序 章

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終 章

参考文献

 

第六節 格闘路線へ 〜ドラゴンボール・聖闘士星矢〜

 1985年(昭和60年)には鳥山明の2作目、『ドラゴンボール』が始まる(図16)。連載当初はほのぼのとしたギャグストーリーだったが、途中から格闘色の強い武闘マンガへと転換し、10年経った現在(注)でも1、2を争うような大人気マンガになっている。競争の激しい『ジャンプ』において、10年もトップを走り続けるとはまったく驚異的である。

図16 ほのぼのタッチから格闘路線へ転換した『ドラゴンボール』

        「ドラゴンボール27巻」       『ジャンプ』1987年13号「ドラゴンボール」(鳥山明)より

 1986年(昭和61年)からは『聖闘士星矢』(車田正美)が始まる(図17)。各々星座を守護に持つ“聖闘士(セイント)”が、星座の形を模した鎧“聖衣(クロス)”を身にまとい、必殺技を駆使して闘っていくものである。

図17 “聖衣(クロス)”が特徴の『聖闘士星矢』

「聖闘士星矢L巻」(車田正美)より

 はじまった当初から爆発的人気を誇ったわけではないが、テレビアニメ化されるや否や鰻登りにその人気が上がっていった。80年代はアニメ化される作品が多く、アニメとの相乗効果でブームになるという特徴がある。この「マンガのアニメ化」については第五章で触れることにする。

 翌1987年(昭和62年)には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦)が始まる(図18)。古代アステカより伝わる謎の遺跡物「石仮面」が作り出すヴァンパイアとの対決を描くストーリーは、どこか考古学的な匂いを放ちながらドラマティックに展開する。

図18 ホラー格闘路線の『ジョジョの奇妙な冒険』

『ジャンプ』1987年13号「ジョジョの奇妙な冒険」(荒木飛呂彦)より

 1989年(平成元年)には、テレビゲーム『ドラゴンクエスト』の世界観を導入した『ドラゴンクエスト―ダイの大冒険―』(三条陸・稲田浩司)がゲーム世代の小学生を中心に支持された(図19)。人気ゲームのマンガ化というものは、流行をいち早く追う少年誌にはありがちなことであるが、『ジャンプ』では極力控えてきた。ゲームのストーリーを借りてマンガを作ることは、てっとり早く人気が出るかもしれないが、オリジナルの情報を発信できない限り、その雑誌の未来はないとわかっていたからだ。『ドラゴンクエスト―ダイの大冒険―』も敵悪魔やモンスターをゲームから借りてはいるものの、主人公などの主要キャラクター、ストーリーなどはまるで別物であり、ほとんどオリジナルマンガに近いものとなっている。部数は500万部を超え、90年代を迎えることになる。

テレビゲームにオリジナル要素を加えた『ドラゴンクエスト―ダイの大冒険―』

『ジャンプ』1992年21・22合併号『ドラゴンクエスト―ダイの大冒険―』(三条陸・稲田浩司)より

(注)1994年時点

 

 

 

 

 

  

目次にもどる

トップにもどる

 

序 章

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終 章

参考文献