80年代に放送されていたクイズ番組は多々ありますが、そのスケールの大きさとお金の掛け方で図抜けていたのが『アメリカ横断ウルトラクイズ』です。ジャイアンツのホームグラウンドである後楽園球場に万単位の素人参加者を集め、○×クイズで人数を徐々に減らしていき、100名だか50名だかに絞られた時点で舞台を成田空港、グアム、アメリカ本土に移していき、その土地土地で生き残りクイズ合戦を繰り広げ、最終地点ニューヨークにてクイズ王を決定する、という企画でした。これを3週〜4週かけてスペシャル番組として放送するわけです。知恵がつき始めてきた小学校高学年〜中学生のころに良く観ていましたねえ〜。自分だったら3問目で脱落だったとか、後楽園の予選は突破できたとか、バーチャルな観方をして悦に浸っていたもんです(笑)。絶対いるよね、もし出場していたら成田まで行けてたのに〜! なんて感情移入して観てた方々(笑)。

 で、実は先日スカパーで再放送をしていたので超久々に観てみたんですね。1983年のやつを。今回はそれを観てあらためてこの番組について再確認したことを中心に書いてみようかと思います。

 まず感じるのがやはりそのスケールの大きさですね。スタートが後楽園球場という時点で当時としては規格外の大きさをアピールしているし、ヘリを使った空撮や球場内に車やバイクを走らせる演出もド派手。何よりも人を大量に集めて煽るだけ煽り一喜一憂させる一体感やライブ感は、抑圧された日常からお祭り騒ぎの非日常へと参加者および視聴者を見事に誘導していました。恒例の出国前のジャンケン大会、グアム到着時の泥んこ○×クイズ、アメリカ本土におけるその土地の名物を活かした様々なクイズ、そしてこの番組の代名詞ともいうべき敗者に与えられる罰ゲーム。そのどれもが大掛かりであり、番組製作側が湯水のごとくお金を費やしているのだろうなあという印象を視聴者に与えていました(真偽はわかりかねますが…)。例えば成田のジャンケン大会だって空港のどこかの一室を借りきって撮影されていたのだろうし、飛行機だって貸切でしょう。その他舞台となる様々な土地においても、現地のスペシャリスト(例えばテキサスならばロデオチャンピオン、みたいな)を手配して大掛かりなセットを組んだりして番組を盛り上げていました。

   

 これらの企画を観て思ってしまうのが「スタッフの人大変だったろうなあ〜」ということ(笑)。いやホント、これに自分が携わったらどう手配しようか、なんてことを想像しちゃいません? 搭乗前のジャンケン大会の撮影が充分な取れ高で予定通りに無事終わるかなあ? とか、出国手続者の名簿が搭乗直前まで完成しないんだけどJALは対応してくれるのかなあ? とか、機内クイズが低得点で、グアムの土を踏めずにトンボ帰りの搭乗者の入国印はどうすればいいのかなあ? とか、しなくていい心配をしながら観てしまうんですよ(苦笑)。それだけにこんな大掛かりな企画を計画・遂行した製作者には尊敬のまなざしを送らざるをえないわけで。この辺の裏話を網羅した本があったらぜひ読んでみたいですね(笑)。

 二つ目はコンプライアンスの緩さですね。参加者に対するアナウンサーの接し方、会話、行動に、今それをやったら始末書ものかな…と思えるものがチラホラ出てきます。具体的な例を挙げると、参加者側をレポートする徳光アナが、参加女性の頬にキスをするなんて悪ノリ行動も普通に放送されていました(苦笑)。個人情報の扱いに関しても非常におおらかな空気が流れており、本人が確定する情報を保護するような文化は微塵もありません(笑)。それどころかテレビに氏名・経歴・出身地が公表されて、あなたもこれで有名人だね! みたいな特典提供の匂いがプンプンしています。参加する方もそれについては望むところなので利害が一致していた、という下地もあったからなんでしょうけどね。それくらい当時はテレビに映る、ということが一般人にとって大きな価値を持っていた時代だったのです。例えそれが通行人の一人として偶然映ったとしても、です。もし当時のスタッフに「番組に関係ない通行人の顔をぼかして処理してくださいね」なんて指示したら「?? 何いってんの?」みたいな顔をされるんでしょうね(笑)。

 ただ現代のコンプライアンスでがんじがらめになった番組と比べると、いろいろな問題が生じるかもしれませんが、当時の番組の方が圧倒的にパワフルで生き生きとしているんですね。何でもアリというか、制作側も出演側もカオティックなんですよ。その渦巻くパワーがいい方向に流れるとこういった怪物番組ができるのかな、と思います。

 最後に出演者たる素人参加者の熱気がすごい。このお祭りに参加してあわよくばタダでアメリカ旅行してやろうという野望に燃えた参加者(笑)のほとばしる欲求が画面から滲み出ています。この直球の欲望はともすれば下品な印象を与えてしまうのですが、逆に彼らの嘘偽りない感情を表現しているというか、テレビにおけるやらせ・演出を超えた、人間というものをとても素直に表現する一因となっているともいえます。個人的にはこのやらせ感のない正直な彼らの熱量がとても新鮮で、最近のテレビ番組にない楽しさを提供しているなあと感じましたね。海外旅行がそこまで一般化されていなかったという時代背景も大きかったんでしょうけど。

 この素人パワーの凄まじさを象徴するものとして、社会人参加者の現実と非現実のせめぎ合いがあげられます。というのも、この番組は勝ち進めば勝ち進むほど、一般的社会生活と断絶していきます。簡単に言うと、この番組で勝ち進むほど、その人が所属する組織に迷惑をかけるということです(笑)。「明日には出社します」と上司に告げてからえんえんと有給休暇を現地から申請した参加者も多かったのではないでしょうか。「部長すみません、また勝ち残ってしまって」みたいな(笑)。非日常のお祭りに参加したくて出場したのに、日常の現実に追われるという矛盾。しかしそのしがらみをかなぐり捨ててこのイベントに参加していく様は、とても真似ができない熱量だな、と思いました。

   

 今この番組を復刻したら、どんな感じになるのかなあ? 大きな違いとしては、現代はスマホによる情報収集がケタ違いに発展しているということ。問題が発表されたとしても、ちゃっちゃとググれば安易に解答に到達できるでしょう。これだけでもうシラける要素満々ですよね(苦笑)。テクノロジーの発展が面白さを潰すというか。80年代の当時でも、問題が発表されるや電話ボックスに駆け込む姿が放送されていましたが、「調べる」というスキルにおいては現代と天と地ほどの差があるので、たいていその行為は無駄に終わるわけです。けれどもその必死さが逆に微笑ましいというか、藁にもすがる感が出ていていいスパイスになっていました。

 また、出場者も問題の傾向と対策を常に勉強して訓練された「クイズエキスパート」ともいうべき人がたくさん出場してきて、結果偏差値が高い人だけの争いになる可能性があります。これもねえ、味気ないんですよね。80年代当時の素人の何が良かったかっていうと、そういった専門対策をすることなく、ありのままの能力と運でドラマを形成していく様なんですよ。そういった中にはホントに運だけで勝ち進む人もいて、そこに嘘偽りないリアルな勝負のおもしろさを視聴者に提供してくれるわけです。しかし「クイズエキスパート」的な人ばかりが残った場合、そこに勝負論はあるんですが、一般参加を拒否しかねないムードが漂ってしまうんですよね。最近もやっているもう一つの大型クイズ番組である『全国高等学校クイズ選手権』がまさにそれに陥っています。ここに最後まで残る高校って、東大に何人も合格する高偏差値高校のクイズ研究会ばかりなんですよね。この辺の画一化って個人的に面白くないなあと思ってしまうんです。そう考えるとコンテンツってその黎明期から2〜3年目あたりまでが一番面白いのかもしれませんね。混沌としていて。

 そんな感じで『アメリカ横断ウルトラクイズ』は、まだまだ自由な作りが許されていたテレビ制作サイドの企画力・資金力と、大いなる熱量を持った素人参加者のパワーが見事に融合した番組だったといえるでしょう。素人が本気で楽しんで番組参画できるいい時代でしたね。

(2016年8月1日)

 

 

 

 

 

オレ流80'sタイトルにもどる

トップに戻る