子供のころというのはえてして様々な超常現象に右往左往するという性質があり(笑)、良く言えば夢と希望にあふれた生活を送ることができ、悪く言えばコロリとだまされる生活をしているといえます。私も御多分に漏れず、ちびっ子時代はそんな流れのど真ん中を生きていました(笑)。

 そんなちびっ子のセキュリティホールを狙うかのような黒船が80年代には襲来します。そう、スプーン曲げで一世を風靡した超能力者? ユリゲラーです。彼は『水曜スペシャル』的な、ゴールデンの特番枠で派手に登場しました。スプーンの付け根をシコシコと(この表現なんとかならんか(笑))なでるだけでグニャリと曲げてしまう様は、子供たちに衝撃と高揚心を植え付けました。手品じゃない! 解明されていない何か別の力が働いているんだ、と想像させるには十分なインパクトで、自分にもできるかもしれない、という期待感を持たせる演出法は秀逸だったと思います。実際、これを見て台所にあるスプーンを手にとって念じたちびっ子は多かったことでしょう。多数の人間を行動に移させる、という難題を、いとも簡単に実践してみた彼(テレビ局もか)の企画力は評価すべきであると思います。

 彼の演出法で特筆すべき点は、生放送の電波に乗せて念力を送り、お茶の間で用意したスプーンや時計を直して見せる、と豪語した点です。電波と念波をうまく融合させ、視聴者参加型のパフォーマンスにしたところが秀逸でしたね。実際テレビの前にスプーンと時計を用意してしまいましたから(笑)。まさに掌で転がされた状態です。残念ながら、私には彼の助力がありながらも超能力を発揮することはできませんでしたが、世の中ではいろいろ偶然があるんですね。スプーンが曲がった! 時計が直った! との報告が出てくるわけですよ。何万という壊れた時計があれば、そりゃ1つくらいは電池の接触が回復してチッチチッチ動き出すのもあったと思うんですよ。でも生放送という演出と偶然が合わさると、信憑性という答えが導き出せるんですね。なんか洗脳のテクニックとして使えるんじゃないかと思ってしまいますよ。

 個人的にこの手の特番で強烈に印象に残っているのは、番組のゲストとして自宅から中継で登場したジェリー藤尾です。自分では『ジェリー藤尾事件』と勝手に呼んでいるのですが(笑)、彼はユリゲラーの念を見事キャッチしてスプーンを曲げて見せたのです。

 スタジオにアラームが鳴り響き、司会者が「おっと、ジェリー藤尾さん宅が呼んでいますよ!」なんていって中継をジェリー藤尾宅に切り替えるわけです。するとジェリー夫人が「お父さんがすごいのよ!」なんて興奮して話だし、カメラがジェリー藤尾の座っている足元に散乱する折れ曲がったスプーンを映し出します。「さっきから何本も曲げちゃうの!」なんていう夫人の解説の傍らで、ひたすらスプーンを擦るジェリー藤尾。「シコシコシコシコ…来たっ!!」と何かを感じるか否や、擦っていた手でスプーンをグニャリと曲げて見せたのです。その様は誰が見ても力技で曲げたのが明白であり、「強引すぎるぜ、ジェリー藤尾」と、何百万人という視聴者が一斉に唖然とした瞬間でした。日本中がそんな空気になっていることなど知る由もなく、ジェリー藤尾はさらなるスプーン曲げにトライしていました。いまだに彼に何が「来て」いたのか、不思議で夜も眠れません(笑)。ミスターマリックならわかるのかな? 「きてます」って(笑)。

 その後ユリゲラーはペテン師だ、ウソツキだとさんざんに叩かれてメディアから消えていきました。ただ少年の記憶に夢のある時間を植え付けたことは確かであり、それが真実だろうとなかろうと、実害なく笑って当時を思い出せる記憶を残してくれたことには感謝しなければならないかもしれませんね。

(2015年7月16日)

 

 

 

 

 

  

オレ流80'sタイトルにもどる

トップに戻る