序 章

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終 章

参考文献

 

第二節 広がる年齢層 〜マンガ世代のルーツを探る〜

 マンガが日本の出版界において、大きな市場になるまで成長したことは、前節で説明した通りである。ではこの成長を支え、今もなお支え続けているのは、誰なのであろうか。

 表3をみてもらいたい。これは1981年(昭和56年)と1991年(平成3年)における、『ジャンプ』の年代別の支持者数である。1981年から広範囲にわたって支持者がいることがわかるが、1991年になると、なお一層青年・中年読者数が増加しているのがわかる

表3 『ジャンプ』における青年・中年読者層の増加

年代 1981年(人) 1991年(人) 増加率(倍)
全体の増加率 58 137 約2.4倍
16〜 34 67 約2倍
20代 17 40 約2.4倍
30代 4 15 約3.7倍
40代 1 11 11倍
50代 2 3 1.5倍

毎日新聞社『読書世論調査』1981、1991年度版より抽出、作成

 全体が2.4倍の増加であるのに比べて、30代が3.7倍、40台が11倍と、大きく増加している。つまりマンガの驚異的な出版増加の原因の一つには、それを受け取る消費者の底辺の拡大があげられるのである。「マンガ=子どもの読み物」の時代が終わりを告げ、子どもから大人まで幅広い年齢層で、それぞれにあった内容のマンガが選択できるような時代になったのである。逆にそれだけマンガというジャンルが、大人の鑑賞にも十分耐えうるほどに進化・発達し、映画や小説と同じような情報娯楽媒体として認められてきたのである。もはやマンガは子どもの独占物ではなく、青年や中年が日常的に消費する情報媒体なのである。

 大人という読者層を得て、その著しい成長を遂げたマンガであるが、大人が気兼ねなくそれを読めるようになったのは、はたしていつの時代からなのであろうか。また、現在も大人をマンガから離さない理由は、何なのであろうか。

表4 『ジャンプ』読者層の移り変わり

  16〜 20代 30代 40代 50代 60代
1991
(平成3)
68 40 15 11 3
1981
(昭和56)
34 17 4 1 2
1971
(昭和46)
12 15

毎日新聞社『読書世論調査』1981、1991年度版より抽出、作成

 表4は1991年(平成3年)、1981年(昭和56年)、1971年(昭和46年)の『ジャンプ』読者年齢層の移り変わりを示したものである。注目してもらいたいのは、昭和46年では30代以上の読者が皆無であったことに対し、昭和56年では50代までその読者年齢層を伸ばしているということである。考えてほしい。この表は10年ごとの調査結果である。対象人物も当然10年、年をとるのである。つまり昭和46年で20代であった人は、昭和56年では30代となり、平成3年では40代となるわけである。それぞれの時代、年代に当てはまる数値をあげると、15人、4人、11人となる。

 これは年をとってもマンガ離れを起こしていないことの証明となろう。年をとっても継続してマンガを読み続けているわけである。また、昭和46年では30代以上の読者数が皆無であることから、マンガ世代は当時の20代、現在でいうところの40代(注)の人たちからであるということが推測できる。   

(注)2004年現在では50代

 

 

 

 

 

  

目次にもどる

トップにもどる

 

序 章

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終 章

参考文献