何も直前でこんなアクシデント起きなくても…ってかんじです。現在予選突破に暗雲が立ち込めてきた日本で、一番頼りになる選手だったのに。疲労骨折っていうくらいだから、いつかは骨折したわけなんですが、あまりにもタイミングが悪い。今までムリしてきたんだろうなあ。

 とにかく明日のバーレーン戦、がんばってほしいっす。

 

2005年6月3日(金)
 会社にある程度長く在籍していると、後輩とのジェネレーションギャップを確認したくなるときがあるってもんです。
オレ「…じゃあさ、持田は任天堂の『ゲームウォッチ』って知ってる?」
   
持田「はい、なんとなく。あのタコの足が動くやつとかありましたよね?」
   
オレ「あ、知ってるんだ! そのタコが動くやつ。まさにオレが持ってた『オクトパスだよ! そうかあ。知ってるんだ!」(ギャップが埋まり、安心する先輩)
   
持田「ええ、知識だけは。持ってなかったですけどね」
   
オレ「ゲームだけじゃなくて、時計もフツーに使ってたからね、オレは。目覚ましとして」
   
持田「え? あれって時計ついてたんですか?」
   
オレ「知らないの!? お前、それは基本だよ! ゲームに時計がついているから『ゲームウォッチ』なんじゃん!ダメだなあ!!」(そんなに怒らなくても…)
   
持田「し、知りませんでした」(やはり表れたジェネレーションギャップ)
   
兼子「ボクはあれを持ってましたよ。『ドンキーコング
   
オレ「おおっ! あのデュアルスクリーンの! 現在のニンテンドーDSの原型といわれた!」
   
兼子「ええ、時代を20年ほど先取りしてましたから、ボクは」(!)
   
オレ「偶然だろ。エラそうに」

すぐに手柄を独り占めしようとします、兼子くんは。

 

2005年6月4日(土)
 明日は友人の真鍋くん(仮名:男性)の結婚式です。

 というわけで、披露宴でやる余興の最終チェックをするために、悪友が集まりました。いや〜ダメですね、男が5人もそろうと。余興のネタが、下ネタしかでてこないんですよ。こんなん当日いえるかっての! っていう危険なネタばっかりで…。

 というわけで先に謝っておくよ、真鍋くん(笑)。

 

2005年6月7日(火)
 『ドラクエ[』が進まなくなって久しいです。

 レベル23くらいまでいって、船まで手に入れたのですが、その後プレイする機会がありません。トホホです。時間が空くと、自分が何をしていたのかわからなくなるんですよね、RPGって。でも今回のドラクエは仲間に話しかけることによって、やるべきことを教えてくれるので、ちょっと安心なんですが。

 かといって、それにかまけてのんびりしすぎるわけにもいかんのですよ。借り物だから(笑)。

トップにもどる

2005年6月8日(水)
 ジーコジャパン、W杯出場決定。

 いや〜とりあえずよかった。試合内容はあいかわらずストレスが溜まるものでしたが、先に進むことができたってことで。

 2月から始まった予選も、振り返ると危ない試合ばかりだった気がします。思うように点が取れないし。昔から言われている「得点力不足」ってやつですね。選手もがんばっていると思うのであんまりえらそうなことはいえないんですけど、素人目にみてもこの「得点の奪えなさ」にはイライラしてしまうってもんで。

 結果はオーライだけど、このままだと本戦では歯がたたないんじゃないかなあ。

 

2005年6月9日(木)
 いつも思ってたんだけどさ、ニュースとかで当たり前のように流れる事故の再現CGとかあるじゃないですか。

 あれってよくよく考えると、かなりタイトなスケジュールで作成してますよね。事件の翌日とか、下手すると当日中とか。普段何気に見てるんだけど、作成する方は相当大変だろうなあと。特に3Dの再現CGとか手がこんでるし。

 さらに正確さも求められるから、下手に手を抜けなし。製作現場サイドのプロ根性を感じてしまい、頭が下がりますよ。

 

2005年6月10日(金)
 社会人たるもの、己の健康管理を万全にすることも仕事の一つだといえます。
持田「ゴホッ、ゴホッ」(咳き込む)
   
オレ「あれ? 持田、いやな咳だな。風邪か?」
   
持田「う〜ん、ちょっと調子悪いですね」
   
オレ「頼むよ〜、ウチは人手少なくて、一人病欠されたら大変なんだから。今週の休みで治しちゃえよ」(エラそう)
   
兼子「ボクもちょっと風邪気味なんですよ。実は」
   
オレ「おいおい、季節はずれの風邪が流行りだしたのかあ?」
   
兼子「アキラさんも、はやく流行に乗り遅れないようにしないと」(
   
オレ「…イヤだね」

兼子くんの軽口を一蹴して、3人はまたもくもくと仕事を続けましたとさ。

 

2005年6月13日(月)
 この間、卒業した学校から同窓会の名簿みたいなものが届いたんですよ。懐かしい名前がたくさん並んでいるなあ、なんて眺めていると、やっぱり気になるのが女の子なんですね。

 結婚した人は旧姓がカッコで書いてあるんですよ。それでその人が既婚か未婚かがわかっちゃうんですね。当時かわいかったなあなんてコは何人もいるもんですから、そういった女の子に逐一チェックがいっちゃうわけです。あ、Aさん結婚してるよ〜とか、Bさんはまだかあ、みたいな感じで。結婚してるとちょっと悔しかったりして(笑)。

 でもよくよく考えたら、みんな30超えてるんだけどね。

 

2005年6月15日(水)
 後輩に意地悪するのが大好きです(性格悪っ!)
オレ「坂上〜アメ食べるう? ほれ!」(と、アメを渡す)
   
坂上「ありがとうございます…ってこれ空袋じゃないすか!」
   
オレ「あれ? 入ってなかった? ゴメンゴメン」(確信犯)
   
坂上「入ってなかった? じゃないですよ。ワザとやったくせに。でもボクは大人だから、このゴミをちゃんとゴミ箱に捨ててあげますよ。エラいなあ、ボク」
   
オレ「ちゃんと燃えないゴミの方に入れるんだぞ。そういう小さなところから環境保全をな…」
   
坂上「…なんかムカつく…」

わざとです。

トップにもどる

2005年6月16日(木)
 日記って他人に見られるとものすごく恥ずかしいですよね。

 あ、ここでいう日記というのは、Webで公開しているブログとかいわゆるこの近況報告みたいに、不特定多数に対して情報を発信することを目的としているものではなくて、いわゆる日記帳に手書きする昔からある日記のことです。

 このタイプの日記は他人に見られることを想定していないので、書いてある内容もかなりきわどいものになりがちです。何年後かに見ると、本人が読んでも顔から火がでるくらい恥ずかしい内容がてんこ盛りです。それだけに家族に見られることすら致命傷で。勝手に読まれるなんて、それこそプライバシーの侵害であり、自分が死んだら一緒に焼いてほしいくらいです。

 でも過去の「文豪」とかいわれている人の日記って、けっこう公開されてますよね。孫が押入れから発見して公表した、みたいな。当時の愛人のことが書いてあるとか、恋愛感が綴ってあるとか、けっこう見せちゃってますよね。あれって死んだ本人にとっちゃ、たまらなく恥ずかしいと思うんですよ。草葉の陰から

「ギャー! やめて〜!!」

っていってますよ、絶対(笑)。でも資料的価値が高い、とかいう理由でお構いなしに公開。後世の人って、結構残酷。

 

2005年6月18日(土)
 年甲斐もなくピアスを開けました。

 なんていうのかなあ、例え30を超えたとしても、こういった洒落っ気って常に持っていたいんですよね。枯れたくないというか。

 もちろん会社にしていけるわけはありませんが、せめて休日くらいはね。こういったオシャレで気分転換というか。それによってオヤジ化も防ぎたいんですよ。カッコイイ中年を目指してるんで(笑)。気持ちがオヤジ化したら、男はその時点で一気に老けちゃうというのがオレの持論です。

 …ウソつきました。正体はこれです。

新しい靴下を買ったんで、ちょっといたずらしてみただけとです。

 

2005年6月20日(月)
 日が長くなってきましたね。

 どんどん夏に向かっている感じです。今日も蒸し暑かったですしね。でも夏はキライじゃないんですよ。特に夏の夕暮れが好きなんですね。夕方の6〜7時くらいでも、まだ明るいじゃないですか。昼間の暑さもひと段落して、気持ち涼しくなったかなあというくらいの夕暮れ。商店街もまだ活気づいているような雰囲気が大好きなんです。理想は帰宅時間にその時間帯を合わせることですかね。

 …残業多くて難しいことこの上ないんだけど(泣)。

 

2005年6月21日(火)
 『曲がり角の彼女』という番組をたまに見るんですけどね。

 30過ぎ未婚女性、いわゆる“負け犬女性”をテーマにしたドラマなんですけど、まあ内容はおいといて、主演の稲森いずみの老け具合がなんというか、やばいというか。

 たしかに人間誰しも年齢を重ねれば皺のひとつもできるのですが、あくまで女優さんですからねえ。いろいろとお肌のメンテナンスも一般人以上にしていると思われるわけで。そう考えるとちょっとまずい老け方かなあと。

 それともひょっとしてこのドラマに出演するための役作り!? だとしたら心底尊敬しますが。ファンの方、申し訳ありません。

 

2005年6月22日(水)
 営業マンにとって、得意先の引継ぎというのは神経をつかうものです。前任者の築き上げてきた信頼を壊さぬよう、お客と打ち解けていかなければなりません。職場の先輩の高野さん(仮名:男性)が、部下の五十畑くんの得意先を引き継いだときのことです。
高野「…で、五十畑の得意先だった○○会社に、二人で挨拶にいったんだよ。今度からオレが担当になりますって」
   
オレ「はい」
   
高野「そしたらさあ、なんか向こうの担当がムスっとしてるんだよ。引き継ぎが終わるまで、五十畑と何回か通っても、オレにはそっけないんだよね。五十畑と話すときと態度が違うんだよ」
   
オレ「なんでしょうかね? 失礼があったわけじゃないですよね? よっぽど五十畑を変えられるのがイヤだったんですかね?」
   
高野「それがさあ、どうも先方のオレに対する態度が『若僧扱い』な感じなんだよ」
   
オレ「ええ〜〜〜? だって高野さんは五十畑の上司ですよ。それはないでしょう!? …って、あ。まさか」
   
高野「そのまさかだったんだよ! 先方は五十畑が上司で、オレがその部下だと思ってたらしいんだよ。だから担当変更で、若僧をつけられたと思って、ムッとしてたんだよ」
   
オレ「ホントですか!? だって高野さんと五十畑の年齢差って…一回りくらい離れてますよね…?? たしかに高野さんは若くみえるけど」
   
高野「でもホントなんだって。この間先方がオレに謝ってきたんだよ。『高野さん、すみませんでした。てっきり私、五十畑さんのほうが上司だと勘違いして…』って」
   
オレ「うわ〜、そんなことあるんだ。つまり高野さんより五十畑の方が老け…じゃなくて、貫禄があったと」
   
高野「残念ながら、そういうことだ」
   
オレ「これ五十畑が聞いたら落ち込みますよ」
   
高野「うん。だから本人にはいってない。でもいいネタだから、他の人には言いふらしてる」(ダメじゃん!
   
オレ「…本人に渡るのも時間の問題ですよ。それじゃ…」

いいじゃないか、五十畑くん。20代で貫禄があるのも。

トップにもどる

2005年6月24日(金)
 最近ちょっと気になったんですけどね。

 最近TBSで『赤い疑惑』をリメイクしたじゃないですか。昔山口百恵と三浦友一がやってたやつの。でもって、今回出演する石原さとみと陣内孝則がずいぶんと番宣をしていたのに気づいた方も多いでしょう。気になったのはその番宣なんですよ。

 石原さとみと陣内孝則の番宣での受け答えが妙に明るすぎるんですね。特に陣内はサービス精神が旺盛な方っぽいので、よかれと思って楽しい雰囲気を演出してくれているとは思うのですが、逆にこの気の使い方がドラマの宣伝にとっては逆効果というか。

 つまり『赤い疑惑』というドラマは、かなりシリアスなジャンルなわけで。それだけにそのイメージをなるべく壊さぬよう、そしてこれから作品を観る人に期待感を持たせるような番宣をしなきゃいけないと思うんですね。シリアスなドラマの宣伝で、その出演者がおちゃらけていたら、ドラマまで軽くみられちゃいますよ。

 正直、番宣の時もシリアスな役柄になりきってやるくらいの役者根性があったらなあと思うわけです。もちろん陣内のサービス精神は芸能人として評価していますけどね。ただ使いどころが間違っているというか。惜しいなあ。

 

2005年6月25日(土)
 暑いっす。

 このまま夏突入でしょうか。雨は好きじゃないんで、梅雨がうっとうしくないのはいいんですが、水不足とかちょっと心配だし。今日は自転車で見知らぬ地域まで探索をしたのですが、日差しの強さにヘロヘロでした。

 顔が脂ぎってくるので、洗顔フォームなぞを購入しようと途中マツキヨへ立ち寄りました。そこで最近まったく整髪料を使っていないことに気づいた次第です。以前はジェルだ、ムースだ、ワックスだといろいろ手を出していたのですが、最近はもうナチュラル(笑)。

 しゃれっ気がなくなってきたのかといわれればその通りなんですけどね。ただ暑くなってくると、どんなに髪をいじっても、どうせ汗かいて崩れちゃうよとか、頭洗うときにネチョネチョした整髪料を落とすのがいい気分じゃないっていうか。そんな理由も大きいです。

 …こういうところから若さは失われていくんでしょうか。人に見られる意識がなくなっていくことからオヤジ化現象は始まるのでしょうか…それはいかん。がんばって整髪しようっと。

 

2005年6月26日(日)
 夏を求めて、今年初のプールに行ってきました。

 いやはや、休日は混んでますな。午前中の早めにいったつもりだったんだけど、すでに子供っちと保護者でわんさか。負けてられないのでガキんちょを押しのけて泳ぎました。きばって泳ぎだしたのはいいのですが、わずか3往復でバテました。この体力の低下具合には自分でもビックリですよ(笑)。

 休みつつ何往復かしたのですが、1時間でヘロヘロでした。でも気持ちよかったですね。その後のコーラが美味いんですよ。帰りは本屋で立ち読みです。貧乏くさいですけど(笑)。休日の昼下がりとかの立ち読みって、昔からなぜか好きなんですよね。意外に至福の時間の過ごし方なんですよ。今日はある本に熱中しちまいまして、気がついたら2時間経っていたのにはビックリしましたけど。プールより消費時間が長いのも、ちょっと間違ってるよなあと自分ツッコミです。腰いたくなっちゃった。

 

2005年6月27日(月)
 いやはや、イヤな暑さですね。

 関東地方はムシムシした、ねちっこい日本特有の暑さでした。歩いているだけで汗が吹き出すってかんじですか。夕方になってもその蒸し暑さは変わらずで、ちょっと参りましたね。

 上着を着ていることがつらくなってきたので、今日から脱いじゃいました。クールビズまではいきませんが、そんな感じです。でも上着には手帳とか筆記用具とか、いろいろ仕込めたんで、それをどうするかというのが難点なんですがね。

 

2005年6月30日(木)
 今さらながら、『PRIDEミドル級GP』について。

 いや〜、日本人全滅ですね。そしてやはりブラジル勢が強い。桜庭マジックももう通用しないくらい、選手全体のレベルが上がってきているのですね。

 たしかに桜庭の相手のアローナの実績はものすごいので、そう簡単に勝てる相手じゃないとは思っていたのですが、ここまで一方的とはねえ。完封された感じですよ。打撃に活路は見出せず、組んでも相手の有利なポジションにしかならない。昔の桜庭だったら、組めばある程度安心してみていられたんですが、最近の試合を見る限りヒヤヒヤものです。まあ実際ボコボコにされてしまったわけですが。

 準決勝に残った4人のうち3人がブラジル人。しかしなんでブラジル勢はこんなに強いのかねえ。サッカーも強いけど。

  

過去の報告をみる

トップにもどる