序  章

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終  章

参考文献

 

第二節 普通の人が持つ、すごい力 〜キャラクター分析〜

 さて、次にマンガに登場するキャラクターについての分析をしてみようと思う。キャラクターはアンケートハガキのときにも書いたように、『ジャンプ』マンガの中では非常に重要な要素となる。「マンガはキャラクターが命」と口を揃えて言うマンガ家や編集者は少なくない。では『ジャンプ』におけるキャラクターとは、いかなる設定・性格のものなのであろうか。

表14 『ジャンプ』マンガキャラクターの性別・年齢( )は%


『ジャンプ』1990〜1994より作成

 表14は、最近5年間の124タイトルにおける主要キャラクター(主人公・ヒロインなど)を、性別(オス・メス含む)と年齢(推定含む)で分類したものである。一目すればわかるように、「男」のキャラクターが8割と、圧倒的に多い。「女」の主人公もいるにはいるが、たいていパートナーとなる男の主人公が存在し、立場的にはそのマンガの「ヒロイン」であり、「女」そのものが主人公であることは滅多にない。「不明」にはオカマやロボット、悪魔などといった、いわばマンガにしやすいキャラクターがいるが、数値的に少ない(3.3%)ことを考えると、どうやら必ずしも非現実的で極端なキャラクターが好まれていたり、受けていたりしているわけではないようである。

 年齢別にみると、16〜20歳が4割と飛び抜けており、続いて11〜15歳が2割となってる。つまりキャラクターの6割以上が10代の少年・少女なのである。『ジャンプ』は広い読者層で読まれているが、やはり一番のターゲットは10代の男の子である。よってキャラクターはそれに当てはめることが多くなるのではないか。つまり読者と同年代、同性のキャラクターで親近感を持たせ、マンガに溶け込みやすくする。マンガは読んでもらわなければ始まらないので、それは読者の目を惹きつけるための手段となるのである。そして親近感を持ったキャラクターがすごいことをマンガの中でやらかす。親近感、というよりそのキャラクターを友達のように思って読んでいるので、その行動が極めて衝撃的に映り、喜びや悲しみをより深く共有できるのではないだろうか。

 その他に特徴的なところは、「男」のキャラクターは全年齢層にまんべんなく存在するのに対し、「女」のキャラクターは25歳以降、誰一人として存在していない点である。悪い言い方をすると、「オバサン」は存在しないことになる。この理由はまず『ジャンプ』が少年誌であるということ、つまり描き手としても、思春期の読者を引き込むためには多少の色気が必要なのである。「ヒロイン=美人」という構図は、戦後マンガが起こって40年間普遍のものなのである。

 ただ、この言い方だと「オバサン=不美人」なのかとなってしまうので、弁護的に言うと、「オバサン」は少年マンガから一番離れている存在だということである。図24は性別と年代別にみたマンガの「好き・嫌い」である。これを見ると、男性は40代までマンガを肯定しているが、女性は40代ですでに逆転現象が生じている。

図24 年代・性別マンガ「好き・嫌い」

(男性)

(女性)

毎日新聞社「読書世論調査」1990年度版より

マンガを否定している層を主役にしても、共感を得る人がいないのである。何かのきっかけで「オバサン」層が『ジャンプ』読者層とリンクすれば、「オバサン」を主役にしたマンガが出現するのではあるまいか。

 

 

 

 

 

  

目次にもどる

トップにもどる

 

序  章

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終  章

参考文献