序 章

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終 章

参考文献

 

第四節 『ジャンプ』の羅針盤、アンケートハガキ

 “ジャンプ方式”といわれる戦略は、徹底した商品志向と読者優先主義である。これらすべてを司っているのが、毎週号につき綴じられているアンケートハガキ(図23)である。これは初代編集長である長野規が提案したもので、創刊号から取り付けられた。長野の信条は「編集者は読者の顔が見えなくてはいけない。頭の中も胸の底も、いや財布やポケットの中身も見えていなければつとまらない」〔西村繁男、さらばわが青春の『少年ジャンプ』」;P26〕であり、彼は雑誌創刊以前に当時の小学4、5年生を対象にアンケートをとり、言葉のイメージ調査を行っていた。

図23 ジャンプを動かすアンケートハガキ

『ジャンプ』1992年34号より

・一番心あたたまることは―友情

・一番大切に思うことは ―努力

・一番嬉しいことは    ―勝利

 この3つのテーマは『ジャンプ』創刊から徹底され、すべてのマンガにこの要素を盛り込ませた。この方針は現在でも色濃く受け継がれ、マンガ作りの柱となっている。

 アンケートハガキを導入しそのデータを羅針盤とすることで、『ジャンプ』は雑誌の方向性を決めていった。データに雑誌の運命を託したのである。懸賞応募用紙を兼ねることで、回収率の低下を防いだ。質問項目は編集者が持ち回りで考え、読者から何を知りたいのか執拗なチェックを受ける。集計も担当者自らが集計して、その質問項目について理解を深めるという徹底したものである。

 表12は、1990〜1994年の5年間のアンケートハガキの内容を「マンガ(新連載・読切)」「その他」について分析したものである(1年ごとに10枚ずつ無作為に抽出。計50枚)。マンガの存続を左右する「おもしろいもの3つ」(人気投票)の項目は、50枚中50枚、100%という徹底ぶりだった。最近ではこの質問表現が、「おもしろかったものから3つ」という、3つの中でのランクづけを求めるものとなり、よりシビアな競争になったことが予想される。

表12アンケートハガキの内容分析

●マンガについて

項 目

おもしろかった
もの3つ

キャラクター

感 想

わかりやすさ

 印 象

気に入ったキャラ

マンガ自体の
印象

マンガ自体の
感想

新連載について

50

読切について

10

11

50

21

18

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

項 目

印象ページ・
コマ・セリフ

  絵 柄  今後の展開

マンガの
支持・不支持

なぜおもしろいと
思ったか

 その他 
新連載について

10

11

読切について

14

14

18

24

15

14

25

●「その他」の項目詳細

 

項 目

ジャンプについて

10

生活について

11

流行・文化について

10

他誌について

マンガジャンルについて

スポーツについて

コミックスについて

映画について

企画の是非について

銀はがしゲーム

その他

66

『ジャンプ』1990〜1994から作成

 

 

 

 

 

  

目次にもどる

トップにもどる

 

序 章

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終 章

参考文献