序 章

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終 章

参考文献

 

序   章

 650万部。これがある週刊雑誌の発行部数と聞いて、驚く人は多いのではないだろうか。普通、雑誌であれば100万部突破すれば、相当な売れ筋である。書籍においては50万部も突破すれば、大ベストセラーである。また、この驚異的な発行部数を誇る雑誌の正体が実は「マンガ」であることを知り、さらなる驚きを覚える人も、少なくはないはずであろう。

 その雑誌の正体は『週刊少年ジャンプ』(集英社、以下『ジャンプ』で統一)。もはや敵は朝日か読売か、といわれるほどの、怪物雑誌である。

 いずれ止まると言われ続けて25年、部数は衰えることなくその名の通り「ジャンプ」を重ね、1968年(昭和43年)創刊時の、わずか10万5千部から1970年(昭和45年)に115万部、1977年(昭和52年)に210万部、1979年(昭和54年)に304万部、1984年(昭和59年)に403万部、1988年(昭和63年)に500万部と次々に記録をぬりかえ、平成6年現在では、とうとう650万部を突破してしまった。

 この数字がどのくらい図抜けているかというと、他の有力3誌『少年マガジン』(講談社)、『少年サンデー』(小学館)、『少年チャンピオン』(秋田書店)の合計部数を上回るのである。

 また、単純に計算して、日本の人口約1億2千万を650万で割ってみると、18人に1人は何かしら『ジャンプ』を買って目を通していることになるのである。

 このように絶大な人気を誇る『ジャンプ』であるが、このパワーはいったいどのような要素、背景、システムから生じているのであろうか。また、この図抜けた発行部数が、他の業界にどのような影響を与えているのであろうか。本論ではそのような観点から、『ジャンプ』の分析をしていきたいと思う。

 そのために、以下のような章立てをした。

 第一章 出版界における『ジャンプ』

 第二章 『ジャンプ』650万部の歴史

 第三章 650万部が作り出す“ジャンプ方式”

 第四章 『ジャンプ』マンガ内容分析

 第五章 広がるジャンプワールド

 それでは、さっそく第一章に入ろうと思う。

 

 

 

 

 

目次にもどる

トップにもどる

 

序 章

第一章

第二章

第三章

第四章

第五章

終 章

参考文献