序  章

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終  章

参考文献

 

第六節 流血・殴る・チラリズム 〜暴力・性表現分析〜

 戦後マンガは発祥以来、その「低俗さ」「荒唐無稽さ」、刺激的な「暴力シーン」「性表現」をヤリ玉にあげられ、常に弾圧の対象になってきた。つい最近では「有害図書論争」が起き、めくじらを立てた団体が、「有害図書追放」という規制行動に出たことが記憶に新しい。そこで『ジャンプ』である。日本一の発行部数を誇るということは、その影響も計り知れないはずである。その『ジャンプ』がどのくらい「暴力」「性」の表現をしているのか、分析してみた。

@暴力表現

 表19は1992〜1994年の、最近3年間の『ジャンプ』マンガの「暴力表現」を集計したものである(1年に10冊ずつ、計30冊)。

表19 『ジャンプ』マンガ暴力表現分析  コマ数、(  )は%

『ジャンプ』1992〜1994より作成

表現の規定基準は以下の通りであった。

1.残虐性・迫力の段階づけの規定

・・・すべての暴力行為において著しく迫力を感じさせるもの、残虐性の高いものの、攻撃される対象物が倒れるか、死に至るほどの残酷性を感じさせるもの、大量虐殺を表現するもの、基本的に大ゴマ(ページの2分の1以上)で表現されるもの、など。

・・・攻撃される対象物が死には至らないものの、かなりの怪我、ダメージを与えられるもの、迫力を感じさせるもの、基本的に中ゴマ(2分の1〜6分の1)で表現されるもの、など。

・・・攻撃対象をはたく、小突く、などというようなギャグマンガ特有の行為、攻撃表現だが、残酷性を感じさせず、笑って済まされてしまうようなもの、ストーリーマンガでは上記の他に、攻撃対象物に攻撃をよけられてしまった場合、基本的に小ゴマ(8分の1以下)で表現されているもの、など。

2.暴力項目の規定

殴る・・・攻撃対象に向かって、腕を基本的に使った攻撃。殴る、はたく、肘を落とす、ポカポカやりあうもの、など。

蹴る・・・攻撃対象に向かって、脚を基本的に使った攻撃。蹴る、踏みつける、膝をぶつける、脚を払う、など。

投げつける・・・攻撃対象を持ち上げて投げる、など。物体を投げるのは武器使用の表現とする。

特殊能力・・・気功波、超能力、ビームなど、現実にはない攻撃。

武器使用・・・刀、銃器など、物体を通して相手を攻撃するもの。ギャグマンガではハリセン、札束などもこの中に入る。

物体破壊・・・人為的攻撃により物体が破壊された表現。その破壊力の大きさから大・中・小の段階分類をする。

爆破・地形変形・・・特殊能力、爆弾など、人為的な攻撃によって爆発が生じたもの。またそれによって地面がえぐれたり、背景が跡形もなくなくなったり、変形してしまったりする表現。その破壊力の大きさから段階を分類する。

流血・・・攻撃を受けることによって生じる流血。おびただしい流血、にじんだ流血、血しぶき、鼻血など、その表現により段階を分類する。

身体断裂・・・攻撃を受けることによって生じる身体の断裂。首が飛ぶ、手が切れる、内臓が出る、などの表現をその残酷性から段階を分類する。なお、この項目は人為的攻撃を受けなかった場合にも適用する。

その他・・・上記以外の暴力表現。つかむ、押す、つねる、激突、死体など。

 

 

 

 

 

  

目次にもどる

トップにもどる

 

序  章

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終  章

参考文献