オレ流近況報告 

 

過去の報告をみる

トップにもどる

  

 

2005年5月1日(日)
 あっという間に5月です。

 今日はちょいと用事があって、銀座にくりだしました。いわゆる銀ブラですよ、銀ブラ。休日の中央通りが歩行者天国になるのは有名な話ですが、なんとなくその光景をパシャリ。うわあ、おのぼりさんまるだしだよ、これじゃ。

 ついでといっちゃなんですが、ちょっと粋な箸屋をみつけたんで、両親に買ってあげることにしました。一応母の日とかあるしさ。予算的にも財布にやさしかったんで。

 

 

 

 

 
2005年5月2日(月)
 W杯予選の日本VS北朝鮮が、第3国開催になるそうで。

 しかも観客なしの、異様な雰囲気で行われるらしいですね。なんか響きが昔のプロレスであった、「ノーピープルマッチ」とか「道場マッチ」を彷彿とさせますよ。猪木VSマサ斉藤の巌流島決戦みたいな(笑)。

 これは明らかに北朝鮮が国際試合を開催できる国家ではないと、FIFAに評価されたようなもんですよね。プライドの高いあの国が、さらに追い込まれて変な方向に爆発しなければいいんですけど。ミサイルの件もあるし。予選開催以前からアウェーでのVS北朝鮮は、アジアカップのVS中国よりも危険な雰囲気を誰もが感じていたと思うんですが、まさかこんなことになるとはねえ。でも選手の安全を考えたら、こっちの方がいいのかもね。

 

2005年5月3日(火)
 銭湯に行ってきました。

実はじーさんが体を洗ってました。 趣味なんですよね。あのシブい雰囲気をたまに味わいたくなるんです。今日は夕方から繰り出して、一番風呂を狙いました。と、思ったら、けっこう来てましたね、お客さん。女湯の方からもおばはんギャルの声が聞こえてきて、けっこうなにぎわいでしたよ。

 小粋に風呂を堪能するのも当然なんですが、実は今日の狙いはなくなりつつあるこのシブい文化を保存するための、撮影でした。ええ、隠し撮りですよ(笑)。おおっぴらに撮影なんてできないので、携帯で番台のおばちゃんのスキをついてパシャリと数枚。犯罪スレスレです。いや、あくまでよき文化の保存なんですってば! 裸のおっさんとかがフレームに入らないよう、ちゃんと気を使いましたんで、許してくださいな(笑)。

この板張りがいいんですよね。        風呂上りはオロナミンCで一服。ジャンプが古い…

 

2005年5月5日(木)
 子どもの日です。

 ということで実家に帰っていたオレは、天気もいいので姪っ子たちと外に繰り出しました。電車に乗って、とある公園に行ってきたわけです。

立派な旧家がありました。   こんな花が咲いていましたヨ。

 姪っ子に対してアホなことばかりやってきたオレには、すでに彼女らに対する威厳というものはなく、まったくもってなめられっぱなしです。そこで今日の目標はその威厳を取り戻し、「変なお兄ちゃん」というレッテルから「かっこいいお兄ちゃん」という評価を勝ち取ることでした。

 だっこをしたり、肩車をしてあげたり、オレは必死です(笑)。これだけやれば彼女らのオレを見る目も変わっただろうと、密かにほくそえんでいました。そして聞いてみました。

「どうだい? お兄ちゃんってかっこいいだろう?(キラッ)」
「どこが?」(即答)

 う〜ん、まだまだ努力が足りないのか。いや、照れてるんだな、ありゃ。多分思ってる。かっこいいって(根拠のない自信)。

 

2005年5月6日(金)
 今日は雨が降って気温も下がり、久々に肌寒い一日でした。そんなとき後輩の兼子くん(仮名:男性)がこういったんです。
兼子「なんか今日、暑くありません?」
   
オレ・持田「ええっ?!」
   
オレ「今日はどっちかっていえば寒いよなあ」
   
持田「ええ、寒いですよ」
   
兼子「…あれ? 二人して否定? ボクの感覚が世間ずれしてるってことですかね?」(ちょっとショック)
   
オレ「いや、キミの人格が全否定されたってことだよ」(ひどい言い方)
   
持田「全否定って…(笑)」(ややウケ)
   
兼子「そこまでボクの感覚は否定されますか」
   
オレ「いや、キミの二十数年間のアイデンティティが否定されたともいえるな」(もっとひどい言い方)
   
持田「あ、アイデンティティって(笑)」(大ウケ)
   
オレ「(いい気分になって)おもしろい? じゃあね、もう一つ。兼子の…」
   
兼子「もううんざりです」

でもホントに今日は暑くないよ、兼子くん(笑)。

トップにもどる

2005年5月7日(土)
 プロ野球のセパ交流戦が始まりましたね。

 今年初めての試みらしいですが、低迷するプロ野球人気を回復させる起爆剤になりえるのでしょうか。オープン戦と違って公式戦なので、個人の成績にも影響が当然でるのですが、よくわからないのが交流戦での勝敗が順位にどう影響されるのかということです。同リーグでの試合ならば、勝った負けたでゲーム差がつくわけですが、違うリーグとなるとねえ。極端な話、交流期間中の試合すべてをセリーグのチームが勝ったとするじゃない。となると、セリーグの6チームはどこも負けてないんだから、順位も変わらないし、ゲーム差もまったく変わらないってことだよね? 勝ってるのに順位が縮まらないって、Bクラスのチームにとっちゃたまらないよなあ。

 で、今日のニュースを見る限り、交流戦の勝敗でも、通常通り順位表がつけられているみたいですね。極端な話が起きたらどうすんだろ?

 

2005年5月8日(日)
 いや〜、変な夢をみましたよ。

 電車に乗って、ふと中吊り広告に目をやると、

「オレ流アキラの私生活を撮った!」

なんて文字が躍ってるんですよ。ええ、フライデーの広告でした(笑)。あれ? オレってばいつ隠し撮りされたんだろ…つーか、オレってそんなに有名人だったっけ? なんて思いつつ、詳しい情報を得るために駅のキオスクへ行って、フライデーを購入しようとすると、友人から電話がかかってきて、

「見た?」
「いや、いま偶然広告で知って、これから買おうとしたとこ」

な〜んて会話を繰り広げました。そんな中オレが思っていたのは「うわ〜、これで会社バレしたくね〜」とか、「妙にアクセスが増えて掲示板とか荒らされたくね〜」といった、かなり夢のない現実だったのがむなしいです。夢なのに(笑)。

 

2005年5月10日(火)
 前回オレのみた夢について書きましたが、友人の松木さん(仮名:女性)も、かなり自分に都合のよい夢をみたそうですよ。

 彼女の夢のシチュエーションは、嵐やNEWS、その他大勢のジュニアたちに囲まれて、逆ハーレム状態の合コンだったそうです。「終電がなくなるから」と、その場から彼女が去ろうとすると、「行かないでくれ!」と引き止められるほどのモテっぷり。さらにあろうことか、嵐の松本潤が彼女にお熱で、メルアドを聞いてくる始末。

「潤、お前好きなんだろ?」
「早く聞けよ、メルアド」
「このまま帰らせていいのかよ!」

と、松本潤は他のメンバーに後押しされていたみたいです(笑)。しかもその様子を、NEWSの山下くんが、嫉妬して見ていたそうです。

 いや〜、世の中にはこんなにご都合主義でおきらくな夢を見る人がいるんだと、ある種尊敬してしまいましたよ(笑)。

 

2005年5月11日(水)
 実はオレ、ヨダレマンなんですよ。

 電車で寝ていると、高確率でおつゆがポトリと落ちます。口を閉じて眠れないんでしょうね。うつむいて寝ていると、口内に徐々にヨダレが溜まっていき、臨界点に達すると、半開きの口からひとしずくの液体が重力に逆らわずにポトリ。直前で気づいてすすり上げることもあるのですが、すでに遅いときも多いです。被害者はネクタイ、膝の上においたカバンなどです。なんかねー、予防できるものならしたいんですけどね。重力に逆らうこともなかなか難しいわけで。

 でもあれですよ、一番恥ずかしいのは、そのポトリの瞬間を誰かに見られることですね。一瞬のことだから、気づいている人は少ないと勝手に思ってるんだけど。バレバレかな?

 

2005年5月12日(木)
 24歳無職男、少女に首輪をつけて、マンションに監禁。

 なんとも痛ましい事件ですね。最近こんなのが多くて、ちょっといやになります。つーかなんで無職で保護観察中の人間がマンション借りるだけのお金があるのさ。その資金はいったいどこからでてくるの? まったくうらやましい不思議です。

 マンション借りるにしたって、保証人が必要なはずですよね。やっぱあれかな、親が払ってたのかな。もしそうだとしたら、息子の犯罪の片棒をかついだってことですよ。知らず知らずかもしれないけど。

トップにもどる

2005年5月13日(金)
 やりかけていた仕事を途中で妨げられると、復帰したときに自分が何をしていたかわからなくなるってこと、ありますよね。職場の後輩の兼子くん(仮名:男性)も、そんな罠にはまりました。
兼子「(電話で)…はい、はい。そうです。ええ、承知しました。はい、はい。よろしくお願いします」(ガチャリ)
   
オレ「どう? お客さん納得してくれた?」
   
兼子「ええ、大丈夫です…ってアレ? さっきまでオレ何してたんだっけ? 何かやろうとして…あれえ…? だめだ、途中で電話とったから、何しようとしたか忘れちゃったよ」
   
持田「見積もりじゃないですか?」
   
兼子「いや、見積もりじゃなくて…何だっけな? けっこう重要なことだったような…」
   
オレ「確かあれだよ。キミがオレに100万円の無償融資をしたいって話の途中だったんだよ」(
   
兼子「(あきれて)………そうだ、その融資を白紙にしようとしたんだ」
   
オレ「ああ、そうですか。うまい切り返しだね」

くだらない先輩の一言はうまく回避しましたが、結局何をしていたか思い出すのにはてこずったようです(笑)。

 

2005年5月14日(土)
 おかげ様で『超人批評』のリクエストが増えています。

 うれしい悲鳴ではあるのですが、いかんせんなかなか時間がとれません。少しづつリクエストにはお応えしていきますので、しばし時間をください。よろしくです。

 

2005年5月15日(日)
 テレビを観ていて2人ほどピックアップ。

 まず『世界!超マネー研究所』から。タイトルの通り、お金に関する研究をするというコンセプトのこの番組、注目すべきはドロンズ石本が南米ボリビアにて新商売を手掛けるコーナーです。物価が日本よりもやたらに低いこの国で儲けて、お金持ちの生活をしようという企画なのですが、このドロンズ石本のレポートがやたらはまっているんですね。

 ドロンズ石本という時点で失礼ながら「まだいたのか」って感じじゃないですか。『電波少年』の南米大陸縦断では猿岩石の二番煎じといわれ、その後も大きく売れたわけじゃないし、どちらかというと芽が出なかった芸人さんという評価が大半だと思うんですね。

 しかしこのボリビアリポートの彼が、とても生き生きしているんですよ。南米大陸縦断での経験が生きているんだと思いますが、ラテン語会話は普通にこなせてるみたいだし、今回は焼き鳥屋をボリビアで開店して大きな反響を得ていました。見てるとボリビアの地に彼が溶け込んでるのがよくわかるんですよ。おそらく本人も性にあってるんじゃないかな? 南米ライフが。現地のTVの取材を受けたりして、もし日本でブレイクしなくても、むこうで活躍できるんじゃないかという予感を漂わせていました。これはもしかしたらもしかするかもですよ。ドロンズ石本、注目ですよ。

 次は『ウチくる!?』から。ゲストの速水もこみちの、事務所の先輩として登場した沢村一樹。正直この人のことはよく知らなかったんですけどね。たまにドラマで見るくらいで。しかし今日この番組に登場した彼を見て、オレ的評価はうなぎのぼりですよ。とにかくおもしろい!イケメン俳優というカテゴリーに入るはずなのに、お笑いのセンスが抜群。オレのお笑い芸人の評価は、「いかにアドリブの会話・行動が笑えるか」という点が大きな要素を占めるのですが、彼は一級品ですよ。しかも彼は芸人ではないですからね。あくまで俳優です。そのギャップがまたいい感じです。下手なお笑い芸人よりもバラエティー向きですよ。人間として、非常に魅力を感じました。オレも負けないようにしなくちゃ。

 

2005年5月17日(火)
 職場の後輩の持田くん(仮名:男性)は、ややアキバ系な趣味をしているA−BOYだ。ただ完全にアキバ色に染まるのはイヤらしく、そう見えないような努力は怠らないようにしているらしい。ちなみに彼女は募集中だ。
オレ「…そうか、染まらないようにはしているのか。でもやっぱりアキバ系の話がわかる女の子がいいんだろ? 彼女つくるとしたら」
   
持田「…別にそうじゃなくてもいいんですけど…まあ共通の話題が多いほうがいいですよね」
   
兼子「例えばさ、どんなタイプが好きなわけ? 芸能人とかでいうと」
   
持田「そうですねえ〜…稲森いずみとかですかね」
   
オレ「あ、こないだオレと兼子で『最近めっきり老けたよな〜』って話した稲森いずみかあ」(トゲのある言い方)
   
持田「老けましたかね? 稲森いずみ」(納得できない様子)
   
オレ「じゃあさ、性格的にはどういう人がいいわけ?」
   
持田「性格ですか?う〜ん…」
   
オレ「すぐ出てこない? じゃあさ、マンガのキャラでもいいよ」
   
兼子「ダメですよアキラさん。マンガのキャラじゃA−BOYにどっぷりつかってるじゃないですか。2次元のキャラに活路を求めてどうすんです」
   
オレ「あ、そっか。なるべく染まらないようにしてるんだっけ。わははは」

がんばれ持田くん。

 

2005年5月18日(水)
 繁忙期が抜けません。

 となると、帰ってくるのが遅いじゃないですか。でも更新しようと思ってパソコンの前に座るんですが、寝ちゃうんですよね。しらぬまに。そうなると、首が重力に逆らわずに、あらぬ方向に曲がっているみたいなんですよ。

 ふと目が覚めると、首が痛いのなんのって。そりゃ限界角度いっぱいに曲がってりゃ痛いわな。でも寝ている間は全然気づかないんですよね。困ったもんです。

 あれですかね? なんか首が曲がらない寝方ってあるんですかね?

トップにもどる

2005年5月19日(木)
 人間の記憶力なんて、たかがしれていますね。

 今日、営業である方面に車で行ったんですね。ここ2年間ほど、その方面の得意先に行くことはなかったので、車で行くのは久々の地域だったわけです。でも2年前までは毎日のように通っていたので、道に関しては熟知しているつもりだったのに…。

 わからないんすよ。なんとなくはわかるんですけど、細かな道のつながりとか、効率的な車線の確保とか、ディティールが欠落状態。「この道に出るのはここを右だっけ?」とか、「手前の道と、奥の道、どっちだったけかなあ?」みたいな感じでした。2年というブランクって、けっこう大きいんだなあ。

 

2005年5月20日(金)
 「オレ流人気投票」に、変動がありました。

 長らくトップの座を死守していた「オレ流作品集」が、とうとう「オレ流超人批評」にとって変わられました。いや〜、キン肉マン人気、あなどれないですな。現在悪魔将軍を鋭意作成中なので、少しお待ちください。

 また、昔は人気がなくて、更新を中止した「今週のU世」が最近になって票を獲得。これは更新復活をせねばならないかと考えています。ああ、このままではキン肉マンサイトになってしまう(笑)。

 ちなみにみなさん、この「オレ流」のメインコンテンツは「オレ流波瀾万丈」ですからね。あくまで!こちらの応援もよろしくお願いしますヨ(泣)。

 

2005年5月21日(土)
 取引先のお偉いさんが引退するというので、そのパーティに行ってきました。

 営業をやっていると、こういう席に出席することはちょこちょこあるのですが、正直気がすすみません。その引退するお偉いさんに直接お世話になっていれば別ですが、個人的には別段面識もないし、会社として取引をさせていただいている以外、接点がないわけです。しかもそのパーティに出席している方々といったら、軽く65歳は超えたお偉いさんを中心に、現役の部長・役員以上の肩書きを持つ方ばかりです。そんな元老院みたいなところに30そこそこのオレをポイって放り込まれてもなあ。同年代の人間を探すことすら困難でした。

 ここでやり手の営業マンだったら、果敢に人脈を広げるのでしょうが、ここまで元老院だとちょっと気後れしちゃいますよ。キン肉マンの話をするわけにもいかないし(笑)。まあ開催側としては業者を呼ぶことで、少しでもパーティ資金を確保したい、というのが狙いなんでしょうけど。

 料理も野菜カレーを一皿しか食べられませんでした。法人参加費が3万円だから、一皿3万円のカレーということになります。た、高い…。

 

2005年5月23日(月)
 前から気になってたんですけどね。

 いつからその、お菓子を『スイーツ』っていうようになったの? ここ1、2年だよね、そんなシャレた呼び方がマスコミの間で跋扈するようになったのって。なんかねえ、聞くたびに違和感があるんですよ…正直にいいましょうか。

「すかしてんじゃね〜っ!」

って思っちゃうんですよ。なんか聞いていると虫唾が走るというか。マスコミがムリにでも定着させて、流行らせようとしている感じが見え見えで、逆にいやなんですよ。こちとら意地でも『スイーツ』なんていわねーぞ、って思っちゃう。

 つーかさ、『デザート』じゃダメなん?

 

2005年5月25日(水)
 職場の高松さん(仮名:男性)は、数年前に車で事故ったらしい。
オレ「…結構派手にやっちゃったんですか?」
   
高松「そうだね、あの時は。ぶつかった後、エンジンかからなかったからな」
   
オレ「それは災難でしたね…で、どうやって帰ったんですか?」
   
高松「それが聞いてくれよ。困ったからさ、携帯で女房に電話したんだよ。『○○交差点で事故っちゃってさ、困ってんだ』って。迎えに来てもらおうとしてさ」
   
オレ「なるほど」
   
高松「そうしたらうちの女房なんていったと思う? 『○○交差点だったら、たしか車のディーラーがあるから、そこで新しい車買えば?』だってさ!」
   
オレ「! …奥さん随分と斬新な提案をしますね…」

普通はもっとびっくりすると思うんだけどなあ(笑)。

トップにもどる

2005年5月27日(金)
 いやはや、忙しくて泣きそうです(笑)。

 今週もなかなかにヘビーな一週間でした。とにかく仕事上でのトラブルが絶えなくてね〜。毎日家に帰る頃には日付が変わってるんですよ。たまらん。

 あと何がイヤかって、寝ていても仕事をしている夢とかみるんですよ。あれはよくない。休んだ気がしません。しかも大抵トラブってる夢なんですよ。なんで架空のストーリーで寝汗かかなきゃならんのかなあ。

 というわけで、明日は休日出勤でございます(泣)。

 

2005年5月28日(土)
 日が長くなってきましたね。

 今日は朝から休日出勤にいそしみました。夕方5時ごろ仕事もひと段落ついたので、切り上げて家路につきました。日が長くなったので、明るいですね。最近毎日遅かったので、明るいうちに帰るというのがとても新鮮に思えてきて、なんか気分がよくなっちゃいました。でもよく考えたら今日はもともと休日だったんだから、本来なら出勤する必要もないわけで。

 じゃあこの気分のよさはどうすればいいのさ、と正気になりかけたのですが、そのままいい気分でごまかすことにしました(笑)。

 

2005年5月29日(土)
 寿司を食いました。

くるくる廻ります。 といってもかっ○寿司ですけどね。それでも小市民のオレにとっては、久々の贅沢ですよ。最近忙しいので、自分へのご褒美というわけです。

 昼時に行くと家族連れに巻き込まれて混むので、ちょっと早い11時過ぎに行きました。一番のお気に入りは「焼きサーモン」ですね。寿司ネタで一番好きなんですよ、サーモン。それを軽く炙った焼きサーモンは絶品です。ガキの頃はマグロが一番うまいと思っていたのですが、大人になってからはサーモンにとって代わられましたね。

 …え? 大トロですか? 大トロよりもサーモンの方がいいかって? …ごめんなさい、あんまり経験がないんで、比較できんとです(泣)。

 

2005年5月31日(火)
 テレビ朝日『ロンドンハーツ』。

 “格付けしあう女たち”がおもしろいですね。人間の魅力をランク付けして、それに対する本人たちのリアクションで笑いを提供をするわけです。

 ただやはり人間をランクづけして差別すること、お互いの悪口をいいあうこと、といったことが番組の中心なので、PTAが俗悪番組に推す気持ちもわかります。ちょっと生々しい毒のあるエンターテイメントなんですよね。

 だからそういう番組の悪いところを理解した上で楽しむことにしてます。

  

過去の報告をみる

トップにもどる